SCP-356-TH-EX
評価: +3+x
356ex.jpg

2012/██/██に撮影されたSCP-356-TH-EXの画像

アイテム番号: SCP-356-TH-EX

オブジェクトクラス: Safe Explained

特別収容プロトコル: ありません。

2010/██/██改定: SCP-356-TH-EXの出現がエリア内部の発信力のある組織によって一般社会に暴露される危険があるため、いかなる場合でも財団職員は██████████████でSCP-356-TH-EXを監視します。これは結果として財団の安定につながります。

説明: SCP-356-TH-EXは[編集済み]川から発生する不明な発光現象です。その正体は不可視である数百、数千の赤子です。その殆どは毎年11月15日に██████████████で発生しています。そしてこの地域はこれを鑑賞する人々によって埋め尽くされます。調査は全て中止されています。

SCP-356-TH-EXは水の表面から上空1-30m地点に発生し、5-10秒で50-150mまで上昇、その後空中に霧散します。その外見は花火とは異なります。

SCP-356-TH-EXの影響は明確ではありません。しかし、人間及び自然環境、信条に影響はありません。長年にわたってSCP-356-TH-EXが出現していることが確認されています。また現代になるにつれて規模が大きくなっており、発生数も増加傾向にあることがわかっています。

追記: █████████ ████からリークされた文章

皆さん。皆さんは上昇していくこれを何と見るでしょうか。それは私たちの輝かしい未来でしょう。遠い昔、オークションにて安価で買い戻すため、私たちは他の要注意団体とこのオブジェクトについて争わなければなりませんでした。それは私たちを苦しめました。これには私たち人間への害はなく、収容する価値のないものでした。しかしこれは私たちの活動の継続に役立ちました。人々はあらゆる場所からこれを見ることを楽しみにそこへ向かい、そして彼らは金銭を所持して行くでしょう。それによって[編集済み]の中で影響力のある組織になると私は信じています。SCPオブジェクトでさえあえて私たちと共に歩むことはないでしょう。

- █████████

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。