SCP-333-JP
評価: +64+x

アイテム番号: SCP-333-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-333-JPを中心として囲うようにドーム型の床材のない収容施設に収容します。収容施設周辺の半径200m以内の範囲において、他の財団設備を含むあらゆる施設の建設は禁止されています。収容室内部は森林を模した環境になっているため、土壌及び、植物の管理を行ってください。また収容室内部に紙とペンを配置し、SCP-333-JPとコミュニケーションを取れるようにし、いくつかの質問に対してはマニュアル333-JPを参照してください。

説明: SCP-333-JPは頭部が地面に埋まっているように見える人型実体です。
外見上、身体部は通常の人類と相違ありませんが、体内に臓器を有していません。また、未知の手段による視覚及び聴覚を有しており筆談で意思疎通をとることができます。SCP-333-JPには重力が逆向きに働いているように見え、動作に身体が逆さであることによる影響は表れません。SCP-333-JPは地面の存在する場所にのみ移動すること1が可能であり、主に森林や草原などの環境を好みます。

SCP-333-JP自身及び半径30m圏内に存在する地中を含む地面に対して影響を及ぼす脅威が迫ったとき、周囲に超常的な自然現象を発生させます。この時SCP-333-JPの意思とは無関係に発生すること、自身はその被害を受けていないことから、反射的な防衛反応であると推測されます。また、特異性の発現後、休眠状態2に入ることがわかっています。

補遺1: SCP-333-JPは、██県██山のふもとにあった村が、突如巨大に成長した樹木によって土砂崩れから免れたという現象を調査しに来たエージェントたちによってその存在が初めて確認されました。付近の森にて休眠中のSCP-333-JPを発見後、研究員によって行われたインタビューによって別個体の存在が明らかになりました。


補遺2: インタビューログ333-JP-1以降の調査でSCP-333-JPは現在、5体の存在が確認及び収容されています。

SCP-333-JPは他のSCP-333-JP個体の存在及びそのほぼ正確な位置を把握しており、それぞれ地球は自分の頭部であると主張しています。また、頭部の所有権について話し合いを行うためという理由で他の個体との接触を希望していますが、地面から離れられないという特性により海を渡ることができません。そのため、現在SCP-333-JPが他のSCP-333-JP個体と接触することはほぼ不可能であると思われます。

現在、SCP-333-JPは我々と協力関係を結ぶという形で収容されている。しかし、我々はSCP-333-JP共を同じ円卓に座らせるべきではないだろう。SCP-333-JP共が議論を行い平和的、かつ合理的な結論が見つかる可能性もあるだろう。だが、地球をパイ生地のように切り分けるような事にならないとも限らないのだ。幸いながらSCP-333-JPの性格は皆、素直で温厚だ。我々が彼らに、海を渡る手段が見つかっていないと言えば彼らは信じるだろう。現時点で収容できている以上、今の状態を保つべきである。
我々には、一部の隙も許されないのだから。- ██博士

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。