SCP-3435
評価: +12+x

アイテム番号: SCP-3435

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-3435は、保存用の乾燥装置を備え付けた不透明な気密ケース内に収容されます。SCP-3435の画像は認可された職員と被験者以外には配布されません。職員はSCP-3435に割り当てられる前にスクリーニング検査を受けなければいけません — 政治や芸術評論に関する背景を持つ人物は、自動的にSCP-3435やその画像を見ることが禁止されます。機動部隊ウプシロン-23(“芸術評論家”)は、PoI-0171(ギレルモ・グティエレス)、または彼の作品が目撃される可能性に備えてクラーク郡の美術品展示場を監視します。

説明: SCP-3435は、既知の異常芸術家アナーティストであるギレルモ・グティエレスによる、“もっと良い夢を見よう”Dream a Better Dreamと題された110cm×68cmの油彩画です。SCP-3435には2匹の実体が描かれています — 片方は、サイエンス・フィクションを連想させるサイバネティック装置とレーザー武器を装備した青い獣脚類恐竜です。もう一方は、とんがり帽子と多彩色のマントを着用し、長杖と魔術書らしきものを持った赤いヨーロッパ風のワイバーンです。SCP-3435を繰り返し鑑賞するとこれらの実体はしばしば相対的な位置を変化させますが、鑑賞者の大多数は2匹が物理的な戦闘状態にある様子を見ているようです。絵画の背景もまた鑑賞ごとに幅広く変化し、この現象は同一人物が複数回見た場合でも発生します。

SCP-3435は、対象またはその写真を見た人物の夢において主要な異常効果を発揮します。87%のケースで、鑑賞者の夢には絵画内の実体が散発的に出現するようになります。報告によると、SCP-3435-1と指定される夢の中の実体は影響者との意思疎通を試みます。SCP-3435-1は、SCP-3435を鑑賞してから不定期間が経過すると夢に出現しなくなります — この期間の長さは1~8夜の間で変化します。記憶処理によってSCP-3435を鑑賞した記憶を除去すると、夢の中におけるSCP-3435-1の存在を消去することが可能です。SCP-3435-1が関与する夢の共通テーマは、影響者の子供時代の要素です。

SCP-3435を社会政治的問題や紛争を描写したものと見做した場合、その鑑賞者は様々な重症度の片頭痛を経験します。鑑賞者が自らのSCP-3435の解釈を書き留めたり話したりした場合、胃痙攣・下痢・痔・便秘などの更なる副作用を被ります。

SCP-3435の化学的分析で、塗料からは過去に同定されていない幾つかの化合物が見つかりました。これらは色彩において重要な役割を担っていると考えられます。実験は進行中ですが、現在までの分析で知覚改変特性を帯びている様子は示されていません。

補遺3435-01: SCP-3435の初の除幕は、ネバダ州ラスベガスの現代美術センターで行われました。機動部隊ウプシロン-23はSCP-3435を取り巻く知覚ベースの異常に気付き、まず対象への警戒態勢を取りました。効果発現によって、絵画について議論していた数人の著名な芸術評論家が同時に嘔吐し、激しい片頭痛を起こした時点で、SCP-3435は異常であると確証されました。SCP-3435は成功裏に収容され、記憶処理の後、諸症状は生煮えだったオードブルによるものとするカバーストーリーが流布されました。

補遺3435-02: PoI-0171が、AWCY?、SCP-████、並びにSCP-████が関与した事案-████-9F92において捕縛されました。グティエレス氏は当該事件への関与を否定し、自分はAWCYの構成員ではないと主張しました。

SCP-3435の拡張実験を実施する許可を求めます。 - パラネズ博士

却下。あれから学ぶことはこれ以上ありません。実際問題として、当該異常存在とそれに関与したPoIに対する貴方の過剰な関与はプロフェッショナルらしからぬ行為の線を越えています。PoIがAWCYの活動に関する貴重な情報を提供していなければ、貴方は既に懲戒リストに名を連ねていたでしょう。ここで本当に大切な事とは何かを思い出してください。 - アコスタ人事管理官

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。