SCP-3477
評価: +27+x
haroldholt.jpg

オーストラリア首相だった頃のSCP-3477-0

アイテム番号: SCP-3477

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-3477個体は、各個体に適切な改良を施したサイト-72の標準的ヒト型異常存在収容室に個別収容されます。個体群には別な個体の存在を知らせても構いませんが、互いの接触は許可されません。

SCP-3477の各個体には、その個体に特化した特殊収容プロトコルが適用されます。各個体特有の収容に係る完全な詳細情報は文書-3477#1を参照してください。

説明: SCP-3477は、第17代オーストラリア首相ハロルド・ホルト(以下SCP-3477-0とする)を自称する異常なヒト型生物の集団です。SCP-3477-0は1967年12月、水泳中に失踪し、公式には死亡と推定されています。現在、34体のSCP-3477個体が財団に収容されています。

SCP-3477の各個体はそれぞれ異常性質が異なっていますが、全て肉体的にはSCP-3477-0に似ており、遺伝的に同一です。全ての個体はSCP-3477-0を名乗り、様々な手段を経て何らかの形で不死性を獲得した後、一般人からの疑惑を避けるために死を装ったと主張しています。SCP-3477個体はいずれも、財団工作員によって互いに引き合わせられない限り、他個体の存在を認識していません。

彼らの人生についてのSCP-3477の証言は、異常性質の獲得までは全て同一です。全ての個体は、死亡以前に如何なる代償を払ってでも不死になることに関心を持っており、それを達成しようと試みたと語りました。この時点で最初の分岐が生じます — 各SCP-3477個体は不死性を得るために異なる手段を用いています1

大多数のSCP-3477個体は別な人物から裏付けを取ることが可能な背景を持ちます2。多くの個体が互いに矛盾しているにも拘らず、各SCP-3477個体による証言は真実かつ正確であるように思われます。

SCP-3477個体群の心理プロフィールは極端なほどに類似しています。SCP-3477の精神状態の二重盲検臨床分析において、心理学者たちは、SCP-3477個体間には異常性質に関連しない相違点がほぼ無いと報告しています。しかしながら、SCP-3477は集団意識を有しておらず、互いに新しい情報を共有することはできません3

現時点では、SCP-3477-0が財団に現在収容されているSCP-3477個体群の中に存在するか否かは不明です。どの個体がSCP-3477-0なのか、全てのSCP-3477個体が本物のSCP-3477-0なのか、SCP-3477-0と呼べる個体が1体しかいないのか否かを断定する手段はありません。

補遺3477.1 - 特筆に値するSCP-3477個体の表

補遺3477.2 - 回収時インタビュー

補遺3477.3 - グループテスト

補遺3477.4 - 近況

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。