SCP-2903
評価: +2+x
Tomatoes.jpg

SCP-2903-2d果実の実例4個。

アイテム番号: SCP-2903

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 暫定収容サイト-131は2組の収容チームが継続的に待機した状態に保たれます。収容チーム・ニュー-9(“料理の鉄人”)は、園芸および/または料理の訓練を受けたレベル0支援職員から徴用されます。収容チーム・ニュー-10(“きゅうりを貪る者”)は、マニ教1の義者2が歴史的に実践していたライフスタイルの制限を遵守した生活を送る財団フロント組織“光の使徒の改革派普遍教会”の構成員から徴用されます。

収容チーム・ニュー-9構成員は全てのSCP-2903-2実例を日の出時に収穫し、1日を通して収容チーム・ニュー-10構成員に収穫物を調理・提供することによって全SCP-2903-2実例を根絶します。SCP-2903-2果実の安全な摂取に必要とされる宗教的条件を満たすために、収容チーム・ニュー-10構成員は定期的に礼拝を行い、財団が提供する宗教文学を勉強するよう奨励されています。加えて、サイト-131に出荷される全ての補給貨物の目録は、収容チーム・ニュー-10構成員のライフスタイル制限を脅かすような禁制品が無いかを検査されます。

説明: SCP-2903は、中国・福建省の北緯24.████°、東経118.████°に位置する特定の異常事象の指定名称です。SCP-2903-1は、以後SCP-2903-2aからSCP-2903-2eと指定される種々の果実を実らせた蔓草が、日の出ごとに自発的に成長する現象です。SCP-2903-1の一次生産率は7500 gC d-1(1日あたりの炭素グラム数)と推定されています。SCP-2903-2実例は物理的には同種の非異常植物に似ていますが、その寿命は無期限に持続すると考えられています。SCP-2903-2実例が根絶・破壊されると同種の実例が同じ場所で自発的に成長しますが、マニ教の義者によって過去に習慣化されたライフスタイル制限に厳格に従う人物によって果実が消費された場合は例外です。必要とされるライフスタイル制限は以下の通りです。

  1. マニ教を真摯かつ継続的に信仰している。
  2. 以前の職業と物質的なライフスタイルを放棄している。
  3. マニ教への改宗以来、肉類と、酒・麻薬などの酩酊に繋がる物を完全に絶っている。
  4. マニ教への改宗以来、性的活動3を完全に絶っている。

SCP-2903-2実例は、生物学的な不死性と自動置換能力の他にも幾つかの異常な特徴を持ちます。SCP-2903-2果実が上記のライフスタイル制限を遵守していない人物に消費されると、その人物は異常な影響を受けます — 影響の性質は消費されたSCP-2903-2果実の種類によって異なります。さらに、まだ食べられていないSCP-2903-2果実はそれらを中心とする円形領域内の気象学的異常を引き起こします — こちらの性質もSCP-2903-2果実の種類に依存します。この領域の半径は近接する未摂食SCP-2903-2果実の数と比較して二次的に拡大します。SCP-2903-2の種類と関連する異常効果は以下の通りです。

指定 消費時の影響 気象学的影響
SCP-2903-2a Cucumis sativus (キュウリ) 消費者は10秒間、測定値1250ルーメンの光束で光を放つ。 太陽光の激しさと持続期間が増大。
SCP-2903-2b Citrullus lanatus (スイカ) 消費者は30秒間にわたって1.5リットルの蒸留水を発汗する。 降雨の頻度と激しさが増大。
SCP-2903-2c Phaseolus vulgaris (インゲンマメ) 消費者の周辺大気が5秒間、風速75m/sで外側に向かって流れる。 風の頻度と激しさが増大。
SCP-2903-2d Solanum lycopersicum (トマト) 消費者は自己発火する。 可燃性物質の自己発火。
SCP-2903-2e Vitis vinifera (ヨーロッパブドウ) 真空が消費者の周囲に一時的に形成され、ほぼ即座に死を招く。 観察されていない。

相当量の未摂食SCP-2903-2果実が近接している場合、それらは集合的に、以下でSCP-2903-3と指定される1体の知性体、もしくはその集団を形作ります。SCP-2903-3は未摂食SCP-2903-2果実を取り巻く直近の領域を認識しており、未知の手段を介して中期ペルシア語を発声することによって意思疎通が可能です。SCP-2903-3は1978年、中華人民共和国政府が福建省で発生した人体発火事件の報告を調査するにあたって財団の支援を要請した後のSCP-2903初期収容中に初めて出現しました。問題の人体発火の多くは、大躍進政策が引き起こした飢饉の際に“呪われた果実”を消費したことが原因でした。報告は、地元の目撃者から“元素の寺”と呼ばれる寺院跡地が存在する北緯24.████°、東経118.████°に集中していることが判明しました。寺院を探索したエージェントたちはSCP-2903-3の存在を報告しましたが、言語の障壁ゆえに意思疎通が成立しませんでした。中期ペルシア語の学者であるミルザ・ロスタミ博士が実体へのインタビューのため派遣されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。