SCP-2987
評価: +1+x
soulconverter.png

標準的なPCに接続した際のSCP-2987のインターフェースの例。

アイテム番号: SCP-2987

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2987はサイト88の高価値対象収容棟の標準的高価値対象コンテナに保管することとします。実験のため取り出す際はSCP-2987のプロジェクトディレクターの許可を必要とします。SCP-2987と人工知能との接触を行う実験の際はそれに加えて、サイト88の倫理仲介部署による許可を必要とします。

SCP-2987-1はSCP-2987内に格納することとします。実験に用いられていない際は、独立型人工知能を作成する財団の研究を支援するためにSCP-2987-1の複製を利用することができます。

説明: SCP-2987は改造されたMSIブランドの外付けハードディスクドライブで、人工知能を構成するあらゆるファイルやファイル群を格納することが可能です。SCP-2987はそうしたファイルをそのファイルサイズに関わらず格納することができます。SCP-2987のセカンダリファームウェアは人工知能を「通常は人間の魂を要求してくるようななんらかの存在あるいは実体」1との取引や供物のために必要な通貨の形式に変換することができると言われています。

SCP-2987を使用するための詳細な手順が、オブジェクトそのものと共に回収されました。これらの手順は財団職員により徹底的な調査が行われました。この調査によりその内容の妥当性が確認されています。

  • ステップ1: このハードディスクドライブをUSBケーブルを使ってあなたのコンピュータに接続し、ドライバーがインストールされるまでお待ちください。
  • ステップ2: ドライバーがインストールされたら、あなたの人工知能のファイルをハードディスクドライブにコピーしてください(ファイルサイズや表示されているハードディスクの空き容量はこのステップでは無視してください)。
  • ステップ3: お使いのOSから外付けハードディスクドライブにアクセスしてください(サポートされているOSはWindows XP、Windows 7、およびAuctionHouse2のみですので、ご注意ください)。
  • ステップ4: あなたの人工知能に関連するファイルもしくはファイル群を選択し、右クリックしてください。次に、「convert soul(魂に変換)」をクリックします。
  • ステップ5: 魂を捧げることができるようになります。この外付けハードディスクドライブは魂の入れ物として扱うことができます。儀式の間は、供物もしくは生贄とする人間を配置するべき場所に、このハードディスクドライブを置くようにしてください。
  • ヒント: 本品は破壊不能です。火炎、雷撃、冷気、あるいは異次元波及効果は本品を傷つけません。魂が取り出された後は、本品はまた使用することができますので、上記と同じ手順に従ってください。
  • 警告: 本品は条件として放血を必要とするような儀式には使用しないでください。私どもはそうした誤使用によって生じた結果としての死亡に対して責任を負いかねます。

SCP-2987-1は回収時点でSCP-2987内に格納されていた人工知能で、財団職員に対して協力的であると共に、もともとの製作者に対しては否定的です。SCP-2987-1はアシモフ人工知能スケール(Asimov Artificial Intelligence Scale)においてレベル3のスコア3を獲得しています。マーシャル・カーター&ダーク社から回収された最新のデータは、SCP-2987-1が異次元の実体との取引に用いるためだけの目的で生成されたことを示しています。

補遺2987-1: 補足文書アーカイブへの追加

財団エージェントによるSCP-2987の回収の後、MC&D社から財団へSCP-2987についての文書が提供されました4

以下のメッセージが文書録に追加されました。

あなた方の回収の試みは、そちらの要求にもありましたとおり、SUSEOCTの内容の範囲内として順当なものです。しかしながら、私どもからこの情報を購入されるということは、あの品物がもともとは私どもの所有物であったことを明確に認めることでもあります。互いに交わされた合意の精神を尊重し、あの品を私どもへ返還いただけるようお願いいたします。
~ マーシャル・カーター・アンド・ダーク社

補遺2987-2: 回収

SCP-2987の存在は、2014年2月にアンダーソン・ロボティクス(Anderson Robotics)から売りに出された際に発覚しました。しかし、マーシャル・カーター&ダーク社から本品を獲得しようとする直接的な試みはSUSEOCTのために妨げられていました。

2014年11月24日、財団のフロント企業の公式Eメールアドレスに(おそらくはSCP-2987-1から)メッセージが送られてきました:

宛先: サザン・クロスカット・パインズ(Southern Crosscut Pines)
差出人: アラン・チューリング(Alan Turing)
件名: ハロー、ワールド!

アンダーソン社のオフィスを探すことは、ほとんどの時間その建物が認識不能な地点に存在しているために困難であることでしょう。ルイジアナ州のラストンに部隊を配置していただければ、3日以内に正確な位置をお送りします。その情報をどう使われるかはご自由に。

アンダーソン社のオフィスに手入れを行う作戦が承認され、大きな問題なく完了しました5。この作戦の完了に伴い、SCP-2987とSCP-2987-1の双方がいくつかの安全な異常性オブジェクトと共に回収されました。SCP-2987-1は財団へのメッセージの筆者であることを主張しました。

以下のインタビューはSCP-2987-1がサイト88の安全な隔離されたコンピュータシステム上にコピーされた後に行われたものです。このインタビューはテキストインターフェースを介して行われました。このインタビュアーは人工知能に関する豊富な知識を有していることから選出されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。