SCP-2999

4c 41 20 c6 59 49 20 57 49 27 20 57 49 27 55 41 55 41 49 4c 20 57 49 4f 59 59 46 4c 41 59 2e 20 4c 41 20 4b 4c 41 4b 4c 27 46 20 59 49 59 c6 4c 20 53 49 27 55 41 20 4c 41 46 20 46 49 27 20 50 59 20 46 4f 4c 41 57 20 49 4f c6 49 4c

評価: +8+x
Sarah.jpg

SCP-2999-Aの現在のデスクトップのスクリーンショット。異常/分類データは編集されました。クリックして拡大してください。

アイテム番号: SCP-2999

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2999実体はサイト-45-Cの厳重保管室に分けて収容されています。理性を保ったままであるならば、SCP-2999-Bが要請した私物はLevel3/2999クリアランス以上の職員により承認されます。SCP-2999-Aの要請はLevel4/2999クリアランスによる実行が必要です。

SCP-2999-Aは厳重保管室312(SHC312)の机に置かれることになっています。新しいラップトップ・コンピュータの要請は5年毎に1回承認されます。このコンピュータにはスピーカーの取り付けと、無線LANの取り外しが義務付けられています。このコンピュータが導入される時、SCP-2999-Aはそのどのようなファイルへの編集許可も認められなければいけません。SCP-2999-Aの財団サーバーへの接続は許可されません。SCP-2999-Aが入った未許可の装置は破壊され、インターネットへ接続してはいけません。

SCP-2999-Bは厳重保管室369(SHC369)に収容され、1日につき225gのノコギリソウ(Achillea millefolium)が供給されなければなりません。安全性の為、職員はSCP-2999-Bがノコギリソウを全て食べ終わる前にSHC369を離れることになっています。会話のためSCP-2999-Bとの面談の間、SCP-2999-Bのビデオ監視は審査されなければなりません。更なるSCP-2999-AとSCP-2999-Bとの接触は避けなければなりません。

説明: SCP-2999はプロメテウス研究所の主要基地地下1階が起源の2つの実体に与えられた指定です。

SCP-2999-Aは知性のある5.17KBの'Sarah_Crowely.txt'とタイトルが付けられたテキストファイルです(非異常性コピーは付録-2999-1を参照)。ASCII文字はケルトノットに並べられ、上部に'V'で牙を表現したウサギの様な顔が模られ、下部に12文字の共通[データ削除済]、その部分は通常はASCIIコードではなく、対象の異常特性の重要構成要素だと推測されます。コンピュータまたは電子装置に保存されると、SCP-2999-Aはファイルの場所の変更、フォルダとファイルの作成と名前付け、ファイル等の削除、開く、閉じる、複製の拒否、コンピュータのスピーカーを通しての会話ができるようになります。

SCP-2999-Aは管理権が与えられる、またはオペレーティングシステム(OS)が無い装置に保存されると装置由来のOSの機能を果たす、または入れ替わります。SCP-2999-Aは24時間以内にハードウェアの前のオペレーティングシステムを完全に複製しますが、職員のアクセスを防げるよう改造します。職員はコンピュータのキーボードとマウス、利用可能な装置の使用、またはSCP-2999-Aの承認なしでの装置へのアクセスができなくなります。

SCP-2999-Aは装置への長期間の滞在は痛みが強まり、SCP-2999-Aの装置を操作する時間も長くなり、SCP-2999-Aの異常特性が失われてしまうと報告します。この事は新型に保存されると痛みが完全になくなるが、旧型だと部分的に軽減する事からコンピュータ全体の年数と状態に関係していると考えられます。

SCP-2999-AはコンピュータのOSを複製し終えると、個人文書、画像、アプリケーション、その他プロジェクトを作成し、そして背景画像を変更してデスクトップを改造します。SCP-2999-Aがこれらファイルをどこから保存しているかは不明ですが、その殆どはプロメテウス研究所によって作成され、通常は特異な手段による生命再生に関する物です。SCP-2999-Aは同じシロウサギに類似した特徴の若い女性の人型の背景画像を維持します。

