SCP-312-JP
評価: +51+x
scpobjectsoldier.jpg
SCP-312-JP実体1、画像には異常性無効化処理済み

アイテム番号: SCP-312-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-312-JPはサイト-8104のセキュリティロックの掛けられた収容室にて、GPSロケーターを取り付けられ、不透明の布を被せられた状態で保管されます。また、SCP-312-JPは重量計の上に置かれ、外部から常に重さをチェックされることになっています。職員は基本的にSCP-312-JPの収容室に入る事は禁止されています。万が一、やむを得ない理由で収容室内に入る際は、SCP-312-JPを視認しないように注意してください。なお、SCP-312-JPの持つ危険性から、収容室内にはカメラなどの監視装置は一切備え付けられていません。

説明: SCP-312-JPはそれを観察した者の認識に変化を与える、軍隊の行進を模したおそらく未完成と思われる高さ2m、長さ8mで横幅が0.5mの板状の青銅製の彫刻です。SCP-312-JPのいずれの部分にも、製作者の名前や題名などは記されていませんでした。SCP-312-JPは神奈川県██市にある第██陸軍技術研究所跡地の、地下倉庫の施錠された部屋より1947年に発見されました。同時にSCP-312-JPと関連が深いと思われる文書312-JP-Aも、部屋の隅にあった段ボール箱より発見され回収されました。確保及び収容時、数名の職員が直接SCP-312-JPに暴露したことで精神汚染を受け、後日終了されました。

SCP-312-JPを肉眼・写真・映像を通して一度でも見た者(以下、観察者)は、複数の段階を経て有害な精神汚染を受けます。初期段階では、観察者の認識に影響が表れます。観察者の目には、日本国籍を持たない人物が全て射撃訓練用の"的"に見えるようになります。"的"の形は概ね人型の木製の板であり、部位毎にそれぞれ点数表示が書いてあるように見えるとされていますが、これには個人差があるとされています。全てのケースで観察者は、"的"には頭部が30点で、胴体の中心部分は20点、胴体の他の部分には10点と書いてあるように見えると報告しました。観察者には"的"が動き、喋っているように認識されます。次に、観察者には著しい倫理観の欠如が表れます。観察者は"的"が実際には人間であることを知っていながら、全て破壊されなければならないと考えるようになり、破壊する場合には、より高い点数をとろうと執着するようになります。汚染の最終段階では、観察者の目に映る生物全てがそれぞれに適した形の"的"に見えるようになります。最終段階に至った観察者は非常に敵対的で危険であり、積極的に排除されるべきです。

時折、SCP-312-JPの収容室内から複数の人物が隊列を組んで歩くような音が聞こえると報告されています。いずれの場合も、収容室のすぐ外に設置された音声記録装置には何の音も記録されておらず、重量にも変化はありませんでした。

付録312-JP-01: 回収文書312-JP-A

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。