SCP-3514
評価: +5+x
chaldiran-sm.jpg

あるSCP-3514-1事象を表す17世紀の絵画。1

アイテム番号: SCP-3514

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 1973/12/22現在、SCP-3514はイスラム・アーティファクト開発事務局(ORIA)の管理下にあります。このため、SCP-3514へのアクセスや収容は現時点では実現不可能です。当該異常存在の脅威度の低さや、異常存在を一般社会から隠蔽し続ける能力をORIAが有しているように思われることから、SCP-3514の管理権奪回は低優先度と見做されています。

説明: SCP-3514はイラン北西部にある、16世紀にチャルディラーンの戦いが起こった場所と一致する2km2の領域です。SCP-3514の主要な異常性質は毎日██:██頃になると活性化し、██:██まで継続します — これは戦いが行われていた時刻と一致しています。この活性化を以下でSCP-3514-1事象とします。

SCP-3514-1事象は、実際の戦いの開始時点における両軍と一致すると思しき形式に配置された、戦闘に臨む兵士の姿をした無形実体群の出現によって始まります。これらの兵士を以下でSCP-3514-2個体とします。SCP-3514-2実体群は戦闘を行い、チャルディラーンの戦いの変形版らしき展開を再現します。兵士たちはお互いに物理的交流が可能ですが、外部由来の刺激には気付いていないか、もしくは反応する意思を見せません。

この設定にも拘らず、戦いの展開は各SCP-3514-1事象ごとに変化します。幾つかのSCP-3514-1事象は実際の戦いの流れに密接に従いますが、またある時にはシャー・イスマーイール1世3の死亡からオスマン帝国の完全敗北まで大幅に異なる様々な結果が発生しています。時折、SCP-3514-2個体群の中には超自然または神話上の人物が姿を表します — 例として、アリーフサインといったシーア派の尊崇対象者、ロスタムやゴルダーファリードやザールなど“シャー・ナーメ”4の登場人物が挙げられます。SCP-3514-1事象の終了時、全てのSCP-3514-2個体は唐突に消失します。

SCP-3514-1事象における注目すべき相違点の例が幾つか、以下に詳述されています。このうち、最初の3回は音声や映像を記録する実用的な装置の開発前に起こった出来事であり、また当時の報告書は観察において現代の報告書に見られるものと同一の厳格さを必ずしも有していないことに留意してください。

日付 発生した相違
1886/09/18 最初に観察されたサファヴィー朝軍の勝利であり、歴史上の戦闘からの大きな逸脱が最初に観測された事例でもある。イスマーイールの軍は、オスマン帝国軍が鎖で繋いだ大砲を中央に配置する前に攻撃を仕掛け、横隊を突破してセリム1世を殺害した5
1888/06/20 オスマン帝国軍の勝利であり、イスマーイール1世の姿をしたSCP-3514-2個体の殺害が観察された最初の事例。オスマン帝国軍横隊への突撃中に、オスマン帝国軍の銃弾がイスマーイール1世の“頭部ないし首の辺り”に命中し、彼のほぼ即座の死とサファヴィー朝軍の完敗を引き起こした。
1913/04/01 観察を担当した研究者らの言葉によれば、“巨大な一天体”が戦場の上空に出現。このオブジェクトから、1体の“非常に長身で体格の良い”SCP-3514-2個体が降臨した。全てのサファヴィー朝兵士は当該個体の前に平伏し、繰り返し“アリー”という名を詠唱した。問題のSCP-3514-2個体は続けて、全てのオスマン帝国兵士を“破壊”した。その後のSCP-3514-1事象の大半は、サファヴィー朝兵士の一部と“アリー”個体による“熱狂的かつ贅沢な祝宴”で占められた。事象終了の1時間前に“アリー”個体は突然消失し、サファヴィー朝兵士らは泣いて地面を叩きながら事象の残り時間を過ごした。
1937/08/23 戦闘が発生しなかった最初の観察例。代わりにサファヴィー朝兵士の姿をしたSCP-3514-2個体群のみが出現し、イスマーイール1世に対応するSCP-3514-2個体に繰り返し攻撃を加えて致命傷を負わせていた。イスマーイール個体は激痛に苦しむ様子を見せたが、負傷によって死亡することが無かった。兵士たちは繰り返し攻撃を加えつつ「偽ムルシッド6め!」という言葉を唱えていたと伝えられる。
1965/11/17 戦闘が発生しなかった二度目の観測例。兵士の代わりに、イスファハーン陥落以前のサファヴィー朝における9人のシャーの姿をしたSCP-3514-2個体群が出現した。これらの個体は全てSCP-3514-1事象の期間を通して発話を継続し、生前の失敗と見做されている出来事の弁明をしているように思われた。大半のSCP-3514-2個体はごく普通の涙を流し続けていたが、イスマーイール1世、サフィー1世、アッバース2世、スレイマン1世に対応するSCP-3514-2個体は涙の代わりに赤ワインを流しているように見受けられた7

SCP-3514-3はシャー・イスマーイール1世を自称する人間の姿をした無形実体です。SCP-3514-3は赤い髪と乱れた髭を特徴とする30代半ばの男性の容姿であり、通常は痛んだ絹のローブを着用しています。この実体は、SCP-3514-1事象の一部として出現するシャー・イスマーイール1世似のSCP-3514-2個体とは別の存在です。対象はSCP-3514-1事象の外部に存在することに加えて、外的な刺激への認識能力を実証していることから別個に分類されています。SCP-3514-3との対話は困難です — 対象は往々にして支離滅裂で断片的な発言を行い、意識明瞭な状態になるのは極稀です。

SCP-3514-3はSCP-3514-1事象の創造者かつ制御者であると主張しています。これは確証されていませんが、SCP-3514-3は時折、将来的なSCP-3514-1事象を認識している事を示す発言をします。SCP-3514-3は通常16世紀のアゼリ方言で話しますが、ファルシ語とギラキ語を理解し、少なくとも幾らかは古典アラビア語の知識を有しているようです。SCP-3514-3は、SCP-3514-1事象を眺望することが可能な████████の丘の頂上に出現します。通常SCP-3514-3は座っていますが、時にはすぐ近くの領域を歩き回っています。

SCP-3514は1886年、ガージャール朝政府からの収容支援要請を受けた際に初めて財団の知るところとなりました。SCP-3514-3の証言を基に、SCP-3514は16世紀初頭におけるシャー・イスマーイール1世の死後の何処かの時点で創造されたものと見られています。

1973/12/22、イスラム・アーティファクト開発事務局(ORIA)はSCP-3514の存在を認知し、速やかにその収容に移りました。これはORIAが行ったサイト-██侵攻に際して文書が盗難されたことによるものです。イランにおける財団の影響力はごく限られているため、当該異常存在をORIAに対して保持し続ける事は実現不可能と見做され、財団はORIAの要請を受けて何事も無く撤退しました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。