SCP-334-JP
評価: +45+x
kirino_mayuka.jpg

SCP-334-JP内で撮影された街並。SCP-334-JP-1から距離を取ると、撮影画像の鮮明さは極端に落ちる。

アイテム番号: SCP-334-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-334-JPは隠蔽のため、民間工業施設に偽装されたサイト-81██がその周囲に建設されました。収容ゾーンはサイト中央部に構築されており、SCP-334-JPは内壁に設置された8基のCCTVカメラによって常時監視されています。SCP-334-JPの推定容積が現在の収容ゾーンを超過する可能性が生じた場合、プロトコル[霧隠れ]に基づいて直ちに施設の増改築を行い、ゾーン外への収容違反を防止してください。職員による進入実験を行う場合、SCP-334-JP-1との対話行為は原則的に禁止されています。

説明: SCP-334-JPは、██道近くの林道に位置する霧の内部に広がる巨大な街です。外部から観察した場合、SCP-334-JPは███mの範囲に発生した霧のように見えます。全体の面積は未だ拡大していると推測されていますが、同SCP-334-JP内に出現する人型をした霧状の存在、SCP-334-JP-1を随伴せずにSCP-334-JP内を探索することは不可能と見られているため、その全容を把握することは現在でも出来ていません。

SCP-334-JPは幾つかの民間廃棄物処理業者により利用されていたと見られ、その過剰な処理ペースの由来を調査した財団フロント企業により発見されました。

SCP-334-JPに進入した物体、及び存在は、その殆ど全てが数分内~10分ほどの間に、SCP-334-JP-1と遭遇します。外部からの進入物をどのような手段で認識しているかは不明ですが、SCP-334-JP-1に遭遇した意思を持たない物体は、全てSCP-334-JP-1により回収され消失します。消失後、それらはSCP-334-JP内部の建材等に利用されると見られていますが、SCP-334-JP-1が気に入った物体及び物品は、SCP-334-JP-1の「部屋」に配置される場合もあるようです。

また、意思ある存在がSCP-334-JPに進入した場合、その全てにおいてSCP-334-JP-1の「案内」を受けます。この「案内」を拒否することは可能ですが、拒否した場合、SCP-334-JP内は外部から見た面積と変わらない霧の満ちた空間に変わります。これらの霧の発生源は不明ですが、特異性は見られません。

加えて、「案内」対象以外に何らかの存在がSCP-334-JP-1を伴わずSCP-334-JP内を探索しようとした場合、「案内」を拒否した場合と同様の現象が発生します。これは小型UAV等で高高度からの追跡を行おうとした場合にも発生し、SCP-334-JP-1から5m以上の距離を取るとSCP-334-JPから抜け出してしまうことが確認されています。

このSCP-334-JP-1の「案内」を受けた対象は、SCP-334-JPからの脱出を拒否する傾向にあり、帰還したDクラス職員によれば「後ろ髪を引かれるような気分」になると報告しています。この効果を振り切ることが出来なかった者は消失することが判明していますが、探査機等の機器越しでは影響を受けません。

補遺1:D-334-JP-1消失後、SCP-334-JPの霧の範囲が██m拡大していることが判明しました。これによる危険性は今のところ確認されていませんが、SCP-334-JP内有人探査は許可を得た場合にのみ申請が受理される方針に変更されました。

補遺2:続けて行われた数度の探査の途上、突如SCP-334-JP内に大音量の音声放送が響き渡りました。SCP-334-JP-1は「時々ラジオ塔から流れるよくわからない音」と答えていますが、解析の結果、早回しにされたメッセージであると判明しました。メッセージは以下の通りです。

██がつ██にち[ノイズ]は[ノイズ]そうきょくですきりはひろがりつづけておりせかいかっこ[ノイズ]はのみこまれましたしんこうがあまりにもはやく[ノイズ]とめるてだてはわかっていませんしみんのみなさんはけしてそとにでず[ノイズ]りからみをまもってくださいくりかえします

(以降、メッセージ頭に戻り繰り返される)

このメッセージはおおよそ1ヶ月毎、██日前後に3分間だけ流れ続けることがわかっています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。