SCP-287-JP
評価: +25+x
yosh0123-building.jpg
収容前のSCP-287-JP-A

アイテム番号: SCP-287-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-287-JP-AおよびSCP-287-JP-Bー1の全敷地は、財団フロント企業によって買収し、収容計画が怪しまれない様に偽装します。SCP-287-JP-B-2はSCP-287-JP-B-1内で保管します。

SCP-287-JPの敷地内部においては、動植物の死体が発生または侵入しない様に、これを阻止する必要があります。現在その最大のリスクは植物、次いで小型の羽虫などです。SCP-287-JPの敷地は全体に柵と網を設置し、担当保安員は生物が死亡しない様に敷地外へ除去して下さい。対象の動植物が死亡する恐れがある場合、除去はまず救命措置よりも優先されます。

前述の手順が失敗し、SCP-287-JP敷地内で死体が発生した場合、保安員はSCP-287-JP-B-1およびB-2に出現する生物を、SCP-287-JP-B-1敷地外へ退去させそのまま終了処分とします。また、出現した生物に直径の子孫(人間の場合子や孫、植物の場合は種子や株分けされた物も含む)が居る場合、終了処分の対象に含みます。SCP-287-JPに関連すると思われる生物の遺伝子は如何なる計画においても保護されません。

日本支部理事会の決定により、当該オブジェクトの実験及び使用は禁止です。

説明: SCP-287-JPは、関連した異常現象を引き起こす3つのエリアの総称です。異常現象の起点となる区域をSCP-287-JP-A、続けて異常現象の起こる区域をSCP-287-JP-B-1、同B-2とします。

SCP-287-JPーAは██県[編集済]の半壊したビルです。元の所有者は[編集済]。SCP-287-JP-Aのビル内部で死亡した生物(動植物、菌類含む)は、███km離れたSCP-287-JPーB-1内に瞬間移動します。

SCP-287-JP-B-1は愛知県北名古屋市[編集済]にある小規模の遺跡群であり、SCP-287-JP-B-2はその中から発見された玄武岩製の石棺です。両者ともに第2次世界大戦当時に大規模な破壊を受けており、特に遺跡は製造年代やその目的が不明です。石棺はほぼ無傷の物は1つであり、残りの石棺は異常を示しません。

SCP-287-JP-B-1とB-2は、全く同じ異常性を有しています。1つ目は、ランダムに一方の内部に、SCP-287-JP-Aから転送された死体が出現する事です。死体は大量の貴金属類に埋もれた状態で現れ、およそ2分~16時間弱経過した後に蘇生します。蘇生後の対象は完全な健康を有し、直前まで患っていた致命的な疾患および損傷は完治しています。実験では老化もこの影響を受け、103歳で死亡した人間男性は蘇生後におよそ90歳代までの”若返り”が確認されました。ただしいずれの場合も、死亡直前および死亡から蘇生までの記憶がありません。SCP-287-JP-B敷地内での死亡は、-A転送後からのプロセスを再度繰り返します。

SCP-287-JP蘇生者は、蘇生以前の生物的特徴以上の危険性を持ち合わせてはいません。しかし、特筆すべき点として、不明の年月を生存した後に再度死亡する際、その死因が蘇生以前の死と同じになる点が挙げられます。それ以外の死因は見たところ自然回避されている様で、第三者による計画された殺人は唯一の例外です。この特徴は蘇生後にもうけた子孫に隔世遺伝的に受け継がれます。しかし遺伝子検査では異常が見られず、治療法も見つかっていません。

死因の再現とは、それに伴う事件や事故の発生・危険な物体の再出現、およびこれに一般社会が巻き添えとなる可能性を秘めています。上記の異常性の為、SCP-287-JP蘇生者およびその子孫の生存は看過されるべきではありません。

研究班のメモ:SCP-287-JPの研究における最大の懸念は、次世代に危険な存在を持ち込む可能性がどれだけあるか、という点です。私はかつての管理者が誰を生き返らせたのか把握出来ていませんし、それ故に蘇生者全ての子孫を監視している自信もありません。 - エージェント・ペイデイセール

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。