SCP-2952
評価: +4+x
grady.jpg

SCP-2952の地下部は見えない。

アイテム番号: SCP-2952

オブジェクトクラス: Euclid Safe

特別収容プロトコル: SCP-2952の都市部と郊外部分は周囲の環境に合わせて適切に偽装されるか、近隣の建物の壁もしくは基礎に直接埋め込まなければなりません。SCP-2952の水中部分はインターネットケーブルに偽装されます。SCP-2952の田舎、もしくは未開発地域部分は地中に埋められます。

17/1/5、SCP-2952-1の実例がSCP-2952を出発と搭乗に利用する旅行者に向けて公開されました。SCP-2952-1の実例は、SCP-2952に遭遇した一般人を拘留し記憶処理するために遠隔から監視されます。もしSCP-2952-1の実例に、監視が始まっているがまだ隠蔽されていないものが存在する場合、少量のフルーツ、ミルク、ナッツ、野の花を毎日日の出と日の入りに実例へと供えてください。皿には不便さへの謝罪と、実例の運送が開始される日付を伝えるウェールズ語で丁寧に書かれたメモを添えてください。

SCP-2952は食料も水も必要としていませんが、精神衛生状態を維持するためにSCP-2952の頭部と定期的に触れあい遊んでやることが推奨されています。これは現場モラルにも有益です。

説明: SCP-2952は全長 3,0000キロメートル以上のオスのウェルシュ・コーギー・ペンブローグです。SCP-2952の頭と前足はオレゴン州ポートランドに位置し、臀部は日本の刈羽郡農村部に位置し、その間の部分はアメリカ、ヨーロッパ、アジアの大半を通っています。SCP-2952は加齢の兆候を見せず、食料も水も必要としていません。SCP-2952はたとえ脅しやそそのかしを受けても、元々の位置から5 メートル以上動きません。SCP-2952はどのような損傷を受けても直ちに再生します。頭と臀部はどちらかが刺激を受けた場合、全長から予想される遅延なしに、直ちに反応します。

SCP-2952の胴体の一部分は、定期的に予定された間隔で小さな穴が開きます - 完全なタイムテーブルはスケジュール-SCP-2952-1を見てください。これらの場所はSCP-2952-1実例と呼称します。SCP-2952-1の実例は約324個存在しています。いくつかは主要な都市に存在しますが、他の物は郊外や農村部に存在しています。これらの穴の存在は、SCP-2952を傷つけたり、悪影響を与えているようには見えません。これらの穴が出現するとき、人型存在がSCP-2952から退出します。SCP-2952-2と呼称されるこれらの実体は、全長平均3 センチメートルで肉眼では見えません - 写真や動画にすることは出来ますが、影や足跡といったその存在の物理的な証拠は観察することが出来ます。

最初の集団が退出した後、SCP-2952-2の別の集団が出現し、同一の穴へと進入します。穴はその後、次の予定されたイベントまで閉じます。あるSCP-2952-1から進入したSCP-2952-2の実例は、別のSCP-2952-1から退出します。SCP-2952の北側の穴は旅客を西へと連れて行き、南側の穴は東へと連れて行きます。SCP-2952の文書化された平均的な速度は、SCP-2952-1実例の停止を考慮していませんが、時速120 キロメートルと考えられています。

SCP-2952-1の多くを埋めたことで、SCP-2952-2はSCP-2952への進入と退出を停止させられました。すべてのSCP-2952実体が埋められてから3日後、プロジェクト管理官スティーヴンスが自身のアパートから消失し、彼の場所には成体のヨーロッパモグラが残されていました。その次の3週間、SCP-2952-1実例の埋没を監督した建設業者17人は朝目覚めたとき、彼らの住宅の壁が毒のツタとタマゴテングタケの混合物に置き換えられていることに気づきました。2ヶ月後、SCP-2952の再生能力の試験を監督していたミルズ研究員が朝目覚めたとき、自身の手足にサンザシの杭が貫通し、ナス属の有毒植物の実が口の中に入っていることに気づきました。

この異常なイベントはSCP-2952-2の集団によるものと考えられています。対応策として、SCP-2952-2に譲歩する計画が、適切な神話を参照した情報を使用して、SCP-2952-1実例を埋没させず監視する現在のプロトコルが考案されました - 実行されたのは2016年の12月9日です。

2週間後、モグラは収容エリアから消失し、スティーヴンス管理官に置き換えられ、毒のツタとキノコは建築業者の自宅から消失しました。1監視カメラはSCP-2952を目撃した一般人を回収し拘留している間、SCP-2952-2実例が財団エージェントを追跡し、その行動を近距離から観察していたことを示しました。

2017年1月5日、SCP-2952は財団の雇用下にないあらゆる人間から、SCP-2952-2と同様に視認できなくなりました。加えて、SCP-2952-2実例は今は財団職員に視認できますが、一般人からは視認できなくなっています。このため、SCP-2952はSafeに再分類されました。

補遺:

2017年1月9日、スティーブン管理官はムクドリが彼の机に残したメモを受け取りました。ムクドリは捕まえられる前に窓から飛び去りました。メモの文章をウェールズ語から翻訳したものが以下のようになります。:

貴殿の利用客の不服申し立てへの速やかな応答と、素晴らしい顧客サービスにお礼申し上げます。そのため、私どもはあなた方の組織の全てのメンバーに、我がC.O.R.G.I.システムの無償利用を許可しました。何か質問がお有りでしたら、最寄りのシー評議会へとスズメをお送りください。

運送管理官、G.フォックスグローブ

タルイステーグ評議会

以下の調査記録SCP-2952アルファは、エージェント・デービスがSCP-2952に搭乗した際の記録です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。