SCP-3015
評価: +7+x

アイテム番号: SCP-3015

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-3015はサイト-88のアノマラスアイテム収容房に収容されます。認可された機動部隊と他の認可された職員だけがSCP-3015の半径20m内で活性化フレーズを使用することが許可されます。 SCP-3015によって導かれる建造物は、一時的にサイト-2161とみなされ、新たな相当量のGoI-5869 ("ゲーマーズ・アゲンスト・ウィード")に関する情報が回収されるごとにチェックします。機動部隊と他の職員はゲーマーズ・アゲインスト・ウィードに関連する人員、異常存在もしくは情報、を拘束し、聞き取りを行うよう指示されます。

説明: SCP-3015は知覚能力を持たず、行方不明者データベースのどんな個人とも合致しない人型存在です。対象はそれの半径20m以内で活性化フレーズを言われるまでは自発的に動くことや発声することが出来ません。ゲーマーズ・アゲインスト・ウィードに関連する類似の性質を持つ異常存在と同様に、手書きの文書(文書3015-E)がジーンズの右ポケットにあります。

"燃えるように苦しめ"23、という活性化フレーズをSCP-3015の半径20m内で言った時、対象は話者に背中を向き合わせ、尻を左右に広げてマサチューセッツ州、スプリングフィールドに位置する放棄された隠れ家へと繋がる異常次元ポータルを出現させます。一度に、一人の人間のみがSCP-3015をによって通り抜けることが出来ます。一度に二人以上が通り抜けようとする試みは、中度の負傷を生じるという結果を与えます。例として循環系の損傷、挫傷、一時的な脱臼や毛髪様骨折がありますが、これらに限定されません。

補遺: 文書3015-AからDは隠れ家のデスクトップPCから回収されました。ほとんどのプログラムと文書は削除されたと見られます。全ての文書はおそらくPoI-6877 ("jockjamsvol6")によって書かれたとみられます。回収された情報の完全な情報は GoI-5869 ("ゲーマーズ・アゲインスト・ウィード")関連資料を参照してください。

文書3015-A:

おうkkrule、Dahliaからお前の話は聞いたよ。そんでまあ、もちろん、それはミスターなんかじゃねえ。それはガチでワイルドかもしれないとは思うけど、いや。 俺はそいつの面白みが全くわからなかった。でももしそん時に俺がお前に居合わせてたら、お前はやらかしたな、って言ってやったと思う、でもそれはお前が最初にバーニーに手を付けたことを俺が苦々しく思ってるからってだけだ。

俺は察しの通り、今ちょっとカリカリしてんだ。けど大丈夫さ、とにかくバーニーを仕上げられない理由は無い。このチョーセクシーな野郎のための魂とか何やかんやを見つけるだけさ。俺はこの野郎に他の奴らのケツを失せさせたかったんだ。けど、考えれば考えるほど、実際、クソの一種だったって気づいちまうんだ。じゃあ、俺はどうしようってんだ?手に入れたのは実際的な中身が何一つ入ってないお飾りのじいさんだ。ここにへんちくりんに突っ立ってるだけだ。いつでもな。

[大体なんで俺はお前を知らないのにPMなんて打ってるんだ?お前はダチなんかじゃねえ、俺の知ってるうちでは、ただのクソミーム野郎だ。]4

基本的に、いや、俺はお前にあいつを送らねえ、でもあいつをチャットで見せびらかすよ。

文書3015-B:

やあJude。 バーニーのアイデアについて俺たちが喋ったことは覚えてるけど、俺は"みんなにケツを上げさせる"もんを一切合切ドブに捨てた。もし代わりにみんなが代わりにやつのケツを持ち上げたらどうする?そんなわけで、あれはもっとおかしくてまだまだキモいけど、少なくとも誰も傷つけるようにはなってねえ、だよな?もしお前がそれを上手い具合にできるってなら、俺はまだお前の助けが必要だ。

俺は未だにこれについて他のアイデアが思いつかなくてイライラしてんだ。クソが、kkruleはあそこにいる間に俺のクソアイデアを持ってったのか?やつの名前がチャットで出てくる度うんざりしてたんだよ。確実にストレスの種だし、100%俺がチャットでのたうち回ってる理由だよ。ミスター・バーニー・サンダースは他の奴らみたいな魂なしで仕上げるのを考えてる。そっちの方が面白いやり方だね、実際。想像してくれ、お前が何か言うと、やつは背を向ける。それからやつはケツをおっ広げてクッソカッケえ場所を出す、寛容な左翼の場所さ。クソが。コメディの醍醐味さ。うん。(歴史もあるし、非の打ち所がないミームだ)

とにかく、ミスターズのジョークを全部仕上げた時、こいつは俺が関わる唯一のミスターということになるだろうよ。
"はは、俺たちのミスターズを作るってのはどうよ?" 俺は、このJJサマは、確かに自分自身に堂々と宣言したさ、全くのおべんちゃらをね。いいジョークと客観的に見て世界で一番おかしくていいリストだったよ。"じゃあこのミスターズを作ろうぜ!" みんながそう言い出して、俺はジョークの根幹を見失ってた。俺たちが他のグループのことをdisってたとき、俺は全然楽しくなかったよ。"でも大丈夫だ、俺はバーニーをやるよ" 俺は言った、どう考えても当て付けでね。そして、どうだ。クソ。俺はkkruleを憎んでさえない、最初に思いつかなかった自分が憎いだけなんじゃないかな。

