SCP-3560
評価: +4+x
forest.jpg

SCP-3560の内部。

アイテム番号: SCP-3560

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 既存の財団収容サイトと近接している関係上、SCP-3560は現在サイト-64のスタッフによって収容されています。SCP-3560に繋がる全ての道は、深刻な地滑りのカバーストーリーの下に公共アクセスから遮断されます。SCP-3560の所在地にアクセスしようとする民間人は、ポートランド公園管理者を装った保安職員が拘留します。拘留した民間人へのクラスA記憶処理が承認されています。

説明: SCP-3560は、オレゴン州ポートランドのフォレスト・パークにあるクラス3の次元間ポータルです。ポータル自体は垂直に立っている白い霧で構成された楕円形に似ており、長軸の長さは約1mです。どちらかの面からSCP-3560に接近した物理的オブジェクトは内部に侵入できます。

SCP-3560の内部空間はモノクロームの温帯林です。SCP-3560の内部にある植物は生物学的素材でできていますが、非異常性の植物に典型的な細胞プロセスを受けません。SCP-3560内は全体的に恒久的な霧で覆われているため、視認性は約40mの範囲に制限されています。明白な光源が無いにも拘らず、SCP-3560内は約3ルクスの一定照度で照らされています。SCP-3560内部空間の規模は現在不明であり、探索の試みにおいて境界線は発見されていません。

SCP-3560の内部には、アンダーソン・ロボティクス社の製造モデルに類似する複数のオートマトンが、様々な破損状態1で生息しています(以下、これらの実体をSCP-3560-1とする)。SCP-3560-1は生きた人間、とりわけ財団職員に対しては敵対的であり、SCP-3560内での破壊は不可能だと確認されています。SCP-3560-1実例を捕獲してSCP-3560から除去する試みは、全ての実例が無形存在であり、SCP-3560内から出ると即座に消失するために成功していません。

SCP-3560の内部探索が現在進行中です。 SCP-3560の内部探索は無期限に中止されます。

補遺3560-A: 探査ログ3560-3

補遺3560-B: インタビュー3560-1

補遺3560-C: 事案3560-4

2027/12/3、追加4ヶ所のSCP-3560が — 2ヶ所はサイト-64の職員寮内に、他2ヶ所は異常事件課のスリー・ポートランド本部内に — 形成され、ポータルは総計8ヶ所になりました。この後、SCP-3560-1実例群がレベル4霊体となってSCP-3560内を退出し、UIUとサイト-64の職員を合わせて12名拉致しました2

ホフマン携帯型電気奇跡論ユニット3の使用は、これらSCP-3560-1実例の除霊に効果的であることが証明されました。追加のSCP-3560ポータルを閉じる手段の調査は現在進行中です。

SCP-3560に侵入して拉致された職員らを救助する試みは、現在まで限られた成功しか収めていません。12名の拉致被害者のうち4名の遺体が様々な損壊状態でSCP-3560内から回収されています。

職員名 現在の地位 過去の地位 回収状況
デボラ・スティーヴンズ 財団: AIADプログラマー アンダーソン・ロボティクス先進論理部門 アラミド繊維で木から吊り下げられた状態で発見。対象の身体からは複数の肉片が除去されているように見受けられた。
チャールズ・フリーマン 財団: 超常工学開発担当 アンダーソン・ロボティクス研究開発担当 空き地で発見。対象は失血死していた4
アラヴ・ジンダル UIU: 監視専門員 アンダーソン・ロボティクス研究開発担当 1kmにわたってばら撒かれた状態で発見。
タナカ・マリ UIU: 広報 アンダーソン・ロボティクス渉外担当 SCP-3560の入口に隣接した場所で発見。対象は皮膚を剥がれており、その正体はアンダーソン・ロボティクスのセイカー・アンドロイドだったことが判明した。内部AIが著しく破損していたため、対象は応答しなかった。

回収された人物は全員、中心をギザギザの線が走っているハートマークが、アラミド繊維で背中に縫い込まれていました。他の拉致された職員を発見する試みは進行中です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。