SCP-348
評価: +12+x
348.jpg
麺の入ったスープで満たされたSCP-348

アイテム番号: SCP-348

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-348は保管サイト-19の標準ロッカーにて保管します。SCP-348を使用して実験を行う場合、レベル3以上の職員の許可、および被験者の詳細なリストを提出してください。

説明: SCP-348は、直径およそ20cm・高さ9cmの白い陶器製のボウルで淡い水色の花模様が描かれています。制作者を示す表示はありませんが、ボウルの側面には”あなたのことを思っています”を意味する漢字(想着你)が刻まれていることが認められます。

軽微な病気や怪我(軽い咳、鼻水、擦り傷など)が認められる被験者と対峙した場合、SCP-348は自身をスープで満たします。スープに含まれる具材は多彩ですが、若い被験者(4歳から18歳までの男女)による実験において被験者は一貫して次のように述べています。SCP-348のスープは好ましい食べ物であること。被験者の父母が作った料理を思い出させるということ。制止されないかぎり、被験者はSCP-348により生成されたスープを完食します。

SCP-348のスープを食べた未成年者は多くの場合満足感を示し、一人で食べているにもかかわらず孤独を感じないと述べています。

補遺 SCP-348-1: SCP-348は█████、█████████在住の児童についての噂をきっかけに回収されました。当該の児童は病気や怪我に対して著しい回復能力を示したため、財団の注意をひきました。調査により、当該児童が屋根裏部屋で最初にSCP-348を発見したこと、その後児童の両親から十分な関心を受けられなくなったためSCP-348に依存するようになったことが明らかになりました。児童の両親(父母ともにフルタイムの労働者)は子供との関係についてコメントすることを拒否しています。

そこで、新しく発売される食品の成功を占うテストに偽装して、公立学校に通う未成年者を対象に実験が行われました。

補遺 SCP-348-2: 本実験では、SCP-348によって生成されたスープが消費されると、しばしばボウルの内側にメッセージが出現することが観察されました。メッセージはボウルの模様と調和するデザインで表現され、陶器にプリントされているように見えます。メッセージはスープを消費した人物が最も慣れ親しんだ言語で表示されます。数時間ののち(またはSCP-348が次のスープを生成する時)、メッセージは消失します。

実験記録 SCP-348-1323-█

被験者:8歳女児、喉の痛みを感じる
家庭背景:両親と同居、家族関係は良好
結果:30分でスープを完食。食後、喉の痛みがなくなったと述べた

被験者:10歳男児、軽い打撲傷が見られる(自転車に乗った際の怪我)
家庭背景:両親と同居、しばしば言い争いをする
結果:メッセージ。”ちゃんと毎日歯を磨くんだぞ

被験者:11歳男児、軽い風邪の症状が見られる
家庭背景:養父母と同居
結果:メッセージ。”あなたが幸せで嬉しい

被験者:9歳女児、軽い風邪の症状が見られる
家庭背景:両親と同居、両親はかんしゃく持ちの傾向があるとされた
結果:実験中および実験直後に変化は見られず。被験者はスープを特に好んでいる様子ではなかったが、食後おかわりを要求した。その後の継続調査では、被験者は風邪の症状から通常想定されるより早く回復している

被験者:6歳男児、軽い擦り傷が見られる(友達と遊んだ際の怪我)
家庭背景:両親は離婚しており、現在は母親と同居
結果:メッセージ。”坊や、すまなかった

被験者:7歳女児、咳をしている
家庭背景:母親、祖母と同居、父親は交通事故により死亡している
結果:メッセージ。”君を愛しているよ”

補遺 SCP-348-3: 本実験では、18歳以上の被験者がSCP-348が生成したスープを食べる場合、被験者はスープを完食しない傾向にあることが明らかになりました。被験者の一部は「なんとなく物足りない」と訴え、多くの被験者は「何の変哲も無い」スープだったとだけ述べました。

18歳以上の被験者を対象とした追加の実験を行った結果、一部の被験者においてSCP-348はメッセージを表示しましたが、その内容は色あせた、疲れた印象をあたえるものでした(詳細は実験記録を参照してください)。

実験記録 SCP-348-2635-█

注記: 100人以上の被験者で実験、SCP-348のメッセージを受け取ったのは5名のみ。

被験者:30歳女性、頭痛を訴える
家庭背景:両親との関係は希薄。父親からの職業訓練に関する援助を拒否し、現在一人暮らし
結果:メッセージ。”どうして?

被験者:35歳男性、咳をしている
家庭背景:両親は離婚、父親と継母を月に1回訪問している。実母には会っておらず、これは彼女の要望である
結果:メッセージ。”これから良くなるさ

被験者:40歳女性、喉の痛みを訴える
家庭背景:独立後は父母のいずれとも疎遠になったが、仕送りを続け、両親の入居する高齢者住宅を手配した。父親は最近死去
結果:被験者は最初スープを苦いと訴えたが、完食した。メッセージ。”ありがとう

被験者:40歳男性、軽度の腰痛を患う
家庭背景:父親はおよそ1年前に殺害された
結果:被験者はスープを口にした直後食べるのをやめ、スープの味に付いて不満を述べた。その後被験者は軽度の腹痛を訴えている。SCP-348の内容物を廃棄。直後、SCP-348は塩水と見られる液体で満たされた。3時間後、内容物は消失

被験者:45歳男性、関節炎による痛みを訴える
家庭背景:幸せな結婚。妻、子供と同居。週に一回、家族とともに父親を訪ねている。母親はすでに死去
結果:メッセージ。”お前を誇りに思っているよ

実験で広範囲におよぶデータが収集されたにもかかわらず、SCP-348が表したメッセージが実際に被験者の父親から来ているのか、それともSCP-348自身の創作によるものなのかは明らかになっていません。

補遺 SCP-348-4: SCP-348を使用した実験は、末期の病気を患う60歳の男性に対しても行われました。被験者と彼の孫達は、SCP-348の生成するスープを「彼が食べたもののうち、最も素晴らしいもの」と評しました。実験の後、被験者は「満ち足りた気分」だと述べ、病気による苦痛がやわらいだとも述べました。実験の一週間後、被験者は死去しました。その最後は安らかでした。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。