SCP-3034
評価: +9+x
site753a.jpg

サイト-753

アイテム番号: SCP-3034

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 3名の財団職員が現地に留まり、少なくとも1名がSCP-3034の発生に備えて無線周波数帯を監視します。全職員はロシア語で少なくともC1認定を取得している必要があります。無線機器は週ごとに診断チェックを行い、全ての機器が動作状態にあることを確認します。職員は月単位で外部と配置換えされます。

もしSCP-3034発生が検出された場合は常に、職員は即時ロシア語で“все хорошо (全て順調)”の応答メッセージを同じチャンネルに送ります。現地との通信が途絶した場合、機動部隊イプシロン-3(“サンタの小さな助手”)がエリアの調査および確保のために動員されます。

如何なる状況でも現地の無線機器を“все хорошо (全て順調)”のフレーズ送信以外の目的で使用することは認められません。如何なる状況でもSCP-3034との意思疎通を試みるべきではありません(添付の事案報告書を参照)。

如何なる状況でも現地に子供を入場させることは認められません。

説明: SCP-3034は繰り返し発生している起源不明の異常な無線放送です。今日まで、送信はサイト-753の約2 4km圏内でのみ確認されています(添付の事案報告書を参照)。SCP-3034の送信元を三角測量で特定する試みは失敗しています。1964年以来、この放送は627回以上発生しています。発生間隔は明らかに不特定です — 最短間隔は2週間、最長間隔は6ヶ月でした。

全てのSCP-3034発生は同一の形式に沿っています。まず合成された音楽的な“発信音”が約10秒間演奏され、続いてSCP-3034-A(ロシア国籍の思春期の女性と推定)の声が聞こえます。SCP-3034-Aは直ちにロシア語で200から逆に数を数え始めます。このカウントダウン中にサイト-753が同チャンネルに対して“все хорошо”を放送すると、SCP-3034-Aは速やかにカウントを停止します。放送の最初と同じ発信音が再び流れ、放送は終了します。

SCP-3034-Aが話している時、SCP-3034の背景音には顕著な音声の歪みが発生します。この歪みを分析する試みは進行中です(添付の音声分析を参照)。

実験により、SCP-3034は録音した“все хорошо”には反応を返さないことが示されています。そのため、職員をサイト-753に常駐させることが必須となっています。

補遺3034.1: 添付資料

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。