SCP-3391
評価: +5+x

アイテム番号: SCP-3391

オブジェクトクラス: Euclid/Thaumiel

特別収容プロトコル: SCP-3391はプロジェクト・ハブリスの現在の対象です。当該プロジェクトはO5評議会により直接審査され選抜された職員によってのみ監督され、実行されます。プロジェクト・ハブリスと現在の形態のSCP-3391に関係するすべての情報は倫理委員会、シトラ・アキュラ職員、および全ての要注意団体から秘匿されなくてはなりません。SCP-3391に割り当てられたスタッフは、サイオニック感受性を持つ人類の1%以下でなくてはならず、プロジェクト・ハブリスの完了までサイト-104に留まらなくてはなりません。

SCP-3391の反ミーム的およびサイオニック特性のため、市民がアノマリーに暴露するのを防ぐための特別収容プロトコルは必要ありません。サイト-104はスタッフを居住させ、アノマリーと接触するためのプラットホームとするために、アノマリー内部に建設されました。サイト-104はSCP-3391が財団及び現実に対し総体的に脅威を呈し始めた場合に、O5評議会の任意の2名により起爆される数点の爆破装置が設置されなくてはいけません。

SCP-3391に提示されるYK-クラス宇宙終焉シナリオのリスクはゼロではないため、アキヴァ放射とヒュームレベルは正確にアノマリー周囲の背景強度に保たれなくてはなりません。以前の実体の制圧を中心とした収容方法と実体のチャンバー内に職員を派遣したことは、ベールプロトコルの破綻、前述のYKシナリオといった多数の反発を招きました。SCP-3391の外的影響の受けやすさとサイオニック能力のため、実体に暴露されるスタッフは最小限に留めるべきです。

説明: SCP-3391は地中海内の、極めて強い反ミーム特性を発揮する直径≈200mの球状領域です。使用可能な最も強い記憶強化剤を用いても、職員が領域内を観察することは不可能と判明しました。被験者は、SCP-3391の特性を知っている場合でさえも、SCP-3391に向けて移動するように指示しても、無意識に避けようとします。しかしながら、被験者がアノマリーに入ると、アノマリー範囲内の領域を完全に認知するようになります。SCP-3391の影響範囲を出ると、その反ミーム特性は続行し、被影響者からアノマリーに関するすべての知識を消去します。

物質とエネルギーはSCP-3391を自由に出入りできるため、無線信号もそこから中継する事が可能です。SCP-3391内の人間は、その発言に反ミーム特性を帯びることなく、外部の人間と自由に通信可能ですが、SCP-3391から中継される視覚情報は主要なアノマリーそのままの能力を持ちます。

SCP-3391-1は大型の未分化の心組織の塊であり、SCP-3391現象の中心として働きます。地球の重力中心に相対して固定された位置にあり、移動、破壊は不可能です。

SCP-3391-1はクラス-V終末論的実体です。初期測定では結果が得られませんでしたが、内部ヒューム測定値は650-850であり、それにより強力な現実歪曲能力を持ちます。当該オブジェクトは同定可能な意識を持ちませんが、不明な条件下ではそれを発生させることがわかっています。それが意思と思考力を持つならば、その現実歪曲能力は著明に増大することが予想されています。

SCP-3391の初期の反復から回収された文書は、初期のSCP記事からは分離したページにアーカイブされています。プロジェクトとSCP-3391-1自体への関連性のため、それらはここに収録されています。


回収された文書の抜粋1: “Aleazu Ma’Limua"1

回収された文書の抜粋2: “夢の鍛造"6

回収された文書: SCP-3391から得られた日記。

この抜粋は「カルキスト・イアヘル」として知られる、詳細は不明ながらネオ-サーキックのリーダーであると自称し、おそらくはイタリアのコミュニティ出身の人物により書かれた日記です。当該コミュニティは現在は「失われて」8おり、その内部で彼は小さなカルトを創設していました。彼らの描写に合致する異常なグループ9が最も最近記録されたのは、世界オカルト連合とのトルコやギリシャでの衝突においてです。彼らがどのようにSCP-3391と関係するようになったのかは不明です。しかしながら、その現在の状態へ導く過程に、ある程度は関与していたと推測されています。日記の最初の日付は1985/07/13ですが、カルキスト・イアヘルはこの日記を書き始める前にある程度の年月を生きてきたと思われます。


SCP-3391-1は、これと他の終末論的実体を研究し、これらの影響に対処する方法を見つける進行中の試みであるプロジェクト・ハブリスの対象です。現在このアノマリーを動かし、影響し、相互作用する手段が存在しないため、財団の科学力がSCP-3391-1の研究からどれほどのものを得ることができるのかは不明です。

O5-1からの覚書:

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。