SCP-3332
評価: +5+x
anchor.jpeg.jpg

SCP-3332

アイテム番号: SCP-3332

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-3332出現事象の全ての目撃者を特定し、適切な記憶処理治療を施します。SCP-3332が実体化した領域は、非実体化まで民間の利用から閉鎖されます。SCP-3332の実体化とその影響を撮影した映像は押収して財団の管理下に置き、複数の車両が盗難されたという偽報告の植え込みが行われます。

説明: SCP-3332は白く塗装された巨大な鋼鉄の錨であり、軽い錆の兆候や塗装剥離が見られます。SCP-3332から採取された錆と塗装のサンプルは、分析によって非異常性であると示されています。SCP-3332はイギリス全域の様々な駐車場、または無人車両が多数存在する場所に出現します。SCP-3332は出現地点の数マイル上空に実体化してから落下するため、往々にして命中時に深刻な被害を及ぼします。SCP-3332はおよそ2~3ヶ月おきに1ヶ所に出現します。

SCP-3332の実体化から間もなくして、SCP-3332の出現ポイントの数メートル上に巨大な漁網(SCP-3332-1)が出現し、落下します。SCP-3332-1はその後、内部に引っ掛かったあらゆる車両と共に出現ポイントまで引き戻され、消失します。この後、SCP-3332は空へ上昇して非実体化し、続いてその数メートル上から霧笛に似た微かな音が放出されます。

GPSトラッカーを介したSCP-3332の追跡試行が複数回行われています。現在まで収集された全ての座標は北海の様々な漁場を指し示し、GPSトラッカーは当該海域の閑散とした場所から回収されています。SCP-3332の更なる分析で出現ごとの錆や塗装剥離の量の増減が確認されており、これはSCP-3332が単一ではなく複数存在することを暗示しています。

補遺3332.1: 2017/05/12、SCP-3332はイギリス、██████の駐車場上空に実体化しました。非実体化後、1台の車両らしきものがSCP-3332の出現ポイントから唐突に落下しました。回収された車両の分析で、対象は白のセアト・イビサと物理的に同一であることが明らかになりました。車内には、おそらく車の持ち主のものと推定される小銭入れがありました。小銭入れには数枚のメモらしき物、未知の硬貨、“スミコナ(Sumycona)”という名称の国家が発行した運転免許証が含まれていました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。