SCP-3041
評価: +23+x
redknife.jpg

SCP-3041

アイテム番号: SCP-3041

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-3041はサイトの安全ロッカーに保管されます。研究者はSCP-3041を持ったり、素肌を接触させたりしてはいけません。

2015/05/22を以て、SCP-3041のあらゆる利用は禁止され、更なる見直しが行われるまで保留されています。この見直しが完了するまでは、以下の情報は古いものであり、おそらく不正確な内容であると見做されるべきです。

説明: SCP-3041は起源不明な長さ12cmの鉄製ナイフであり、柄には編み革が巻かれています。放射年代測定で刃の製造時期に関する決定的結果は出ませんでしたが、柄は過去2世紀以内に追加されたことが示されています。ナイフの表面は錆色であり、腐敗した肉の臭いがします。広範な分析にも拘らず、この腐臭の原点は未だ特定されていません。

SCP-3041は、知的存在によって一定時間保持された時にのみ、異常特性を発現させます。SCP-3041の効果発現に必要とされる時間の長さは対象者ごとに大きく異なります — 根本的メカニズムは不明のままです。

SCP-3041が活性化すると、対象者はやがて、SCP-3041を使って1人以上の人間を攻撃し、心臓を除去して消費する夢を経験します。この夢は対象者が最初にSCP-3041を持った場所に関するものであり、通常その設定場面において発見が予想される犠牲者が登場します。全ての事例において対象者は犠牲者に見覚えがありません。いずれの犠牲者も実在人物(生死を問わず)との相関性は知られていません。

対象者は多くの場合、上記の夢を大きな変化を伴うことなく繰り返し見続けます。記憶処理によってこれらの夢を減少または排除することは可能ですが、大半の対象者は感情的苦痛、罪悪感、およびPTSDに関連する心理的トラウマの徴候を示し続けます。SCP-3041の効果は複数回発現させることが可能であり、各把握ごとに新たな内容の夢が生成されます。

SCP-3041は、1987/02/15に自殺した高齢の隠遁者であり、歴史的な骨董品の収集家であったダニエル・クレンシャールの私物から見つかった物です。SCP-3041の異常効果は、クレンシャール氏の収集物の見直しを行っていた研究者が、クレンシャール氏の遺書に記されたものと同一の夢を経験し始めたことによって発見されました。

補遺3041.1: 添付文書

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。