SCP-3199
評価: +19+x
resized.jpg

第一次回収作業中に撮影された、初めての鮮明なSCP-3199の画像。

アイテム番号: SCP-3199

オブジェクトクラス: Euclid Keter

特別収容プロトコル: 全ての生きているSCP-3199個体は、サイト-114にある厚さ約2 cmの耐酸鋼鉄で壁を保護したKeterクラス人型収容室にまとめて収容してください。この収容室と二次収容ブロックとの間には2 mの間隔を空けてください。

二次収容として、全ての生きているSCP-3199個体を高強度かつ透明の物質 (現在は透明アクリル樹脂を使用) の固体ブロック内に埋め込み固定します。

このブロックは高さ3 m以上とし、1名の武装警備員が一次収容室のすぐ外に配置されます。8桁のパスコードを現職のサイト-114管理者から取得することにより、一次収容室に入り、SCP-3199の活動および外見の詳細な調査を行うことが可能です。ただし収容室の隅には遠隔観察用のCCTV機器が一組設置されています。

二次収容ブロックに損傷がないか定期的に検査を行ってください。いかなる攻撃的な活動の兆候も検知され、可及的速やかに現職のサイト-114管理者へと通知されます。

暫定回収手順の詳細は補遺3199-03に記載されています。生きているSCP-3199個体を用いた実験はレベル4以上のセキュリティクリアランスを持つ職員2名以上による許可がある場合を除き厳重に禁止されています。

2017/12/6時点で4体のSCP-3199個体が現存し、収容されています。

説明: SCP-3199は知性を持つ人型生物の一種です。その生物学的起源は現時点では不明ですが、組織サンプルからは家畜のニワトリ (Gallus gallus) とチンパンジー (Pan troglodytes) のDNAの痕跡が確認されました。SCP-3199個体は無毛で、薄い卵白の膜に塗れており、体長は平均2.9 mです。成体の平均体重は780 kg、幼体の平均体重は360 kg です。外見上SCP-3199の首は関節が外れており、約340°捻ることが可能です (おそらくはSCP-3199の繁殖サイクルの性質に由来する)。

SCP-3199は日和見的捕食者であり、まだ完全な成熟期に達していない幼体を中心とした 現時点では半径不明の範囲内に存在する 半径0.6 km以内に存在する生きた対象に狙いを定めます。平均移動速度は25 km/hを記録しています、人間または動物と接触すると、SCP-3199は[編集済]し、内臓と骨を溶かします。死骸は幼体の下へと運ばれ、栄養源となります。

SCP-3199個体は灰白色とゴム様の外見を有する巨大な卵を産むことが観察されています。この卵は胃と食道を通って実体の口から吐き出され、その後口から赤色の粘性物が流れ出ます (当初は胎盤のようなものと考えられていましたが、化学分析により高腐食性物質であることが判明しました)。SCP-3199はこのプロセス中極度の苦痛を示しており、その際に発せられる声は職員により「叫び声と相違ない」と表現されました。

おそらくは絶滅を避けるための本能的手段として、SCP-3199は利用可能な空間を埋め尽くすまで産卵を行います。現時点でこの特異性は限界が明らかになっておらず、結果としてLK-クラス生物種変換シナリオをもたらす危険性を有しています。SCP-3199の終了は比較的容易に行うことができます。しかし全てのSCP-3199個体は (たとえ卵の状態でも) 胃の中に1つの卵を有していることから、いかなる状態でも最低1体の生存が確保されるため、完全なる根絶は現時点では 不可能 困難です。

SCP-3199の卵は高い耐久性を有することが判明しており、以下の処置を施しても損傷は発見されませんでした。

⦁ 高強度の鈍力による外傷
⦁ 1200 MPaを越える高圧
⦁ 高精度ブレード (鋸刃および非鋸刃)
⦁ 酸への長期間の曝露

至近距離での爆発物の使用も提案されていますが、実験は行われていません。高温への曝露は孵化までの期間を早めることが確認されているため、爆発は収容違反のリスクを生み出すおそれがあります (補遺3199-04を参照)。

SCP-3199は収容違反を引き起こした後、2017/10/6にKeterクラスへと指定されました。水を用いていた当初のSCP-3199の収容方法は廃止され、現在の樹脂を用いた手法へと置き換えられました。

補遺3199-01: 2017/█/█、O5-█はSCP-3199に関して以下の通告を発表しました。

SCP-3199の卵を用いた全ての実験はさらなる通告があるまで厳重に禁止とします。大規模な研究を許可するには孵化までの期間があまりに不安定であることが判明している上、収容違反による被害はより明白なものとなっています。よってO5評議会は新たな情報が明らかになるまで実験を停止し、根本からリスクを断つことを満場一致で決定しました。以上、よろしくお願い致します。

SCP-3199はアイルランドの██████にて「見知らぬ毛のない生き物がバンシーのように泣き叫んでいる」という密林地域からの通報により機動部隊オメガ-19 (オムレット) が配備された後に回収されました。任務中に2名の職員が殉職しており、両名の内臓と顎は現在も大部分が行方不明です。輸送中にSCP-3199は2体の子供を産み、さらに6名の職員の死をもたらしました。最初の個体が誕生した経緯は一切判明していません。最初に捕獲がなされた場所の徹底調査は現在承認待ちです。
(補遺3199-02参照)

補遺3199-03: プロトコル34-22-B -『乱獲』

SCP-3199の再収容に関して。収容違反時は以下の手順が実行されます。

  • レベル-1以上のセキュリティクリアランスを持つ現場の職員は、特別な指示がない限り標準封鎖手順に従って直ちにサイト-113へと移動します。
  • サイト-114をクラスA鎮静剤を混ぜた蒸留水で満たします。
  • 陸上チーム・タンゴ-306-Aに通知が届き、SCP-3199の卵を回収する任務・指示が与えられます。
  • 生きているSCP-3199は目撃し次第全て終了し、残った卵を収集します。
  • 全ての卵は一時的なサイト外収容施設に輸送されることになっています。
  • サイト-114を排水し、完全な掃除のため清掃スタッフを派遣します。

立入調査が完了する前にサイト-114での違反を試みていた職員は捕縛され、相応の懲戒処分がなされます。

注記: 職員の中に現在のSCP-3199違反時プロトコルの必要性に懐疑的な方がいらっしゃるようです。まず説明しますと、あの液体はSCP-3199の異常な繁殖特性に対する効果的な対抗策であることが証明されています。液体の存在下では、その深さや透明度に関係なく実体は不活性状態に入るようです。この現象については2つの仮説が立てられています。
1. 生存のため、SCP-3199は全注意を溺死しないことに向けなければならなくなる。財団はSCP-3199の特性の抜け道を発見した可能性があります。
2. SCP-3199は周囲の液体を「満たされた空間」とみなしており、結果として水没した状況では子供を産まなくなる。
後者の理論であればSCP-3199を完全に不活性状態にするには水没させる必要があるため、より多くの水を必要とします。現時点では、少なくとも安定した収容法が確立されているから安全であると私が申し上げるときは、サイト-114の皆様を代表して申し上げているものと考えております。
-ワット博士
2017/12/5

注記: SCP-3199の第一次回収作業中に亡くなられた方々の遺族には最善が尽くされることをお祈り申し上げます。また、ダンカン兵長には可及的速やかにクラスB記憶処理薬を処方するよう公式に要請いたします。弁解は無用です。
E. ユーイング博士
サイト-114管理者

補遺3199-04: 実験記録

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。