SCP-310-JP-HW"31月10日"
評価: +22+x

アイテム番号: SCP-310-JP-HW

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 現在、SCP-310-JP-HWの範囲拡大を恒久的に阻止すべく、プロトコル310-Jack-o'-lanternが実施されています。影響範囲の周縁部(C-43区画を除く)で発見されたSCP-310-JP-HW-1個体は、即座に終了される事になっています。プロトコルの詳細については付属文書310-Jack-o'-lanternを参照してください。

緊急事態であるため、性質についての説明以外の記述は全て折り畳まれています。希望者はプロトコル完了後に閲覧してください。

説明: SCP-310-JP-HWは、時空間異常・情報災害・異常行動をもたらすハロウィンイベントです。影響範囲は現時点で██県内の五つの自治体1にまたがっており、参加人数は14万人以上であると推定されています。SCP-310-JP-HWイベントは0時から翌日0時までの24時間で収束し、その発生間隔は1128日である事が確認されています。

SCP-310-JP-HWイベントが発生している間、影響範囲外への脱出および情報伝達の試みは全て失敗に終わります。また、全ての媒体が日付の表示に未知の暦を使用するようになり、現在の日付が"31月10日"である事を示します。このように年間の日数が大きく異なるにもかかわらず、影響範囲内の年は常に西暦と一致しています。

SCP-310-JP-HWイベント終了の際、"31月10日"に生じたあらゆる事象・記憶は消失し、本来の日付で何事もなく過ごしていたかのように改竄されます。現時点で、影響範囲外の人物との記憶の齟齬は確認されていません。また、消失した"31月10日"に関する記憶および記録は、次回のイベント発生時に復元されます。

SCP-310-JP-HW-1は、あらかじめ配布されたイベントプログラムに従って異常行動を取る住民の総称です。住民の行動を妨害する事は可能です。また、妨害に対して抵抗する事は一切ありません。イベントプログラムの詳細は下記の通りです。

23:00以降、全ての生存しているSCP-310-JP-HW-1個体は、最も近い影響範囲外の地点を目指して移動するようになります。目標地点までの距離が1mを下回った場合、影響範囲の一部が目標地点を含むように拡大し、目標地点が更新されます。この効果により影響範囲が際限なく拡大していくため、周縁部でのSCP-310-JP-HW-1個体の終了は最優先で行われます。

補遺1: 以下は、SCP-310-JP-HW-1個体へのインタビュー記録です。

補遺2: 以下は、エージェント██の覚え書きです。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。