SCP-3074
評価: +40+x
kafka_interior.jpg

SCP-3074。

アイテム番号: SCP-3074

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-3074-Aを含む建造物を孤立した隔離状況下に確実に留め続けるため、財団職員はウクライナ政府と協力します。この建造物への入場には最低でもレベル3のクリアランスが必要です。

説明: SCP-3074は、ウクライナのプリピャチ1にあるオフィスビルの下部に位置する地下駐車場、イゾトヴァ・パーキング・センターです。1988年に財団から発見される以前の存在を示す記録はありません。

SCP-3074-Aは、SCP-3074の第一階層へのアクセスに使用される貨物エレベーターです。1つしかないボタンを押すと、エレベーターはSCP-3074へ下降します。この時点で、GPS信号を介した乗員の位置特定は不可能になります。携帯電話や無線での意思疎通は可能ですが、信頼性に欠けます。

現在のところ、SCP-3074-Aの操作以外でSCP-3074に入場する方法は見つかっていません。加えてSCP-3074-Aは、内部が完全に空になり、ドアが閉鎖されるまで地上に帰還しません。SCP-3074を(SCP-3074-Aまたは代替手段によって)安全に離れる手段を考案する努力が進行中です。

phone.jpg

SCP-3074-B実例の一つ。

SCP-3074-Bは各階層に設置されている電子キオスクです。各キオスクには受話器、キーパッド、LCDスクリーン、コインスロット、プリンター、指示書き2があります。受話器を持ち上げると、内線の呼び出し音声が3度鳴り、その後にSCP-3074-Cが応答します。

SCP-3074-Cは正体不明の実体の声です。その性質と所在地を特定するための調査が現在進行中です。

SCP-3074の各階層は面積0.72ヘクタール(1.8エーカー)で、215台分の駐車スペースがあります。第一階層では、北端にある1つのランプが下にある第二階層を指し示しています。これ以降の各階には2つのランプがあります(片方は上昇、もう片方は下降を示す)。第一階層以降は階を下るごとに、破損した照明器具、動作しないSCP-3074-B実例、廃車で構築されたバリケードなど、劣化と機能不全の徴候が増えていきます。廃車のバリケードは、典型的には下降を示すランプを覆い隠す状態で発見されています。

SCP-3074の第一階層より下にある階の数を特定する努力は進行中ですが、証拠は100階を優に上回ることを示唆しています。

補遺3074.1: 以下の記録は、SCP-3074の上部にあるオフィスで発見されたコンパクト・カセットテープから回収された音声サンプルです。全ての対話はウクライナ語から翻訳されています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。