SCP-337-JP
評価: +52+x

アイテム番号: SCP-337-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-337-JPは日本の青森県に存在し、その周囲を囲うようにサイト-8142が設置されています。奥深い森の中であるため一般人の流入は極わずかですが、常に全周囲を見張ることが出来るように警備員を配置し決して内部に立ち入ることのないように注意してください。SCP-337-JPに接続されたモニター郡は常に監視の対象でありビデオカメラによる録画を行ってください。特に興味を引く内容であった場合は即座にクリアランスレベル3以上の博士に報告されます。

説明: SCP-337-JPは青森県の████の森の奥深くに存在し、周囲に自生する一般的な樹木の特徴を持っています。しかしその枝は葉を付ける事は無く、花も種子も発生させません。対象は発見時、その枝に一般的にTV受信に使用されるチューナー内蔵モニターを多数吊り下げている状態でした。モニターには電源やアンテナコードなどは接続されていないにもかかわらず、常に正体不明の人物が映し出されています。人物は人種や使用言語などに一貫性は無く、全く無作為であると思われます。一部には不明の言語を話す人物、古代の衣装をしている人物なども含まれます。映しだされている人物は常に自分自身の状況や心情などついてレポートを行っており、一つのモニターは約2~40時間の間で別の人物に映像を変化させます。映像には背景は特に無い場合が多く、まれに映されていた場合でもそれがどこであるのか特定できていません。

████には全部で6体のSCP-337-JPが発見されており、一体のSCP-337-JPには11~20ほどのモニターが吊り下げられています。財団による調査が行われていますがモニターに映しだされている人物の詳細については全く成果が上がっておらずSCP-337-JP自体による創作、別世界線の人物である可能性などが議論されています。また彼らの語る内容も様々で、中には現実とは思えない異常な状態を紹介しているものも存在します。

以下はSCP-337-JPの放送を録音した記録です。
録音記録337-7-A15 - 日付████/██/██

対象: SCP-337-JP
放送内容: 対象は20代と思われるスーツ姿で黒人男性と思われる。言語はフランス語を使用。
[空が危険なものだと指定されたのはもう40年前の事さ。じいさんがよくその時の事を話してくれた。…そのせいで不眠症になったんだ。]
[それからは皆、このドームの中で暮らしているよ。僕はドームの空調技師として働いている。仕事は楽しいよ。]
[来月結婚するんだ。新居は思い切ってストラスブール地区の12号ルームにしようと思ってる。 今の収入なら問題ないはずだ。]
[彼女の父親は太陽光反射膜の製造を行ってる。名誉ある仕事だとは思うけど、やっぱり不安もあるはずだ。僕が支えてあげなくちゃ。]
[来月は2025年の█月だ 我らが兄弟の41年周年祭だ。そこで彼女にプロポーズするんだ。]

録音記録337-2-U58 - 日付████/██/██

対象: SCP-337-JP
放送内容: 対象は40代と思われる男性。放送は英語、フランス語、中国語、日本語に加えいくつかのラテン語系と思われる未知の言語で同時放送されている。男性は神父のカソックコートを着ていた。

[「ウエイン牧師の真珠の門株式王国へようこそ!ここは数あるフランチャイズ国家群の中で最も洗練され、最も多くの国民が満足しています!」]
[「先進的ハイテク技術と古代より続く精神思想の完全なる融合。それは物理的、精神的な安息と個人の改善とをお約束するものであります。」]
[「我々は民族、人種を問う事はありません。我々はたった一つの敬虔なる思想に集いし子羊達なのです。この安息の王国において、あなた達は完全な自身を見出す事でしょう。」]
[「ウエイン牧師の真珠の門では特に3つの原則を尊びます。すなわち、テクノロジーの賞賛! 効率的なエコロジー!隣人愛! です あえてこれらを支持しない人がいるのでしょうか?」]
[「革新的なテクノロジーと伝統的信仰の調和。世界トップレベルの優れた治安。我々は心からの安らぎとパワフルなサービスとを両立させる事ができます。」]
[「ウエイン牧師の真珠の門の国民パスを所持されていないのでしたら今すぐに! 我々の素晴らしさを体験する事ができる格安の短期国民パスもございます。」]
[「ドネートによりプリースト位階以上となられた方にはもれなく、安息の住居と特別製マターコンパイラーによるサービスを受ける事ができます。」]
[「さぁ!今すぐ積極的ドネートを行い、我が株式国家の株主国民となってください!」]

録音記録337-12-P12 - 日付████/██/██

対象: SCP-337-JP
放送内容: 対象は30代後半のアジア人女性。日本語を使用。
 
[母さんはすごく電話が長いの。いつも何時間も、耳に電話機の跡が残るくらい電話してるわ。でもこの間の電話は15分くらいで終わったの。]
[今日は短いのねって言ったら… こう言われたわ「間違い電話だったの。」]
5秒停止
[私の友達がすごくカッコイイ自転車に乗ってたから、その自転車どうしたの?って聞いてみたの。そしたら彼がね]
[「散歩していたら凄い美人がこの自転車に乗って僕の前まで来て服を脱ぎだして、好きにしていいわよって言うから自転車をもらったんだ。」って言うの。]
[彼には女装の趣味はなかったからね。]
5秒停止
[私のおじいさんが電気屋さんに行ったの、そして「カラーテレビはあるか?」そしたら店員はすぐさま「ええ、もちろんありますよ。」って]
[そしたらおじいさんは「黄色いやつをくれ。」って。]
5秒停止
[私の父さんは外国人のジョークで三回笑うの。一回目はジョークを聞いた時。二回目はジョークの説明を受けた時。三回目はジョークの意味がわかった時。]
5秒停止
いい加減にしてくれ、具合が悪くなってきた-███博士。

録音記録337-41-K52 - 日付████/██/██

対象: SCP-337-JP
放送内容: 対象はピエロに扮した男性。人種不明。
対象者は一時間の間、何もない部屋でずっとこちらを睨み続けている。

録音記録337-1-A1 - 日付████/██/██

対象: SCP-337-JP
放送内容: 対象はガスマスクと防護服に身を包んでいる。声の特徴から白人男性である事が特定されました。映像解析から防護服にSCP財団のマークを確認。
[世界はもう、俺達のものじゃ無くなった。創世記に逆戻りだ。自然は…次に何を支配者に選ぶのかは判らない、だがそれは人類ではないって事は確かだ。] 
[正直俺も、XKシナリオなんて起こるわけが無いってそう思っていた。人類はもっと強く、賢いって… だが現実はそうじゃない。俺達は間抜けだったんだ。]
[奴らをコンクリートの檻に閉じ込めて、それで収容したつもりになっていた。あの人形や、金属や、怪物や、ウイルスや、…俺達は何一つ収容できなかった。]
[俺達に選択権はもはや何もない。切れるカードは全て山の上だ。押せるスイッチも、引き金を弾ける武器も無い。残されたのはこれだけだ。]
対象者は奇妙な触手状に変形した腕を上げ、自らの首に巻きつかせました。その後対象者は[削除済]

拡張録音記録SCP-337-JP

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。