SCP-349-JP
評価: +26+x

アイテム番号: SCP-349-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-349-JPはケースに収納した状態でパスワード付きのロッカーに収容されます。SCP-349-JPを取り出す場合はトングやロボットアームなどを使用し、決して手で触れないようにしてください。SCP-349-JPの異常性は素手だけでなく手袋越しや義手で触れた場合も発現することに注意してください。
SCP-349-JPの実験を行う場合、レベル2以上のセキュリティクリアランスを持つ職員の許可が必要です。実験時には被験者を終了させる場合を除き、SCP-349-JPを即座に取り上げられるように担当職員は被験者の近くで待機し、取り上げる際はトングを使用する、被験者の手から叩き落とす等、手で触れないように行ってください。

説明: SCP-349-JPは一般的な形状をした、長さ7cm×幅1.5cm×高さ1.8cm、重さ約40gのヒト用の爪切りです。材質は約90%がステンレスによるもので、残る10%はヒトの歯を加工したものであることが判明しています。SCP-349-JPは通常、一般的な爪切りとの機能的な差異はまったく見られませんが、後述する異常性の発現中においては、金属製の義手や人工臓器であっても切り取ることが可能です。

SCP-349-JPを手に取った人物(以下、被験者と表記)1の腕は自律的に動き出し、SCP-349-JPを用いて被験者の爪を切り始めますが、爪だけでなく指から腕または足、最終的にSCP-349-JPを手に取った腕以外の全身を切り取ろうとし2、被験者はこれらの行動を自覚していないように思われます。また被験者自身やSCP-349-JPによって切り取った被験者の身体の破片は出血を起こさず、さらに被験者の脳や心臓が切り取られても被験者は問題なく生存を続けているように振る舞い、また口や喉が切り取られても口が存在していた場所から被験者の声が発せられます。この状態の被験者は外部からの物理的な干渉に抵抗を見せないため、SCP-349-JPは簡単に取り上げることが可能です。
以上のSCP-349-JPによる影響は、SCP-349-JPを手に取った腕以外の全身が切り取られるか、SCP-349-JPが被験者の手から離れるまで持続します。影響が解除された被験者は出血や痛みを自覚し、重要な器官が切り取られていた場合は死亡します。

SCP-349-JPは201█/█/██、埼玉県██町のアパートで、部屋が血まみれになっていると大家から通報を受けた警察が発見し、現場の異常性から財団の調査チームが派遣、財団職員三名が指や腕を失う怪我を負ったことでSCP-349-JPの異常性が発覚、その回収と関係者や近隣住民への記憶処理が行われました。発見時、部屋中に血液や筋肉、骨などの人体を構成する部位が細かく千切れて散乱しており、SCP-349-JPを手に持った男性の右腕のみが存在していました。DNA鑑定の結果、この男性の右腕はこの部屋を借りていた大学生であったと判明しています。男性はSCP-349-JPをインターネット通販サイト「██████.co.jp」で購入したとみられ、現在SCP-349-JPの出品者である██ ██氏の身元を調査中です。追記を参照してください。

補遺: SCP-349-JP実験記録抜粋

実験記録349-JP-9 - 日付 201█/██/██

対象: D-34612。これまでのSCP-349-JP実験により両手両足が義肢となっています。実験の記憶は処置済みで、事故で義肢になったという偽装記憶を与えています。

実施方法: これまでの実験により手袋や義手であっても異常性が発現することが確認されており、両手が義手の場合や手に爪が無い場合でも異常性が発現することが判明しています。今回の実験では両手足が存在しない場合に異常性が発現するか、どのように発現するか実験します。また今回は途中でSCP-349-JPを被験者から取り上げず、最終的な経過を観察します。

<映像記録349-JP-9 再生開始>

氷鉋研究員: ではD-34612、あなたの前にあるケースを開けてください。

D-34612: (右手以外の義肢を外した状態で椅子に座り、机に向かっている)これか? どうやって開けるんだこれ。……あ、こうか。なにこれ、爪切り?
???: まぶしい
氷鉋研究員: はい。ではそれを持ってみてください。

D-34612: わかった。これでいいのか?(SCP-349-JPを右手で持ち、刃を左手首の断面に当てる) 
???: おなかすいた いただきます
氷鉋研究員: そうです。何か違和感はありますか?

