SCP-3457
rating: +5+x
crown

モンツァの大聖堂に展示されている、SCP-3457内で使用できるアーティファクトの1つであるロンバルディアの鉄王冠。

アイテム番号: SCP-3457

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-3457の継続的な収容は、ケルン協定の条件に従って、財団と世界オカルト連合の共同の努力により維持されています。SCP-3457の物理的構成要素の管理は連合に委ねられており、連合は最も適切と思われる方法で関連するすべてのアイテムを扱うことができます。財団は、SCP-3457の一部としてのこれらの物理的構成要素の使用に関するすべての情報を保護する責任があります。

これらの手順の整合性を維持し、いずれかの当事者によるSCP-3457の潜在的な乱用を防ぐために、双方の組織は、それぞれの対応および封じ込め手順の具体的な実装の詳細を互いに差し控える必要があります。積極的な封じ込め活動に関する運用上の詳細は、裁量により共有される場合があります。現在の財団の方針は、機動部隊がSCP-3457を封じ込める状態で配備されている場合、野戦中の偶発的な干渉の可能性を避けるために連合軍のオペレーターに警告することです。同様に、財団のフィールドエージェントは非番となり、合同オペレーターがSCP-3457の構成要素オブジェクトが応答していることを示した場合、それぞれの活動拠点に連絡して確認を求められます。

SCP-3457の実行方法に関する情報は、デジタルおよび物理ストレージメディアが混在する財団のアーカイブ施設に配布されています。このデータの完全なコピーを保持する施設はありません。SCP-3457の封じ込めに関与するサイトのリストはO5評議会および彼らによって承認されたL4人員のみに知られています。

説明: SCP-3457はGrade-אのオカルト的儀式を行うためのセットであり、同名の王との関係が疑われるため、一般的には「ソロモンの儀式」と呼ばれています。適切に実行されると、GR-クラス・敵対的デミウルゴスイベントが発生します。儀式を完了すると、奇跡論的能力の任意の再割り当てが可能になり、奇跡論の性質に根本的な変更が加えられ、使用者がオカルト能力の分布を完全に制御できるようになります。

SCP-3457を完了するには、2つの異なる動作を実行する必要があり、結果として奇跡論の性質を広範囲に制御できるデミウルゴスとして機能する神格的実体が作成されます。これには、宗教的または神話的に重要ないくつかのアーティファクトの使用が含まれます。この作業は、アーティファクト内に存在する神の力に対する集合的な人間の信念を利用します。そしてその後、新しく神格的実体として顕現します。1デミウルゴスの能力の正確な範囲は検証されていませんが、回収された文書には、奇跡論の使用方法とその効果を支配する基本法則を根本的に変更できることを示しています。

この作業で物理的構成要素として使用するためにオブジェクトを修飾する正確な基準は、世界オカルト連合のみが知っています。しかし、連合は、対象物の██%が彼らの管理下にあるか、メンバー組織のいずれかの管理下にあると報告しています。残りの██%はオブスクラ軍団2の残党、カオスインサージェンシーなどの犯罪組織、及び様々な宗教機関に分配されていると考えられています。さらに、少数の実行可能なアーティファクトが、連合と境界線イニチアシブの共同の囮捜査の一環として、世界中の博物館で公開展示し、これらのアーティファクトを使用してソロモンの儀式を実行しようとする個人を逮捕することを目的としています。

1881年より前は、既存のデミウルゴスが存在していたため、最初の作業の実行は不要でした。ただし、2番目の作業の完了もこの混乱によって防止されました。これは、人間の魔術師が儀式を実行するのを防ぐための防御策を講じたためです。回収された文書では、過去にSCP-3457を利用しようとするいくつかの試みを伝えていますが、そのすべてが、彼らの手によって完全に阻止されてきました。このデミウルゴスがSCP-3457の最初の儀式によって発生したのか、それとも元々奇跡論の性質に結びついた創発的実体であったのかは現在不明です。オブスクラ軍団の残党から得られた未検証の情報は、古代ヘブライの魔導師によって作成された可能性があることを示しています。ただし、この情報の出処を考慮すると、これは非常に疑わしく、信頼できるとは言えません。第六次オカルト大戦で未知の手段によるデミウルゴスの破壊の後、再びSCP-3457を使用することが可能になりました。3

