SCP-2902
評価: +1+x
IndianManSCP.jpg

SCP-2902-1

MaineCoonSCP.jpg

SCP-2902-2

アイテム番号: SCP-2902

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2902-1と-2は、サイト-73の人型生物収容ユニットに封じ込めされています。SCP-2902-1は1ヶ月に3回まで、職員にパフォーマンスを見せることを要求できます。SCP-2902-1の士気を評価し、可能であれば起源の情報を得るために、インタビューを隔週で実施します。SCP-2902-2はSCP-2902-1の下に留まることが許可されています。

説明: SCP-2902-1はナンディン・チャクラバーティという名のインド系人間男性であり、2008年1月29日現在は32歳です。パフォーマンスを行っていない際のSCP-2902-1は身長172cm、体重66kgであり、若干のインド訛りで話します。SCP-2901-1は腹話術に熟練しており、多くの場合、これをSCP-2902-2とのパフォーマンスに活用しています。

SCP-2902-2は灰斑色の毛皮を持つメインクーン種の雄猫であり、体長90cm、体重11kgです。SCP-2902-1はSCP-2902-2を“マイルズ”と呼んでいます。SCP-2902-2はSCP-2902-1に対する愛情を示しており、しばしばパフォーマンスの一端を担います。

SCP-2902-1と-2は、両者ともに、身体から骨格を完全分離させる能力を有しています。両者の外皮は、骨格の退出中/退出後に筋肉・神経・内臓のダメージを負うことはありません1。皮膚と骨格は両方とも完全な移動性を保持しますが、前者はぐったりとしたぎこちない動き方をします。

SCP-2902-1は自身の骨格を、顔もしくは腹のあたりを引っ張り、身体を垂直または水平方向に二分割することで除去します。この時、身体は布を裂くのに類似する音を伴って、蝶番式に開きます。骨格が出てくる際、SCP-2902-1の中には目に見える筋肉・血液・内臓が存在せず、黒一色の空間で満たされています。骨格が完全に退出すると、SCP-2902-1の皮膚は再び閉じます。SCP-2902-1は皮膚と骨格の両方を通して話すことが可能ですが、一度にどちらか片方のみです。SCP-2902-1は多くの場合、劇的な効果を出すために、両方の発話を交互に切り替えます。

SCP-2902-2の骨格は、皮膚を開く代わりに、背中をすり抜けて浮かび上がるように退出します。SCP-2902-1と異なり、SCP-2902-2は皮膚と骨格を同時に制御できます。注目すべき点として、SCP-2902-2は背中の中央付近に位置する椎骨が3ヶ所欠けています。これがSCP-2902-2の身体機能に有害な効果を齎している様子はありません。

SCP-2902-1は、自身とSCP-2902-2が嘗て要注意団体“ハーマン・フラーの不気味サーカス”に所属しており、公演中にSCP-2902-2が体調を崩したことを機に組織からはぐれたと主張しています。同僚の提案を受けたSCP-2902-1はサーカスの敷地から数km離れた診療所にSCP-2902-2を持ち込みましたが、両者がまだ戻らぬうちにサーカスは公演場所を去っていました。対象はアメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコでストリートパフォーマーとして発見され、財団の勾留下に置かれました。収容以来、SCP-2902-1は職員に対して概ね友好的であり、「サーカスが僕を迎えに戻ってくるまで」自身の能力で職員を楽しませることへの意欲を表明しています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。