SCP-3341
評価: +5+x
Shalim.JPG

成熟SCP-3341-A個体であるユースフ・ファティマー。以前はユースフ・ティフル・ハッサン・サラおよびファティマー・ティフル・イブラヒム・ハワーという2体の若年SCP-3341-A個体だった。

アイテム番号: SCP-3341

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-3341-AおよびSCP-3341-Bは、サウジアラビアおよびエチオピア政府による協力の下、それぞれ東部州定住区とオガデン定住区に居住させます。SCP-3341-B1および/または歯車仕掛正教が広める全てのプロパガンダを無効化するために、機動部隊スティグマ-9(“自然発生する歯車、梃子、滑車からの進化”)が派遣されます。

SCP-3341-B1個体は事実上Keterのオブジェクトクラスを有する敵対的実体と見做されます。機動部隊ガンマ-4(“偶像破壊主義者”)がアフリカ東部で動員され、SCP-3341-B1個体群との戦闘任務を課せられます。SCP-3341-B1個体は生きたまま捕獲することが望ましいものの、終了も許可されています。捕獲したSCP-3341-B1個体はサイト-368に拘留します。可能であれば、SCP-3341-B1個体からは生命維持に不要な機械的インプラントを除去し、社会復帰治療を実施します。この更生プログラムは、機動部隊ϛ-9によって執筆された文献と、アルドゥイノーシス9001プログラムの改定版から成ります。

SCP-3341-Cは財団の管轄外にあり、現在はイスラム・アーティファクト開発事務局(ORIA)の管理下に置かれています。SCP-3341-Cに係る諜報報告はORIAが漏洩した情報から取得し、SCP-3341に対してORIAが権力を保持している手法を重視するものとします。

SCP-3341-A、SCP-3341-B、SCP-3341-B1、SCP-3341-Cとの交流は許可されません。

説明: SCP-3341は、ライフサイクルの一環としてヒト型の形状に変態する雑食性の知的哺乳動物種です。SCP-3341はアラビア半島、アラビアの角、イラン高原地域の固有種です。社会政治的状況の差異から、SCP-3341の共同体は各々明確な文化的相違点を有しており、分類を容易にするためにSCP-3341-A、SCP-3341-B、SCP-3341-B1、SCP-3341-Cという準指定名称が付与されています。

全ての若年SCP-3341個体は1本の腕と1本の脚を有しており、それぞれの肢は5本指です。SCP-3341の脚はLeporidae(ウサギ)科に属する種のそれと著しく類似しており、跳躍による移動を可能としています。若年SCP-3341個体が1回のジャンプで移動できる平均距離は4mです。頭部は凡そ半球状で、1つの目、1つの鼻腔、1つの耳、1つの口があります。鼻腔と口は通常、頭部の末端に位置しています。若年SCP-3341個体には毛髪がありません。

若年SCP-3341個体は独特の性的二型性を示します。男性の若年SCP-3341個体は人間の右半身に類似していますが、女性の若年SCP-3341個体は人間の左半身に似ています。

SCP-3341の変態は、1体の男性若年SCP-3341個体と1体の女性若年SCP-3341個体が、お互いの身体・記憶・意識をひとつに融合させる形式を取ります。プロセスは随意的であり、関与する両個体の相互合意が必要です。求愛は主に潜在的な番いとなる個体の身長測定が中心で、背丈の同じパートナーほど変態が成功する可能性は高くなる傾向が見られます。パートナー間の身長差が大きい場合には変態時のリスクが増大し、変態時間の長期化、成熟個体の奇形化、一方ないし両方の個体の死亡を招く可能性があります。

変態の間、番いは男性が女性の右側に横たわるように位置を調整します。並んだパートナーは互いに身体を擦りつけ合い、肉体の結合点となる裂傷を作ります。両個体の口、排出腔、胴体に沿って存在する骨格および内臓の一部は共に融合します。他の身体的変化として、体毛の成長と両脚の短縮化が起こります。このプロセスには通常1週間かかり、典型的には孤立した密閉環境で行われます。長い期間と必要になるエネルギーの都合上、若年個体は変態前に大量の食物を消費する傾向があります。

身体的外見に関して言えば、典型的な成熟SCP-3341個体は平均的なヒトとほぼ同一です。特に、成熟個体は脚の変化により、跳躍力が平均的な人間程度まで減退しています。顕著な違いとして、成熟SCP-3341個体の生殖器官は完全に体内に内包されています。授精と受胎は成熟個体の体内で行われます。幼児は約1年間の懐胎期間を経て、排出腔から生まれます。

典型的な成熟SCP-3341個体は、変態に関与した若年個体の記憶と意識を有していますが、自身はそれらとは独立した一実体であると見做しています。変態に続き、成熟個体は若年個体2体の名前から成るダブルネームを名乗るようになります。

SCP-3341の特異なライフサイクルのため、この種族は人語で“男子”、“女子”、“大人”と表される3種類の生物学的な性を持ちます。これにも拘らず、SCP-3341個体は全ての人間を(性別・ジェンダー・年齢に依らず)一様に“大人”だと見做します。これは人間の全体的容姿が典型的な成熟SCP-3341個体に似ていることに起因しています。

社会文化的グループに関係なく、SCP-3341個体は(SCP-3341-B1構成員を除く)ライフサイクルに基づく階級制度を忠実に守っています。若年SCP-3341個体は通常、軍事・製造・農業の分野で役割を果たします。成熟SCP-3341個体は通常、司祭・知識階級・外交官・共同体指導者の役割です。若年個体は衣服を身に付けませんが、成熟個体には全身を覆うことが可能な服を着用する傾向が見られます。

SCP-3341の様々な社会文化的グループの違いは、以下の実施要領で詳述するように、神話と社会政治的状況に基づいています。

SCP-3341-Aは、伝統的にサウジアラビア東部州およびリヤード州、オマーンのウスタ行政区およびドファール特別行政区、そしてアラブ首長国連邦アブダビに居住しているSCP-3341個体の社会文化的グループを指します。

SCP-3341-Aの創造神話において、この種族の伝説上の先祖2体は、人類に感心を抱くシック(Shiqq)という名のジンによって粘土から形成されたと述べられています。伝説上の先祖はシックに命じられてお互いの肉体を融合させ、シックはこの時点以降の創世神話では言及されなくなります。統合された先祖は自己判断で行動を始め、最終的には子孫を生んで種を繁殖させました。

1951年の大規模移住以前のSCP-3341-A共同体は、公的にはベドウィン族1であると見做されており、若年個体の自由な移動は夜間のみ許可されていました。SCP-3341-Aの遊牧民族的な慣習は、人間居住地との接触や疑惑を最小限に抑えることを意図していたと思われます。SCP-3341-Aを収容するための財団の取り組みによって、SCP-3341-Aの自由な移動における制限は減っています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。