SCP-3275
評価: +11+x
pizzazresize.png

化学分析のために財団が入手したSCP-3275-1実例。オリーブが不快な硫黄臭を放っている。元々の注文は"ベジタリアン・ピザ"。

アイテム番号: SCP-3275

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: どのようなSCP-3275の発生も厳重に監視する必要があります。ただし現在、財団はSCP-3275が制御された特定の条件下で発生する場合に限り、その発生を容認しています。

財団の注意を引いたすべてのSCP-3275-1実例は分析のために回収され、続いて指定の異常由来物品用の容器を用いて処分されます。割り当てられた人員によって発注されたいずれのSCP-3275-1実例も、財団所有の施設に配達されます(下記の通常手順を参照)。

SCP-3275-1実例を取り扱う実験には、レベル2以上のセキュリティクリアランスが必要です。SCP-3275-1に携わる職員は問題のピザボックスが開いている間、レベルA化学防護服又は個人用防護具と同質の装備の着用が義務付けられます。SCP-3275に割り当てられた人員は、標準の想定から大幅に逸脱したSCP-3275-1実例を記録し、その事例を研究主任に報告する必要があります。1

SCP-3275-2は現在、█████████ピザでの勤務を維持することが許可されています。2SCP-3275-2は許可されていない顧客に関わる配達依頼を受けることは出来ません。特に有害なSCP-3275-1実例が発生した場合、SCP-3275-2は尋問や追加の警戒のために拘留される可能性があります。

SCP-3275-1の発注と受取の通常手順は以下の通りです:

  • 財団保有の非サイト建造物からSCP-3275-2が雇用されているレストラン、█████████ピザに向けて盗聴防止機能付きの電話3が掛けられ、ピザの配達を要求します。明確に、SCP-3275-2が配達人に指定されます。注文に加えるトッピングは、生成されるSCP-3275-1実例の分析を行う財団研究者によって決定されます。
  • SCP-3275-1実例は生物学的収容能力を備えた財団所有の施設に配達されます; 警備員はCCTVカメラによって身元を特定した上で、SCP-3275-2の施設への入場を許可します。SCP-3275-2はセキュリティステーションに実例を配達します。保安職員はSCP-3275-1実例を内包する段ボール箱に直接的に接触しないように指示されています。
  • 指定の財団職員はSCP-3275-2に対応し、SCP-3275-1実例と█████████ピザのメニューに沿った異常性のないピザの標準的な金額を交換します。SCP-3275-2は疑念を抱くことのないよう、可及的速やかに施設を退去させられます。
  • 入手されたSCP-3275-1実例は運搬用段ボール箱に入れたまま化学実験室に移されます。 この時点から、SCP-3275に割り当てられた研究者のみが実例を取り扱います。当該研究者はSCP-3275-1実例の分析と文書化の準備を行い、続いて実例はその組成に従って処分されます。

説明: SCP-3275は██████ ████████という個人(SCP-3275-2に指定)によって配達された商業生産のピザに影響を及ぼす、繰り返し発生する異常現象です。SCP-3275の影響を受けたピザはSCP-3275-1実例と指定され、顧客の注文とは極端に異なることが知られています。明示的に要求されたトッピングは不足しており、明らかに不要なものが存在しています。

さらにSCP-3275-1には、受取人の注文していない余分なトッピング、標準のピザのものとは異なる不快臭を発する材料、ピザへの食用でない物品の混入を含む不適切なものが加えられていることがあります。(補遺-Aには、異なるSCP-3275-1発生の例を示す多様な実験ログが含まれています。)

SCP-3275-2(██████ ████████)は異常性のない男性であり、████/██/██時点で22歳です。SCP-3275-2は身長1.81m、体重68.5kgです; SCP-3275に携わる財団の従業員の要求(詳細は研究主任に連絡してください)に応じて顔写真を利用可能です。SCP-3275-2がしばしば整っていない服装であったり、寝不足に苦しんでいるように見えることに留意してください。SCP-3275-2は現在█████████ピザの配達業者として雇われており、この役職を3か月間保持しています。SCP-3275-2が財団の介入以降に配達したピザはすべて、必ずSCP-3275-1実例になっていることが知られています。

SCP-3275-2の勤務地から回収された防犯カメラの映像では、SCP-3275-2が配達用のピザを受け取ってから前述の注文した顧客へ配達するまでのいずれかの時点でSCP-3275の異常性が現れているように見えます。SCP-3275-2はキッチンスタッフから正しく準備されたピザを受け取ったことが記録され、正しい住所へ配達したことが確認されています。回収された店舗の映像はさらに、SCP-3275-2が与えられたピザに干渉したり、故意に傷付けていないことを示しています。SCP-3275-2が█████████ピザの他の配達スタッフに影響を与えている様子は記録されておらず、SCP-3275-2は自身の人生の他のいずれの時点でも他に異常な出来事は起こっていないと断言しています。4SCP-3275が明確に配達プロセスのどのタイミングで発生したのかは不明です。

現在、SCP-3275の効果範囲に関する合意が議論されています。最近のSCP-3275-1実例の分析では、SCP-3275の発現にある程度の不安定性があることが示されており、異常性及びその効果範囲の更なる予測不可能な変動に警戒すべきであることが示唆されています。5

補遺3275-A: 注目すべきインシデントと実験ログの抜粋

SCP-3275の発生はSCP-3275-2の生活様式に関係しているようであり、健康及びキャリアカウンセリングの提供が提案されています。

補遺 3275-B: 財団職員はSCP-3275との初期接触の際に標準的なインタビューを実施しました。これらの最初のインタビューは以下の通りです。

SCP-3275-2を財団所有のケータリング会社へ転職させることについての議論が進行中です。封じ込め手順の改訂とSCP-3275-2の特別住宅への割り当ては保留中です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。