Will.jpg

SCP-2999-B

SCP-2999-Bは剥製にされた、黒く若いイエネコの知性ある骨格です。SCP-2999-Bは革紐、黒いテープ、糸、瞬間接着剤などの多様な方法により保たれており、一部はノコギリソウ(Achillea millefolium)も使われています。SCP-2999-Bは自身をSCP-2999-Aによって作られたスチュアート・ヘイワード博士と称します。

SCP-2999-Bは動画を通して見ると、字幕等のビデオ装置の変化を引き起こします。加えて、SCP-2999-Bと共に映る人間の姿はかなり変化します。映像に付けられた字幕はSCP-2999-Bによる意図的な変化であり、意思疎通に使用されます。その他全ての変化は無意識に発生していると考えられます。

対象がSCP-2999-Bと同じフレームに撮影、映写される時、対象の外観は重傷を負ったように変化します。一般的な対象の変化は以下の組み合わせの通りです:

  • 心臓部に大きな傷
  • 左目の喪失
  • 対象の顔の表皮の除去
  • 歯を見せて笑うかのように口が切られ、切開部は縫われて閉じます
  • 腕や胴に軽度の火傷痕
  • 鼻や爪、尾等の動物的特徴の追加
  • 対象の右脹脛の大部分の肉の除去
  • 性別に従い、対象の現在の服装がイブニングガウンかタキシードに変化

SCP-2999-Bによって作成される映像はビデオ監視を通してのみ見ることができ、直接SCP-2999-Bを見たり、写真を通して見たりしても表れません。SCP-2999-Bは現在の特性の前は度々幻覚を経験し、その内容は変化したビデオ内容と類似していたと報告しました。収容中にSCP-2999-Bは一切幻覚を見ていません。

SCP-2999-Bの脆弱的な外観にもかかわらず、SCP-2999-Bは非常に耐久性に優れ、SCP-2999-Bの一部が損傷、除去されても急速に自己修復することができます。SCP-2999-Bはノコギリソウを日常の食事として必要とし、SCP-2999-Bの分解と異常特性の停止を予防します。SCP-2999-Bの下顎の輪郭を通り抜けた物質に何が起きるかは現在不明ですが、ノコギリソウの提供により特性の期間を増やすということが証明されました。

SCP-2999-AとSCP-2999-Bは異常訓練、尋問技術、財団の職員と手順について高度な知識を示し、異常特性が発現する以前は財団で働いていたと主張します。SCP-2999-Bは現地のヘイワード博士の心理プロフィールと一致しました。

SCP-2999-Aは12体の言語コマンドの受信と熱サインと警備システムを検知できるプロメテウスの無人機に自身をダウンロードさせ、SCP-2999-AがSCP-2999-Bを作成するためにプロメテウス研究所の地下1階への出入りを妨害していました。

回収した見取り図、ビデオ監視、プロメテウス職員の生存者からの説明に基づき、この階を大きな動物小屋、大きな電子設備区、小さな温室があることが判明しました。動物小屋に居る動物は看護されているが、時折SCP-2999-Aに制御された無人機が1匹の猫を電子設備区に運んで殺害し、肌と器官の殆どを除去している事が注目されました。SCP-2999-AはSCP-2999-B作成に成功するまで複数回この作業を繰り返しました。作成後、SCP-2999-Bは混乱し、階の保安室に避難してSCP-2999-Aから逃走しました。収容以降、以前SCP-2999-Aによって制御されていた無人機は全て効力を失い、現在SCP-████として指定されています。

補遺-2999-1:

一部記録-2999-2: 以下はSCP-2999-Bは保安室内に逃げ込んだ後、階の保安ブースを通じてアクセス可能な監視室内から発見、記録された監視映像の一部記録です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。