儀式の2番目の作用は、デミウルゴスを制御するために使用され、奇跡論を自由に再構築できるメカニズムです。この作業を完了するには、「ソロモンの鍵」と呼ばれているSCP-3457-B1〜SCP-3457-B7に指定された7つのアーティファクトが必要です。これらのオブジェクトの正確な性質と場所は財団には知られていません。ただし、7つのアーティファクトはすべて連合の管理下にあると報告されています。作業を適切に完了すると、利用者はデミウルゴスを完全に制御できるようになり、奇跡論の基本を任意の変更を加えることができます。現在、これを防ぐための既知の対策はありません。

儀式の実行方法の詳細または SCP-3457の使用用途について、1944年にオブスクラ軍団の司令官であるコンラート・ヴァイスを捕らえた後、財団が所有するようになりました。この情報に基づいて、儀式の完了を防ぐことを目標に財団と連合国オカルトイニシアチブ4による共同作戦が開始されました。この儀式の途中に、オブスクラ軍団は、優れたゲルマン人種に対するイデオロギー的信念を実現するための努力の一環として、SCP-3457を使用して非ドイツ出身のすべての人から魔術能力を削除しようとしました。同時に、彼らは当時のドイツ政府に関連する組織のメンバー全員にオカルト能力を付与するつもりでした(最も顕著なのはオブスクラ軍団自身、SS、ナチス最高司令部)。財団とAOIの尽力により、このSCP-3457の使用の試みは中断され、オブスクラ軍団は敗走し、第七次オカルト大戦は終結しました。この戦いの後、財団とAOIはケルン協定に署名し、SCP-3457の現在の収容プロトコルを確立しました。
補遺 A: オペレーション・ブロークンイクリプスの予備プロジェクト計画。

財団の作戦提案書

作戦指定: ブロークンイクリプス
監視連絡先: ユリシーズ・マルコム博士
任務総括: エージェントマギーE.グラント


前文: SCP-3457の実行方法に関する知識は、広範囲に普及しているわけではありませんが、多くのオカルト組織と独立した魔術師によって保持されています。 この知識はSCP-3457の封じ込め対策の整合性を危険にさらし、さらにそれを実行しようとする試行のリスクを生み出します。SCP-3457の継続的な封じ込めを確実にし、第七次オカルト大戦の出来事の再発を防ぐために、世界中のオカルト集団からこの知識を取り除く必要があります。このため、2つの運用段階でこの目標を達成することを目的とした大規模な作戦が提案されています。

第1段階: 潜入エージェントは、SCP-3457に関する情報を保持している人物と文書を特定するために、主要なオカルト組織内に組み込まれます。世界オカルト連合のメンバーは、ケルン協定の条件の遵守を確保するために、財団に代わって独立監査人によってさらに検査されます。さらに、多くの個々の魔導師はSCP-3457の知識を持っていると考えられています(これについての完全なリストについては付録BOE-01を参照してください)。これらの人物は財団の監視下に置かれ、それが本当に正確かどうかを確認します。すべての潜入エージェントおよび関与する監査人は、この作業の終了後に記憶処理されます。

第1段階では、SCP-3457に関連するすべての情報保持者が特定されるという合理的な確実性が得られた時点で終了します。プロジェクトの監視者は、十分な確実性がいつ達成されたかを判断する責任があります。

第2段階: 第2段階の目標は、財団および世界オカルト連合の記録以外のSCP-3457に関するすべての知識を排除することです。第1段階で特定されたすべての関連記録はアーカイブおよび破棄され、SCP-3457に関連する情報を保有する個人は選択的記憶処理の対象となります。選択的記憶処理が失敗した場合、応答するエージェントは必要に応じて完全な記憶処理および/または即時終了を実行する権限があります。
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。