SCP-2886
評価: +2+x

アイテム番号: SCP-2886

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-2886の現在地の確認は常時維持されます。SCP-2886割当の職員は、次なる標的を特定するため、SCP-2886の移転データに基づく経路投影チャートを作成します。SCP-2886が別の天体に移転した場合は、可能な限り迅速に発見し、経路投影チャートを更新します。

SCP-2886の異常性質に関する情報は発見され次第検閲します。とりわけ世界各地の宇宙機関の情報ネットワークや、アマチュア天文学系のWebサイトおよび雑誌には注意を払う必要があります。

1971年以降、異常性質はまだ暴かれていないものの、SCP-2886の存在は一般社会に露見しています。SCP-2886は異常性を持たない惑星の地形であるという公共の信念を保つために、可能な限りの努力がなされるべきです。

説明: SCP-2886は表面上、標高およそ██kmの休火山です。SCP-2886はまず、海王星最大の衛星であるトリトンに存在するアルベド地形の一角として、天文学者によって19世紀半ばに発見されました。時折、SCP-2886は現在の惑星表面から消失し、別な惑星に再出現します。トリトンで発見されて以来、SCP-2886は10回にわたってテレポートしており、現在の予測モデルが示すところによれば[データ削除]。

SCP-2886の異常性質が明らかになったのは、発見から約16年後、トリトンから消失して、天王星の衛星の一つであるオベロンに再出現した際です。

SCP-2886が宿主となった惑星の地質に及ぼす影響は未知数です。観察により、到着地点では膨大な量の物質が転移させられ、大部分の堆積物は惑星表面のどこか別の場所に再出現していることが指摘されています。現在有力な説として、SCP-2886は宿主の表面に波紋のように広がる影響力を持ち、到着時には周辺の残骸を明確なパターンなしに分散させているというものがあります。

過去にSCP-2886が移転した惑星の完全なリストは、文書SCP-2886-DOC1を参照してください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。