SCP-323-JP
評価: +26+x

アイテム番号: SCP-323-JP

オブジェクトクラス:Safe

特別収容プロトコル:SCP-323-JPは破損を避けるために耐衝撃ケースに入れられ、サイト-8181の低脅威度収容庫に収容されています。実験を行う際はセキュリティクリアランスレベル3以上の職員から許可を得た上で行ってください。

説明:SCP-323-JPはダゲレオタイプのカメラです。本体は樫、檜などの一般的な木材及び、真鍮で構成されています。製作者を特定できるような情報は記載されておらず、木製パーツの炭素年代測定により1890年頃に製造されたことが明らかになっています。撮影手順及び現像方法は通常のダゲレオタイプのカメラと同じく、よく磨いた銀板にヨウ素の蒸気を当ててヨウ化銀の膜を生じさせ、光を当てない様にSCP-323-JPに取り付け撮影します。撮影に必要な露光時間は約5秒で、露光の開始と終了はレンズに付いている蓋の開閉で行います。現像は撮影した銀板に水銀蒸気を当て、像を浮かび上がらせた上で定着剤を使い現像します。

SCP-323-JPの特異性は人物(以下、被写体)を撮影した場合に発現します。被写体は露光時間終了後意識を失い、目覚めることはありません。これは被写体が複数であっても生じますが、被写体が露光時間中に移動していた、ピントが合っていなかったなどの原因により像が鮮明でない、または銀板が入っていない場合には発生しません。

撮影した写真は全てSCP-323-JP-1と分類され、被写体の身体の半分以上が鮮明に写っていた場合にその特異性を発現します。SCP-323-JP-1に100ルクス以上の光を当てた場合、写真に写った被写体が動き始めます。活動は5秒ごとに画像が切り替わる形で描写され、活動は照度を100ルクス以下にする、写真を物理的に破壊するまで続きます。

SCP-323-JPは19██/██/██に████大学の██████教授が入手し、自らを撮影した際に意識不明となったことから財団の目に留まりました。██████教授がSCP-323-JPを入手した経緯は不明です。██████教授が写っていたと推測されるSCP-323-JP-1は、撮影時の混乱からレンズが開いたままの状態で放置されたため、露光時間が非常に長時間となり現像は不可能な状態でした。

実験記録323-JP-1 19██/██/██

対象:Dクラス 1名
目的:SCP-323-JP-1内の可動部位調査。
実施方法:SCP-323-JP-1には「扉」「窓」などを写り込ませ、被験者には「ただ出ることを考えるように。」と通達し撮影。
結果:SCP-323-JP-1内の扉、窓は開閉可能であり、扉から「外」に出ることは可能であった。しかしSCP-323-JP-1の「端」からは出ることが出来ず、脱出不可能であった。
考察:どうやらSCP-323-JP-1の端が世界の終わりらしい。ところで内部からの主観的な時間などはどうなっているんだ? — 島博士

実験記録323-JP-2 19██/██/██

対象:実験記録323-JP-1で作成したSCP-323-JP-1
目的:SCP-323-JP-1の活動停止時の主観的な時間経過の確認。
実施方法:SCP-323-JP-1の活動を24時間停止させ、その後再活動させた
結果:停止前の被験者は部屋の中央で暴れていた。停止後もほぼ同じ位置で暴れていた。
考察:24時間同一の地点で暴れ続けるとは考えづらい、おそらく非活動時の内部での時間経過は存在しないのだろう。 — 島博士

実験記録323-JP-3 19██/██/██

対象:実験記録323-JP-1で作成したSCP-323-JP-1
目的:SCP-323-JP-1の破壊時の反応確認。
実施方法:SCP-323-JP-1を裁断、被験者の反応を観察する。観察のため裁断は時間をかけ、被験者を通る様に行われる。
結果:裁断開始から刃先が被験者に到達するまで反応はなかった。被験者が裁断され始めると被験者は混乱を見せ、その場で暴れ始めた。裁断後は活動を停止した。
考察:裁断時の反応から考えて、裁断により生じたSCP-323-JP-1の「端」が被験者を固定したと考えられる。また、裁断されるとその特異性を失うようだ。 — 川中博士

実験記録323-JP-4 19██/██/██

対象:Dクラス 1名
目的:SCP-323-JP-1の端の固定についての検証。
実施方法:被験者の足から上を撮影し、撮影したSCP-323-JP-1を観察。
結果:被験者は足を固定された状態で活動を開始、端の固定から抜け出すことはなかった。
考察:身体の全てが写る必要はないと言うことは、身体の一部でも写れば「囚われる」可能性があるということだ。 — 島博士

実験記録323-JP-5 19██/██/██

対象:Dクラス 1名、犬、猿、金魚、各1匹
目的:SCP-323-JP-1の効果範囲の検証。
実施方法:全被験者を同一のSCP-323-JP-1に撮影し観察。
結果:Dクラスのみ活動開始。他の動物は撮影時、SCP-323-JP-1内でも異常が発生しませんでした。
考察:どうやら人間にのみ作用するようです。 — 長夜博士

実験記録323-JP-6 19██/██/██

対象:Dクラス 1名、研究員 1名
目的:長時間観察による被験者の変化観察。
実施方法:活動が活発になると思われる反抗的なDクラスを撮影、1週間連続で活動させ経過を観察。
結果:撮影時にDクラスが暴れだし、撮影時にDクラスの他3名がSCP-323-JP-1に写りました。しかし、上半身が全て写った██研究員助手だけがSCP-323-JP-1内で活動を開始、腕だけ写ったエージェント██、胸から上だけ写ったエージェント████は活動せず停止したままでした。エージェント2名に異常はありませんでした。
考察:暴れ出した時に中止すべきだった、強行した私のミスだ。しかしどうやら、身体の半分以上が写り込む必要があるようだ。 — 川中博士
補遺:川中博士は異動となりました。

実験記録323-JP-7 19██/██/██

対象:Dクラス 1名
目的:内部との交信手段の模索。
実施方法:通信機、スケッチブックと筆記具を持たせた被験者を撮影、現像後に交信手段の確認及び観察を行う。
結果:通信機は交信不能でした。スケッチブックでの情報提供により
・「内部」でSCP-323-JPを確認できないこと。
・「端」から向こうを見ることはできるが、見えない壁があり移動できないこと。
・こちらから呼びかけようともSCP-323-JP-1を動かしても、「内部」では何も起きないこと。
が確認されました。
考察:SCP-323-JP-1内をこれ以上調査する必要性は限りなく低くなりました。 — 長夜博士

実験記録323-JP-8 19██/██/██

対象:SCP-323-JP-1 2枚
目的:長時間観察による被験者の変化を観察。
実施方法:実験記録323-JP-4、-7で撮影したSCP-323-JP-1を72時間連続活動させ経過を観察。
結果:双方空腹、排泄、睡眠などを必要としている様子は観察できませんでした。行動は疲労、混乱などにより変化を確認しました。
考察:肉体に依存する行動は無視されるのでしょう。ある意味では静止した時を過ごしていますね。 — 長夜博士

実験記録323-JP-9 19██/██/██

対象:Dクラス 2名
目的:二重撮影時の反応の観察。
実施方法:Dクラスを撮影した後、現像せずに別室でもう一人のDクラスを撮影、現像する。
結果:[削除済]
考察:このような実験はもう二度と申請しないでください。 — 長夜博士

補遺:██████教授が入手した時点ではSCP-323-JPにレンズ部分のパーツが存在していなかったことが判明しました。また、レンズ部分のパーツは本体との接着が確認できないにも関わらず、本体から外すことが出来ませんでした。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。