SCP-2998
rating: +48+x

SCP-2998

この文書は14/01/12に修正されました。新情報は青でハイライトされています。

アイテム番号: SCP-2998

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2998を受信できる装置が民間で製造されるのを避けるため、財団はラジオ周波数および電子機器製造標準を世界規模で変更しました。インターネット、無線通信、印刷物による通信を監視している財団の関連部門はSCP-2998に関する画像や記述に注意を払わねばなりません。加えて、プロジェクト・ロゼッタとSCP-2998への永続的割り当てに対する適正を見極めるために、全職員とDクラスはSCP-2998に関連する信号に曝露されなければなりません。

SCP-2998の内容の如何なる変化も見逃さぬよう、定期的にSCP-2998が放送される周波数は監視されなければなりません。地球外におけるSCP-2998の存在を監視するよう設計された機材を積み込むように、全ての地球外探査船および探査機は密かに改造されなければなりません。SCP-2998の発生源およびその内容の背景にある素性を探る研究はクラス2優先事項として継続されねばなりません。

説明: SCP-2998は恒常的に発せられる周波数2485MHzの電気信号です。その発生源は特定されていません。信号は既知の太陽系における全ての場所に常に存在しているようにみえます。信号は一か所から発生しているようにはみえません。むしろ、現在までの解析の結果SCP-2998は1.86mWの出力で放送されていることが示唆されていて、SCP-2998の巨大なカバーエリアも鑑みるに、[データ削除]ほどの大きさと多様性を持っている事が示唆されています。信号はその周波数に存在する異常ではあるけれどもただ無害なだけのホワイトノイズであると当初は信じられていました。ささいな変化により信号内に何らかの他の情報が存在していることが示唆されていましたが、SCP-2998を解読するいかなる手段も2011年までに開発されませんでしたが、SCP-2998の完全な内容を決定づける更なる完璧な手法がその後開発されました。

信号にはモノラルトラックのデジタルビデオメッセージが含まれている事が分かりました。ビデオには暗い部屋で浮かんでいる未知の種のヒト型実体が描画されているようです。映像には脈絡がないとはいえ、反復的なボディランゲージと実体が発するかん高いノイズで極度の身体的苦痛を表現しているようにみえます。映像の範囲内では他の実体は見られず、危害を加える外的要因も見つかりません。しかしながら、映像に含まれる次のような特徴からある種の異常な念動力現象が起きていることが示唆されています。実体はしばしば突かれるかまたは動かされるように見え、僅かに背景に映る室内の物体は重力場が存在している事を示唆し、実体の空中静止状態は無重力状態によるものではなく、実体は未知の力によって固定されている事を意味しています。

補遺2998-A: SCP-2998にはまだ解読されていない更なる情報が含まれている事が提唱されています。今のところ、財団の解読技術ではテレビ信号の構成要素の一部はノイズに見えます。SCP-2998に関連する数人の研究員は、SCP-2998の背後にあるエンコーディングおよび伝送技術の複雑さを鑑みるに、ノイズに見えることは予想外だと結論付けています。現時点における理論はある種の[データ削除]神経活動である3次元立体データを含んでいます。理論が確証されました。詳細は補遺2998-Bを参照してください。

補遺2998-B: SCP-2998内で以前は無関係だと考えられていたデータを解読する機械的または技術的手段は未だ開発されていません。しかし、事件2998-ベータと2998-イプシロンにより、ある種の人間は気持ちの繋がりを模した形で出力されるSCP-2998からの余分の情報を知覚することを可能にする特異な神経学的特徴(現時点ではブロードマン41野および42野を偏桃体後背部と繋ぐ異常な神経束と考えられています)を保持する事が明らかとなりました。影響を受けた職員D-099238とD-398398の報告の完全な記録はレベル4機密に分類されています。これらの文書へのアクセスは指定された情報開示官の裁量により認可されます。

SCP-2998はO5-11の権限において13/12/22にEuclidに再分類されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。