SCP-3470
評価: +9+x

アイテム番号: SCP-3470

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 解剖されたSCP-3470の卵と、まだ孵化していない3個のSCP-3470卵は、サイト-42で冷凍保存されています。機動部隊ラムダ-12(“媒介害獣除染隊”)は現在、シボラ国立森林公園の周辺エリアにて、引き続きSCP-3470が生息している兆候を監視しています。

説明: SCP-3470は積極的な擬態に依って人間を狩る捕食性生物です。具体的には、SCP-3470は運転席に1人の乗員がいる年代不明のフォード・アングリア105Eに似ています。SCP-3470の最も顕著な特性は運転手に関連します — フロントガラスは運転手の顔を不鮮明にするような形で永続的に曇っていますが、獲物を狩る際、SCP-3470は運転手の左手を車両の外に出してハンドサインを送ります。この掌には人間の目が2個埋め込まれており、通常の人間の目と同じように反応・活動しているように思われます。

SCP-3470は待ち伏せ型の捕食者と同じ手法で、夜間のみ狩りを行います。夜間のSCP-3470は縄張り内の道路を巡回して孤立状況にある車両を探します。獲物となり得る相手を発見すると、SCP-3470はその車両を追跡して追い越し、ハンドサインを送って強制的な減速・停車を促します。攻撃の直前、SCP-3470は手を回転させて、相手の運転手に掌が見える状態にします。しかしながら、SCP-3470の攻撃および消費の手段は未だ明らかになっていません。

SCP-3470の縄張りはニューメキシコ州シボラ国立森林公園の一部と重なっています。乗員が行方不明の、エンジンがかかったまま発見された車両に関する数多くの報告が纏められています。これらの報告は全て、同一のタイヤ痕と、行方不明者の車両近くにある木々に残された青い塗料の小片に言及していました。当該エリアの調査に派遣された2名の警察官が同じように姿を消しましたが、彼らは失踪時に他の警察官と無線連絡を交わしており、彼らによるSCP-3470の説明 — 特に運転手の手に関するもの — は財団の注意を引きました。

補遺: 調査および回収ログ

SCP-3470への標識付け成功に続き、ビーコンによって、対象はエリア内に生息する肉食動物のそれと一致する移動パターンに従っていることが示されました。加えて、SCP-3470は一貫して同じ地点に戻り、太陽が昇っている間はそこに留まっていることが注目されました。この場所は営巣地であると推定され、機動部隊ラムダ-12が調査のために派遣されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。