SCP-359-JP
評価: +34+x
SCP-359-JP-a.jpg

SCP-359-JPが発見された廃棄駅内部の様子。

アイテム番号:SCP-359-JP

オブジェクトクラス:Euclid

特別収容プロトコル:対象は特殊生物飼育ユニット内にて収容されます。ユニット内は常に湿度90%以上を保ち、照明類は最低限にしておく必要があります。赤外線カメラによってユニット内は常に監視され、SCP-359-JP-1が排出された場合は速やかに除去作業を行ってください。現在、6体のSCP-359-JPが収容されています。

説明:SCP-359-JPは外見上ペンギン目(Sphenisciformes)の成体に酷似した実体と性質を持つ異常存在です。形状の個体差が大きく、体長数十センチから観測上最大のもので2メートル以上にもなります。対象は緩慢ながら運動能力を持っており、時速1.5 kmほどで歩行を行い、遊泳能力を有します。嫌光性を持ち、多湿を好みます。
SCP-359-JPは内臓や骨格などの構造を持たず、未知の菌類種によって構成されています。また、自分以外の動くものに近寄る性質があります。

SCP-359-JPは24時間に1~2個のSCP-359-JP-1に指定される直径数センチ、白色を示す球状の物体を排出します。排出部はまちまちで一貫性はありません。SCP-359-JP-1は運動性は持たず、排出された場所から動くことはありません。SCP-359-JP-1は直接人体が触れることで異常性を発現させます。発露した被験者は未知の毒性成分により発露から数10分以内に中毒症状を示し、重篤な麻痺状態となります。不随意筋を含む全身の筋肉が硬直し、結果として心肺停止、死亡にいたります。この異常は人間にのみ作用し、動植物には影響を与えません。
発露者はその後、約48時間を経て全身からカビ状の物質を発生させ、やがてSCP-359-JP個体に変化します。この一連のサイクルによりSCP-359-JPは個体数を増加させます。現在の所、発露者を異常から回復させる方法は見つかっておりません。SCP-359-JP及びSCP-359-JP-1は低温には強い耐性を示しますが、乾燥及び高熱に弱く、300 ℃以上の熱処理により無力化する事がわかっています。なお、SCP-359-JP自体は触れても特に異常はありません。

SCP-359-JPは199█年5月██日、日本の東京都において廃棄された地下鉄道内において発生した鉄道職員の不審死と遺体の行方不明事件及び鉄道職員が搬送された病院内でのペンギンの保護、さらにペンギンを保護した動物園において発生した同様の不審死と遺体消失事件を経てエージェントにより補足、発見されました。
財団機動部隊による動物園、病院、地下鉄内の徹底した調査の結果、複数のSCP-359-JP及びSCP-359-JP-1個体を発見。除染作業と地域の封鎖の後、関係者への記憶処置が施されました。

補遺1:確保したSCP-359-JP実体内部のスキャン結果、内部に大量のSCP-359-JP-1個体と共に発露者の遺体がほぼそのまま残っている事が判っています。由来不明の個体を含め、現在までに4体の成人と2体の児童、右手首、臀部などが別々のSCP-359-JP個体内部で発見されています。現在、サンプルを採取しての身元の確認作業が進行中です。

SCP-359-JP-b.jpg

特別警戒エリアDW-2A内に描かれていた絵。関連性は不明。

補遺2:SCP-359-JPの最初の発生日時の██日前、発生現場から█km離れた地点の地下鉄廃駅内部に設営されていた日本生類創研の小規模な施設(現在は特別警戒エリアDW-2Aに指定。)を機動部隊が確保しています。作戦中、日本生類創研の関係者と思われる人物が路線内まで逃走した後服毒自殺を図る事案が発生しています。SCP-359-JPとの因果関係が示唆されておりますが、施設内からはそれを裏付ける情報は存在せず、不明のままです。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。