SCP-2971
評価: +1+x

プロトコル・マイラに則り、SCP-2971-Aは実在しなかったということをあなたに再確認させるためにこのメッセージが導入されました。ジェリー・リー・ルイスは2012年12月28日に自宅を離れておらず、ヴィック・スタンレー・カントリークラブという施設は存在していません。

SCP-2971-Aの存在を反証するため、この記事全体を通してメッセージが挿入されています。メッセージには最初から最後まで目を通し、指摘されている点が事実であるということを自分で信じられるまで考察してください。もしSCP-2971-Aは一度も開催されていないということを自分が受け入れられないのに気付いた場合は、直ちにファイルを閉じてワークステーションを離れ、監督者に報告して記憶処置を要請してください。

アイテム番号: SCP-2971

オブジェクトクラス: Euclid

download%20%282%29.jpg

ジェリー・リー・ルイス、2009年撮影。

特別収容プロトコル: SCP-2971のキャリアの疑いがある人物は、ソーシャルメディアのアカウント、銀行口座の取引明細書、および所在地を監視します。これらの人物がSCP-2971-Aについての情報を広めた際には検閲し、当該人物を拘束します。

インターネット上の検索エンジンは、“考えてみてくれ”、“ロックンロール・サクリフィニシャル”、“クリフ・ボッグ”、“ヴィック・スタンレー・カントリークラブ”、“2012年12月28日”に該当するフレーズ(およびそれらの変化形)の検索レベルをモニターします。SCP-2971関連のキーワードが繰り返し単一のIPアドレスから検索されている場合は、IPの場所を追跡し、エージェントがその場にいる全ての人物を尋問およびプロトコル・マイラ適用のために拘束します。

プロトコル・マイラはSCP-2971の影響下にあることが証明された対象者に施される措置です。プロトコル・マイラはSCP-2971-Aの実在に対する明確な否定と、それに続けて当該事象が実在し得ない理由を対象者に合理的に説明することから成っています。これはSCP-2971の治療に100%効果的であることが証明されました。

ジェリー・リー・ルイスの自宅と彼が所有する資産の電話を傍受し、ルイス自身は任意のSCP-2971関連現象の兆候が無いかを監視されます。ルイスの監視に割り当てられている職員は、特筆に値する発見があれば全て記録し、かつ異常現象が発生した場合は直属の上司に通知してください。

説明: SCP-2971は“2012年12月28日にルイジアナ州フェリデーのヴィック・スタンレー・カントリークラブで開催されたジェリー・リー・ルイスのライブコンサート(以下SCP-2971-A)に出席した”と影響者に信じ込ませるミーム的な限局性現実再編事象です。SCP-2971-Aが実際に開催されたことは一度も無く、“ヴィック・スタンレー・カントリークラブ”という名前の施設は存在していません。SCP-2971は、SCP-2971-Aまたはその内容に関する物事を読むまたは話し合うことによって、非影響者にも伝染します。イベントとしてのSCP-2971-Aへの言及が無いSCP-2971についての話題は、ミームの拡散に十分なものではありません。

SCP-2971-Aは一度も開催されていません。ジェリー・リー・ルイスは2012年12月28日には自宅で過ごしていました。彼は問題の日には公演していません。

SCP-2971に感染した対象者には、主に2種類の影響が及びます。

影響A: 対象者は唐突に、SCP-2971-Aの曲目、SCP-2971-A中にジェリー・リー・ルイスが発したコメント、その他ヴィック・スタンレー・カントリークラブへの道中の出来事などの詳細に関わる完全な回想記憶を取得します。SCP-2971影響者はこの出来事のことを興奮もあらわに他者へ伝え(それによってミームを拡散し)ようと試み、またルイスの曲や活動歴への関心が強迫観念に近い域まで異常に増します。SCP-2971影響者が治療を受けると、これらの記憶は全て消失し、ルイスに対する異常な関心は抱かれなくなります。

影響B: SCP-2971は局地的な現実再編事象を引き起こします。これに影響された人物は、SCP-2971-Aイベントが非影響者にとっては一度も行われなかったという事実にも拘らず、当該イベントに事実上参加したことになります。影響者の所持品にはしばしばSCP-2971-Aの記念写真が出現します。また幾つかの例ではサイン色紙、非異常性のCD-ROM1、Tシャツ、イベントのアマチュア録音なども確認されています。SCP-2971影響者が治療を受けると、このようにして影響者の下に現れたアイテムは全て消失します。

SCP-2971感染の一つの注目すべき症状として、“考えてみてくれ(Think about it)”というフレーズを異常なほど頻繁に使用することが挙げられます2。フレーズそのものは異常ではなく、SCP-2971の拡散においても、影響者が通常行うSCP-2971-Aについての会話以上に寄与してはいません。しかしながら、今日まで確認された事例の100%で、SCP-2971感染には当該フレーズの頻繁な使用が伴っています。

SCP-2971の発生源は判明していません。SCP-2971は2012年12月29日、ルイジアナ州の住民2446名に自然発生的に広まったと考えられています。影響者は明らかに無作為に選択されていましたが、例外として、最も影響者が多く集中していたのはフェリデー市域内でした。

SCP-2971-Aは行われませんでした。あなたは 2012年12月28日には仕事があったので、コンサートを見に行く時間は無かったはずです。

財団エージェントによるSCP-2971の発見時には、ルイスの状態を確認するため、彼の家への電話による接触が成されました。財団はルイス自身と話すことは出来ませんでしたが、アシスタントから、2012年12月28日のルイスは“頭痛の発作”を除いては何事もなく過ごしていたという証言が得られています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。