SCP-2901
評価: +1+x
SCP-2901-edit1.jpg

研究サイト-45においてエージェント・██████のオフィスから押収されたSCP-2901のイラスト。[クリックで拡大]

アイテム番号: SCP-2901

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2901の異次元的特性のために、現在のところ物理的な封じ込め手段は存在しません。SCP-2901の関わる事例報告は、追加調査のために機動部隊ファイ-5 ("トワイライターズ") に付託されます。

民間人によるSCP-2901の目撃事例は現場で記憶処理を適用することによって抑制されます。SCP-2901に関する情報がメディアに流出した場合、情報減殺、検閲および撤回部門 (Information Detraction, Censorship, and Rescission Division、IDCaRD) による削除または信憑性低下策が取られます。

現地の職員は可能な限りSCP-2901を避けてください。SCP-2901の調査権限を得た職員は、突発的な周囲の無音化に備えてショートメッセージサービス (SMS) を利用可能な携帯デバイスを所持しなければなりません。敵対的遭遇が避けられない場合、職員は次の手順に従ってください。

  1. 逃走を試みようとしないでください。SCP-2901の追跡行動の引き金となることがあります。
  2. その場から動かず、目を逸らさないでください。
  3. 威嚇を行ってください。衣服を用いて体を大きく見せてください。
  4. SCP-2901が興味を失うか屈服するまで手順3を継続してください。
  5. 物理的接触は可能な限り避けてください1,2。物体を振り回す、または投げつけることによって距離を保ってください。

説明: SCP-2901は知能の低い夜行性の腐肉食性生物で、体高は平均1.7メートルです。SCP-2901は通常、発光組織層を有する2個の大きな眼球を持ち、楕円体型の形態を取って出現します。SCP-2901は鱗翅目3の昆虫に似た、光沢のある微小な鱗片状の鱗に覆われています。SCP-2901は時空間を自由に移動する能力を持ち、これを応用した浮遊、飛行、空間転移などが可能です。しかしSCP-2901は実体を持ち、通常火器による攻撃は有効です。また、SCP-2901は半径25メートル内の空間を無音化することが可能です。この能力の目的や機能は完全には理解されていませんが、隠密性を高めるためだと仮定されています。

封じ込めや抑制に関して複数の手段が未だ検討中です。しかしSCP-2901の捕捉困難性のため、関連する事件はおろか、SCP-2901の存在さえも大多数の民間人の認識するところとなっています。対抗手段は、SCP-2901の情報を保護するための一時的な解決策としてのものです。

最初に公式に記録された侵入事例は19██年、[編集済]の崩落の後にウェストバージニア州█████ ████████の近郊で発生したものです。これ以降の継続的な野外観察により、SCP-2901は単独性で、非常に縄張り性の強い種であると結論されました。通常、SCP-2901は人間と接触したりその前に姿を現したりすることをせず、発見されると消失または逃走します。

さらなる観察により、SCP-2901は将来の災害、特に複数の死者が発生するものの時間と場所をある程度の精度で予測できることが示唆されています4。これは、通常は災害の1ヶ月から1週間前に被災地の近傍にSCP-2901が突然出現するという報告や記録により裏付けられています。

この期間中には多数のSCP-2901個体が地域に集まることで縄張り争いが発生し、人間が偶発的に敵と誤認されて巻き込まれることもあります。この縄張り防御行動の間のSCP-2901は威嚇のために、自身を発光する大きな雲のような物理的形状に変形させることが可能です。災害の発生後に残留しているSCP-2901個体は、餌が枯渇するまで死体を狂乱索餌のような形で貪り、満腹となった時点で消失します。






特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。