SCP-3004
評価: +12+x

アイテム番号: SCP-3004

オブジェクトクラス: Neutralized

特別収容プロトコル: SCP-3004による脅威は引き続き無力化された状態です。SCP-3004の収容はセトレイディの存在を指し示すアーティファクトの回収のみに焦点を置いています。このため、アイルランドとウェールズの考古学的調査地点は密接に監視されるべきです。発見されたアーティファクトは押収し、記録後に焼却処分します。

SCP-3004に関連する全ての事項は、神学部門によって取り扱われるものとします。SCP-3004関連と考えられる事象が発生した場合、直ちにクラーク管理官へ通知しなければいけません。

SCP-3004-1は破壊された、もしくは物質界から排除されたと考えられており、既に収容を必要としていません。

SCP-3004との接点のため、Cicadetta luculentaの存在に関する全情報は発見され次第破壊し、関与した民間人には記憶処理が施されます。

説明: SCP-3004は“セトレイディ(Cétlaidí)”、または“歌い手たち(The Singers)”の名で知られていたドルイド系カルト教団の儀式と関連する一連の異常事象を指します。当該団体は15世紀から19世紀初頭にかけて主にアイルランドで活動していました。彼らの崇拝は、現在絶滅種であるCicadetta luculenta1のライフサイクルを中心題目としていた事が知られています。

様々な財団前身組織(“異界現象のためのバチカン集会”や“王立異常物収監協会”を含む)の共同作戦により、SCP-3004と歌い手たちに係る全ての知識はSCP-3004-1を収容するために破壊されました。このようにしてSCP-3004が“滅びた”結果、SCP-3004-1実体は全ての活動を停止しました。

SCP-3004事象は歌い手たちの儀式に関連するイメージを中心とするものであり、最も一般的には、乳歯が初めて抜けたことを切欠として子供の成人期に入ったことを祝うための祭典で発生しました。これらの事象は、SCP-3004-1と指定される神格が、基底世界の時空間に入り込むのを導くためのものだと理論上想定されています。SCP-3004事象はSCP-3004-1が物質界において行動しようと試みた結果だと考えられています。SCP-3004-1が歌い手たちの信仰に反応し始めた時期は不明確です。

SCP-3004事象には様々な兆しがあるものの、現存する文書はごく僅かです。SCP-3004事象に関連する芸術作品は、顔面の開口部からCicadetta luculentaが出現し、往々にして窒息を引き起こしたことを示します。ある文書記録は、上空に異常なほど巨大なCicadetta luculentaの一個体(SCP-3004-1と推定される)が出現し、その目撃者は放射線病に似た症状を示しつつ苦痛と共に焼かれたことを詳述しています。SCP-3004事象に直面してもなお、歌い手たちはそれを必要な破壊と見做し、儀式を続行したと伝えられています。

SCP-3004-1は、儀式を通して歌い手たちに反応し、SCP-3004事象を引き起こしていた実体です。SCP-3004-1の性質については殆ど判明していません。思念体、もしくは異次元の生命体であり、偶然を通して歌い手たちの儀式に応答したと仮定されています。SCP-3004-1がレベル3ピスティファージ2実体以上の存在であったことを示すデータは現存していません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。