SCP-2953
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-2953

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2953とそれから抽出されたすべての断片は、サイト-44の貯蔵ロッカーに保存されます。SCP-2953とその破片を扱う職員は手袋の着用が義務づけられます。直接の接触は控えてください。この例外は実験中の被験者のみです。

説明: SCP-2953は女性に似た1つの巨石と、その巨石から抽出された破片の集合です。復元時、巨石の重量は約45kgとなります。SCP-2953の化学的な構成は、炭素(≈70%)、カルシウム(≈25%)、リン(≈5%)の混合物となっています。

SCP-2953に直接接触した人間(以降'被験者'として言及されます)は、以下の変化を経験します。

  • 尾骨の延長、しばしばこの尾骨は表皮から突き出ます。
  • 被験者の頭髪でのフェオメラニンの増加。
  • 被験者の体中での異常な体毛の成長。
  • 突き出た鼻口部を形成するような顔部の伸長。
  • 手足に鉤爪のつくような変形。
  • 被験者の体内でのエストロゲンの生産の増大、しばしば胸部の成長をもたらします。
  • 胸部での追加の乳首(4つまで増えます)の成長。

これらの変形の範囲は、SCP-2953が被験者の体に触れた部分の近くでもっとも効力があります。男性の被験者より女性の被験者のほうが、より重大な変形と増加率を見せます。この変形は本来致死的なものではありませんが、被験者の体がこれらの突然の変形を処理する能力を持たないために、健康上での困難を引き起こします。

SCP-2953の断片(総重量は5kgになります)が以前の管理人、大日本異常事例調査局(IJAMEA)によって抽出されています。これらの断片のほとんどは、108個のフランジブル弾の主要な部品として使われ、残りは分析と実験のために抽出された試料として使われていました。これらの弾丸は、修正された6.5×50mmSR アリサカカートリッジに完全に包まれていました。このカートリッジは97型狙撃ライフルからの発射を意図されています。

IJAMEAがアイテムを管理する以前、SCP-2953はセイメイ・ギャラリー1管理されていました。以下はSCP-2953の説明の翻訳です。

これは殺生石、タマモノマエの死体でもあります。タマモノマエはかつて鳥羽天皇の病気による謀殺を試み、下野の那須平原で処刑されました。彼女の復讐心に満ちた魂は死体に留まり、石へと変わりました。石にふれた者はタマモノマエの霊魂の性質により死に至ります。

暦応二年、反乱者の将軍であった足利尊氏が、これを朝廷への貢ぎ物として提供しました。幕府の献身の正しさを吉野2の天皇へと証明するものでもありました。

1936/██/██、IJAMEAはSCP-2953を、ダッキ作戦という名前の計画のためにセイメイ・ギャラリーから輸送することを要求しました。以下はダッキ作戦と見なされている計画についてアベ博士の執筆した文章の翻訳された抜粋です。

宮内省からの承認を受け、SCP-2953はIJAMEAの釜山7施設に輸送されました。そこではダッキ作戦についての実験が行われていました。以下はダッキ作戦についての翻訳された抜粋です。

第二次世界大戦で日本が降伏した後、1945/██/██にIJAMEAの釜山施設からSCP-2953のすべての断片が回収されました。


ドキュメント2953-ネ: 実体"タマモノマエ"に関する再追加文書です。SCP-2953の副産物がその起源だと考えられているにも関わらず、財団はその仮定を単独で証明も反証もしていません。

IJAMEA首脳部は実体"タマモノマエ"の入手に関する文書を受け取っていないと主張し、また、それを所有している組織の存在を否定しています。しかし、IJAMEA釜山施設から入手した文書は、実体の獲得に成功し、第二次世界大戦の終わりまで釜山施設に収容していたことをほのめかしています。

1945/██/██に財団がIJAMEA釜山施設を占領した際、実体"タマモノマエ"は収容されていると予想されていた収容房で発見されませんでした。現在の所在はいまだ不明です。

別個のSCP-███として収容されていると推測されている

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。