SCP-286-JP
評価: +21+x
futta1237m.jpg
活性化状態のSCP-286-JP

アイテム番号: SCP-286-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-286-JPの出現区域内を常時財団の静止衛星、ネットワーク監視システム、東京都内の各種行政機関との連携によって監視します。SCP-286-JPの出現が確認された場合、機動部隊-ひ6”夢を継ぐ者”がヘリによって5分以内に現場に急行し、オブジェクトを無力化する為に適切な処置を行います。これには紫外線照射による一時的な破壊が含まれます。繁華街や駅前通等の一部地区においては、設置された大型UV照射装置が起動されます。既に被害者や目撃者が出ている場合、全員を保護しクラスA記憶処理を施した上で解放します。外傷を負っている場合は財団の医療施設にて治療します。その後、東京都との連携によりカバーストーリーの流布とマスメディアの封じ込めが行われます。

実験のためにDクラスを送り込む場合は、事前にセキュリティクリアランスレベル4以上の職員2名の許可を取り、機動部隊にDクラスを同行させて下さい。尚、既に民間人の被害が出ている場合、実験は無条件で中止されます。以前の収容手順は添付資料を参照してください。

説明: SCP-286-JPは、異常な効果を持ったミラーボール状の実体です。

SCP-286-JPは東京都██区内の█km2で規定される区域1の屋外にランダムで出現します。出現場所に法則性は見られませんが、高度は地上から3m、出現時間は午後21:00~23:00の間であり、週末から日曜日にかけての出現が多く、頻度は1週間~2ヶ月の間隔となっています2。SCP-286-JPは外見上、通常のミラーボールと変わりませんが、未知の手段で空中に浮揚しているように見え、また紫外線照射以外のどんな方法でも破壊することは出来ません。

SCP-286-JPは20██の1月██日に突如として██区に出現しました。その実体を探ろうとするあらゆる努力にもかかわらず、起源及び正体は全くの不明です。

SCP-286-JPが出現すると、半径30m以内の人間はSCP-286-JPに対し徐々に引きつけられます。人間がSCP-286-JPの半径10m以内(以下SCP-286-JP-A)に入った場合、段階毎に様々な幻覚や超常的体験を感受し、重度の精神錯乱を呈して最終的に死亡します。SCP-286-JP-Aから被害者が自力で脱出する方法は存在しません。SCP-286-JP-A内に50人以上が集まるか、出現から1時間が経過することでSCP-286-JPは外見上消滅し、第二段階へと移行します。出現中にSCP-286-JP-A内の人数が50人以下である場合、SCP-286-JPは徐々に人間を引きつける効果範囲を拡大します。現在観測されている最大効果範囲は半径300m程度です。

SCP-286-JPの効果範囲の広さと収容の難しさ、出現する██区が人口密集地であり民間人の被害が大きく、また効果的なカバーストーリーの流布も難しいことから、SCP-286-JPの発見から現在に至るまで、無力化に向けた積極的な研究が進められています。

補遺286-01: 事件記録286-JP-02から一年が経過し、SCP-286-JPは計2█回再出現しましたが、その全てが第一段階で無力化されました。また、出現頻度も当初の20%まで低下しています。以下は関係者に送信された、現在の研究責任者である崔博士のメールの一部です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。