D-34612: (SCP-349-JPを使用し、左手を切り取り始める)違和感っていっても……いや、どう見ても普通の爪切りにしか見えないんだけど。
???: むしゃむしゃ がりがり むしゃむしゃ
氷鉋研究員: そうですか。ではそれを元のケースに戻してください。

D-34612: 戻したぞ。(SCP-349-JPで左腕を切り取り続けている)
???: たりない いくらたべても たりない
氷鉋研究員: 蓋は閉じましたか?

D-34612: おっと。これでいいか?(ケースは開いた状態で放置されている)
???: たりない いくらたべても みたされない
氷鉋研究員: ……確かに。では一時間ほど待機していてください。何か違和感などを感じたら呼んでくださいね。

D-34612: なんだよ、実験ってのはまだ続くのか?
???: がりがり むしゃむしゃ がりごり
氷鉋研究員: ええ。あ、昼食を用意してますのでどうぞ。

(ナポリタンの食品サンプルを机に置く)

D-34612: (食品サンプルの方に一瞬だけ目を向けて)お、パスタか。ありがたいね、ここの食事は味気ないものばっかりだったからな。
???: おなかすいたよ いくらたべても すきっぱなし
氷鉋研究員: お味はいかがでしょうか?

D-34612: (ナポリタンの食品サンプルには触れておらず、SCP-349-JPを使用し続けている)ああ、いや、久し振りだからかな。なかなか美味いよ。ただ、片手だからちょっと食べにくいかな。
???: つめ おいしくない
氷鉋研究員: なるほど。ところでそのナポリタン、実はただの食品サンプルなんです。

D-34612: へぇ、どうりで美味いわけだ。なぁ、Dクラスは食堂は使えないのかい?
???: ぱぱ どうして ぱぱ ゆるして
氷鉋研究員: なんですって?

D-34612: なんだよ、どうした?
???: ぼく どうして つめしかたべられない
氷鉋研究員: いえ、ですからそれ、食品サンプルなんです、触ればわかると思いますが。食堂なんて一言も言ってません。

D-34612: チッ、そうかよ。なぁなぁ、Cクラスに上がる方法ってないの? こういうメシ毎日食えるんなら、オレ、なんだってやるぜ。で、何が足りないんだ?
???: おなかいっぱいって なに?
氷鉋研究員: すいません、なんの話ですか?

D-34612: は? いや、なんの話って、なにが?
???: ここからだして おなかがすいたの
氷鉋研究員: ですから、食堂やCクラスというのはどこから出てきたんですか?

D-34612: なんだよ、それなら早く言えよ。よっしゃ、なぁ研究員さんよ、オレ明日から頑張るぜ。
???: たりない いくらたべても たりない
氷鉋研究員: ……何をですか?

D-34612: で、実験ってのはまだ続くのか?
???: ぜんぜん たりないよ ぱぱ
(約三十分後、D-34612のSCP-349-JPを持つ腕以外の全身を切り取り終えて腕が停止、実験室内にD-34612の血液と破片が散乱する。D-34612の腕とSCP-349-JPが床に落ちる)
???: ごちそうさま おなかすいた
<再生終了>

分析: SCP-349-JPはまず爪から切り取り始めますが、爪が無くても被験者の身体を切り取ろうとするようです。興味深いことに、D-34612は自身の腕を切り取っている間、差し出されたナポリタンが食品サンプルであったにも関わらず自分がそれを食べていると認識し、氷鉋研究員との会話はまったく違う内容として聞き取っていたようです。SCP-349-JPは被験者に対し違和感を感じさせないように認識を改変させると考えられます。

201█/██/██ 追記: SCP-349-JPの出品者とされる██ ██と同じ名前の少年(█歳)が、200█/█/██に栄養失調で死亡していることが判明しました。少年の父親は当時行方不明でしたが、[データ削除]。██ ██の遺体が発見された場所とSCP-349-JP出品者の██████.co.jpアカウントの住所が一致しており、何らかの関係があると考えられます。

20██/█/█ 追記: SCP-349-JPを収容しているロッカーの内側に、金属で削るような形で書かれた文章が発見されました。以前の定期収容確認では存在せず、不審な物音も発生していないため、これらの文章がいつ、どのように発生したかは不明です。文章は以下のようなものです。               

          お な か す い た よ ぱ ぱ た べ さ せ て

この事件後、SCP-349-JPは別のロッカーに再収容された上で監視が強化されましたが、今のところ同様の事件は発生していません。SCP-349-JPのオブジェクトクラス変更、および特別収容プロトコルの改訂については審議中です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。