SCP-353-KO
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-353-KO

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-353-KOの発生が確認されたならば、現場に財団職員が出動して収拾します。SCP-353-KOの手紙に書かれた加害者の身柄は直ちに確保します。確保した加害者が犯人だという証拠が発見された場合、裁判所に引き渡して裁判を受けさせるようにします。回収した手紙は低危険度保管所に保管します。 機動部隊シグマ-2("考える名探偵")にはSCP-353-KOの収容に必要な権限が付与されています。各国の協力を得て、SCP-353-KOが出現そた時にすべての司法機関は、大衆に知られないように隠蔽した後、シグマ-2にすべての権限を委任します。シグマ-2の隊員たちは死体と手紙、加害者の身柄を確保しなければならず、この過程は密かに進行しなければなりません。確保した加害者は保護エリア-██に移送します。確保した手紙は高危険度物体として扱われ、内容の変更がないか常に監視しなければなりません。手紙の内容が変われば、IK-2クラス事件が発生したものと見なし、直ちに上部に知らせなければなりません。その後、保護している加害者にAクラス記憶処理を施し、加害者を利用した「偽犯人」シナリオを通じて市民の不信を静めなければなりません。もし失敗した場合、該当国家を対象にAクラス記憶処理を施した後、周辺諸国にデマを流布して事件を収拾します。

説明: SCP-353-KOは、英国のロンドンにて一連の過程を介して発生する殺人事件であり、主に人影が少ない郊外で発生します。SCP-353-KOの発生過程は、路上や物体に一通の手紙が設置されていることから始まります。SCP-353-KOに関連する手紙は、すべて次のような内容の文章が書かれています。

(加害者の名前)1は明け方になって暗く、人通りの少ない街を歩いている。加害者は理性的でありながら、一方では隠すことができない興奮に身が震えた。今日こそ自分の欲望を満たす、最高の犠牲を目前にしているからだ。狙っている(被害者の名前)2は自分がどれほど大きな危険に晒されているのか夢にも思わないまま、ただ無防備に道を歩いているだけだ。その姿があまりにも可笑しかったので笑いが出るところだった加害者は密かに、そして迅速に被害者との距離を縮めた。(中略)少し前まで生きていた人間が屠畜されたブタと変わらない肉の塊と化した様子は本当に感動的で美しい芸術そのものだった。加害者はしばらくその場に立って満足な姿で、自分が彫刻して手入れした最高の芸術作品を鑑賞した後、その場を去った。

手紙の材質は一般的な紙と変わらないものと見られますが、書かれている内容を消す、または付け加えようとする試みは失敗しました。手紙が置かれた翌日の明け方になれば、本格的にSCP-353-KOの効果が現れます。この時、手紙が置かれた場所に手紙に書かれていた被害者が突然現れます。被害者が物理的にその場所に行けない状況であっても、明け方になれば該当場所に出現します。現れた被害者は外部刺激に反応せず、如何なる動きも見せないまま、じっと立っています。しばらくして、被害者の腹部が鋭い物体に切られたように割れ、内部の様々な臓器が解体されて外へ排出されます。この過程が進行する中で被害者は何の抵抗もせず、死亡します3

被害者が死亡して3日が過ぎると、手紙に書かれていた加害者が被害者を殺害したことを示す証拠が発見されます。被害者が不明な要因によって死亡したことが確実であるにも関わらず、加害者の血痕、指紋、その他の証拠が被害者が死亡した場所に多量検出されます。加害者はこの事実を否定しますが、この状態で一週間が経つと一般的な殺害動機(財産、恨みなど)を提示し、自分の犯行を認めます。

この過程を分析した財団は、SCP-353-KOの特性は殺人事件の因果関係を覆すものと判断しました。つまり、殺人が先に発生した後に犯人が存在するようになり、その次に犯人が被害者を殺害した理由が一足遅れて存在する、という順序で因果関係が覆されたと見られます。実際、手紙と異常な被害者の死を除いた結果だけを見れば、SCP-353-KOは一般的な殺人事件と区別出来る点はありません。この特性により、SCP-353-KOに関連した加害者らに記憶処理、情報操作は不要です。法廷に加害者を引き渡し、被害者がその過程が民間に露出されないように収拾する最小限の活動のみに必要な収容プロトコルを確立しました。

上述の措置は「SCP-353-KO-α事件」後、完全に崩れました。SCP-353-KOのオブジェクトクラスを上方修正し、収容プロトコルを改訂します。

補遺:
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。