SCP-287
rating: +8+x
287sword.jpg

SCP-287

アイテム番号: SCP-287

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル:SCP-287はこれ以上の劣化を防ぐために、サイト-22の環境制御式安全ロッカーの中に安置されます。現時点で追加実験は承認され得ませんが、シグルド・オラフソン博士によって許可される場合もあります。如何なる時も電力源はSCP-287のロッカーから遠ざけられねばなりません。

SCP-287を用いた実験が承認された場合、柄の内部への不慮の放電を防ぐために絶縁グローブの着用が義務づけられます。

SCP-287-1の遺骸は新発見が見つかるまで倉庫に保管したままにしなければなりません。SCP-287-1の研究申請はザーション博士を通して可能であり、レベル4職員か、宇宙生物学分野のレベル2職員に限定されます。

説明:SCP-287は一振りの戦闘用ヴァイキング剣で、柄頭から先端まで78センチメートル、重さは1077グラムあります。SCP-287は900〜1100年間、至る箇所が外界に曝されていたために、大部分が腐食状態です。SCP-287はアイスランドの██████で、傍らにあった数枚の文字記録とともに発見されました(発見時ログを参照のこと)。

SCP-287は主として鉄で構成されており、数種の異常な含有物をその構造内に配合しています。これらの物質のうち幾つかは、財団の精密検査によって、太陽系外に由来する物であると検出されています。また、検査によれば[削除済]。

放射性炭素測定法により、SCP-287の構成物質は紀元10世紀初頭ごろのものだと同定されました。地球外の金属および物質のサンプルは年代同定がより困難であり、分析が進行中です。

rsz_256px-codexrunicus.jpg

SCP-287と共に発見された物品の見本

SCP-287の異常効果は、柄のガードが剥がれ露出している金属部分に電流が流れたときに発揮されます。これらの露出した物質はSCP-287の鉄製部分よりも明らかに状態が良好です。電流が走ると、SCP-287内部の成分は数種の周波数の電磁放射線と、変幻自在の音を発し始めます。調査スタッフと被験者たちはこの音に対して一様に不快感を表しました。

SCP-287が発する放射線は、それに暴露したすべての人間に深刻な幻視・幻聴と激しい頭痛を引き起こします。SCP-287に特有の幻影は半透明の人型の姿をとって被験者のごく付近に出現し、また常に軍隊の一員としての装備を施されています。

SCP-287の幻影が着用している装備や防護具は被験者によって異なり、被験者個々人が現代的な武装だと認識する姿へと概して方向付けられます。動物を用いた実験や、正確に同じ周波数で非異常性の電波帯や音を用いた実験では、いかなる組み合わせであっても同様の効果は発揮されません。

電流量の増大に伴い、この効果は最大437体の幻影を出現させるまで強まります(具体的な電流量と段階はドキュメントR27-287を参照)。追加実験は不必要だと考えられます。

SCP-287-1はSCP-287と同じ場所で発見された、地球外生命体だと考えられています。現時点でSCP-287-1の正確な起源は判明していません。SCP-287-1の全記録はR27-287-1にて閲覧可能です(部分的な記録は補遺Bを参照)。

SCP-287-1の宇宙船である蓋然性を有するオブジェクト(SCP-287-2に指定済)(部分的な記録は補遺Bを参照)は完全に破壊されたものとみられます。SCP-287-2に関する現行の仮説は、それがより大型の船に搭載されていた脱出ポッドとしての形態的用途を有していたというものです。


発見:SCP-287は20██年1月██日、アイスランド██████の古墳の外部から出土しました(詳細は補遺Aを参照)。

墳墓の内部で発見された遺骸は非人間のものであると証明され、財団はSCP-287の収容室を建造し、遺骸をSCP-287-1に指定しました。SCP-287-1の遺骸は骸骨状で、ヒト型ではあるものの、ヒトの骨格とは決定的に異なっています。加えて、数種の文字情報が墳墓から出土し、財団に獲得されました。シグルド・オラフソン博士がその記述の翻訳に助力を要請され、以下に添付した成果を挙げました。


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。