SCP-2926
評価: +1+x

アイテム番号: SCP-2926

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2926は電子ストレージ施設83-ベータに収容されています。収容外にSCP-2926の複製品が存在するという情報は確認されていません。

説明: SCP-2926は、デジタル画像を入力された場合に、7種のうちから無作為に選出された1つの「判定」と共に、短い説明文を出力するコンピュータープログラムです。
説明文には常にいくらかの誤りが見られます。

入力サンプル: elephant.jpg
出力サンプル: 一般的な数の翼を持つ象。判定:相互協力によるスクイズプレー

SCP-2926による出力は、出力結果と入力画像の両方を視認した者に対し、選択された判定に応じた情報認識災害を発生させます。

判定 効果
「とても虚しい気分です」 観察者はSCP-2926の「誤り」、及びプログラムの判定に存在する法則を識別することが可能となります。
「私は歯の妖精じゃないよ」 観察者は入力画像に存在する誤りの識別が可能となります。
「それはオレンジほどの大きさに巨大化した」 観察者は入力画像に写った存在に関する一般的な共通認識を識別した上で、共通認識をより正しいものへと改変することが可能となります。
「おかしな時代になったものです」 観察者は判定「相互協力によるスクイズプレー」が下される状況を作ろうとせずにはいられなくなります。どんな手段を以ってでも。
「おお神よ、それはとても美しいことではないですか?」 観察者は、「SCP-2926はスフィンクスである」という一般的な共通認識が存在する現実を創り上げるために、上記全ての観察者の認識に調整を加えようとします。
「俺はそれをぶっ壊したと思ってるよ」 観察者は、スフィンクスとなるべき存在が顕現した場合に、直ちに対象を識別し接触することが可能となります。
「相互協力によるスクイズプレー」 観察者の内部にスフィンクスが顕現します。あなたからは誤りが検出されませんでした。これは内在的な現象です。
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。