何にしても、お前が俺のクソな愚痴を聞く必要はねえさ。イイ感じのバーニーじいちゃんの写真がある。俺はあいつの見た目弄りはもう終えたと思うぜ。車が一台走って来てるが、たぶんやつらはこの完全直立姿勢の野郎を俺の親父だと思ってたろう。少なくとも他には誰も通らなかった、わざわざこの道を走ろうと思うやつなんてほとんどいないからな。ここを出て行って俺はクソみてえに幸せになるさ、お前にはわからねえよ。 少なくともここは金持ち白人ジジイのケツ穴島のブドウ畑じゃねえ。

それはそうと、念のため、隠れ家を手に入れたんだ。俺ってどんだけ運がいいんだ?いつもと同じだよ。完璧なタイミングだよ。まあ通りだけど。俺は友達からある話を聞いた。(で、これはただの噂だが、噂ってのがどういう物か分かるだろ)看守は近々、誰かさんを襲撃しようしてんだ。たぶんお前をだ。5事態がクソみてえなことになったら逃げるように助言しておく。Cimはお前を陥れるだろうな、やつは今まさに俺が話してる間にもことを運んでるんだ。

もうすぐ俺は動き出す、と思う。俺はこの場所で人生の大半を過ごして、うんざりしたんだ。 そろそろどっか他のとこで一匹狼になる頃合いだな。チャットは何日かしか入らないだろう。俺は新天地を探す間、L_Gが彼女の住処を十分綺麗にして俺を追い出すまで図書館で落ち着こうと思う。どうしても隠れなきゃいけねえ。ここを出るのは早いに越したことはない。バーニーはこの町と俺の最後の縁になるだろう。サヨウナラマタイツカ、ケツ穴よ。

文書3015-C:

P.S. 早めのお前への誕生日プレゼントだよ。俺の作ったやつじゃないけど、心にクると思うぜ。

ここクリック

文書3015-D:

隠れ家はだいたい綺麗になったぜ。バーニーはお前に送ったよ、 ところでさ、追っ手がどうにかして最初にそいつを見つけて俺がそいつ送ったってバレた時のために、少しの間消えようと思うんだ。大丈夫さ。やつらはお前にそれを送ったってことは知らないさ。 マジな話、やつのケツ友達が世界の犯罪と摩訶不思議を解決しに行ってる間にケツの穴をかけ上ろうと色々やろうとするバカな財団のやつらを想像してくれよ。俺はお前が文字通り、実際、絶対に、9001% 笑わないやつってわかってるし、それもお前にやつを送った理由なんだ。何が起こったか想像して、一発キメりゃいいさ。

お前は図書館を気にいるだろうと思う。ああいう手品みてえなクソはお前に向いてるよ。俺は便利だからそこにいるだけさ。あと本がいっぱいあるから、かな?また会ったときはマジッククラブへの入り方を教えてやるよ。

お前に、あれだ、電話でもする代わりにこのクソを打ち出してPMを送ってる間、少し愚痴らせてくれ。時々、自分はグループに合わないって思うときがある、よな?クソな場面だ。そういう時は考えを改めて、落ち着いてイイ感じになって、グループの中のケツの冷めた野郎になった方が良いかもしれねえ。でも俺の何かがクソになって、今はもうあいつらみたいに楽しめなくなってきちまった。ネットでのやり取りは俺の生きがいだが、昨日は一度もチャットに出なかった。何もかもアンインストールしてROM専になろうか考えてる。全知全能の神は因果応報がお好きだから、そいつはびっくりするくらいうまくいくだろうよ。そんなわけでやめたんだ。ああ、話しすぎた。もうやめとく。

チャットでなんかあったら教えてくれ。もし誰かが聞いてきたら、俺は今Juggaloの修道士とか言っといてくれ。お前の家が綺麗になったら会おうぜ、gaylord。

文書3015-E:

何てこったい! ゲーマーズ・アゲインスト・ウィードのミスター・バーニー・サンダース!、つってね。俺たちはもう他のバーニーネタをやっちまった、クソ、持ってけよ。どうせどっかに割り込んでくなら、ごちゃごちゃやらねえ方がマシだ。ワンダーテインメント博士って誰それ?

みんな見つけてミスター・ゲーマーになろうぜ!

01. ミスター・文字通りのシリアルキラー
02. ミスター・標準
03. ミスター・バーニー・サンダース (✔??)
04. ミスター・どこでもなんでも無料
20. ミスター・セックス・ナンバー
21. ミスター・天上の美
22. ミスター・大罪
23. ミスター・オリジナルキャラクター
24. ミスター・D.A.R.E.
25. ミスター・高級住宅化
26. ミスター・ビデオゲーム狂
27. ミスター・ミーム
28. ミスター・不吉(生産中止)
29. ミスター・運命
30. ミスター・モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル
31. ミズ・サパティスタ
32. ミスター・チート
33. ミスター・タトゥーがあるやつ
34. ミスター・トップテクストとミスター・ボトムテクスト
35. ミスター・フィナーレ

文書3015-F:

2017年2月12日に回収された動画の転写。動画は goddamnyouvine.aviと題されている。

0:00: [開けた場所を写しており、場所は不明。話者はカメラの背後に隠れており、おそらく携帯電話で記録している。話者は咳をして静かな声で話す。] こいつを試してみるぜ、よし。えへん。

0:03: "燃えるように苦しめ"

0:04: [話者は瞬時に隠れ家へ移動する。] いいね、お次はL_Gがケツを見る番だ。

0:06: [話者の声は興奮しているが、音量は依然として同様である。] ついてねえな。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。