SCP-3613
評価: +11+x

アイテム番号: SCP-3613

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-3613個体群はサイト-88の19階にある標準的なヒト型生物収容室に収容されます。如何なる状況でも、マーシャル・カーター&ダーク株式会社1のエージェントに当該オブジェクトの居場所を公開することは認められません。SCP-3613個体への物理的な試験には、SCP-3613プロジェクト主任およびサイト-88管理官フィリップ・フォスターの承認が必要となります。

説明: SCP-3613は4体のヒト型ロボットの総称です(各個体をSCP-3613-1から-4と指定)。理論上は異常な身体的・精神的性能を発揮できるものの、どの個体もヒトの基準値を上回る能力を示しません。SCP-3613個体群はまた、自分たちはジェイコブ・ジェファーソン(既知のマーシャル・カーター&ダーク社エージェント)の直系家族であるという信念を表明しています。

2013年10月31日、ジェイコブ・ジェファーソンとその直系家族は交通事故に巻き込まれています。ジェファーソン氏はこの事故の唯一の生存者であり、クラスA脊髄損傷を負ったことによって四肢麻痺となりました。ジェファーソン氏は既にこれらの負傷から完全に回復しています。

アンダーソン・ロボティクス2から回収された文書は、SCP-3613個体群が、従業員の忠誠心を確保するためにマーシャル・カーター&ダーク社が実施している家族交換プログラムの一環であることを示します。以下の通信は2013年11月8日に傍受されたものです。

カーター様

正直に申し上げます。あなた様が家族の一員と交換する目的で我が社のアンドロイドに興味をお持ちだと聞いた時、私はまず戸惑いました。しかし、付き人の方に目的と過程を説明して頂くと、実に独創的なアイデアであると思われるようになりました。今日の午後、あなた様のエージェントであるHr'asm'Kal氏3がジェファーソン一家の魂を運んで参りました。私どもは今夜、彼らを第3世代モデルに搭載します。明日には彼の下に家族が帰還するでしょう。

あなた様にとってはあくまでも堅実な仕事のうちであると理解していますが、堅実な仕事と正しい行いが調和するのは常に喜ばしいものです。ジェファーソン氏にはくれぐれも宜しくお伝えください。彼のほうが家族より回復に時間を要するのは皮肉な話です。しかし少なくとも、家族がそれを支えてくれるでしょう。

アンダーソン

2015年3月18日、SCP-3613-3はアラバマ州ボールドウィン郡のガルフショアーズ高校で起きたいじめ事件によって美的損傷を負いました。警察の事件報告を基に、財団エージェントは損傷した個体が治療を受けている病院を訪れました。

その後の調査で全ての個体が特定・捕獲されました。この事案中、ジェファーソン氏はジョージア州アトランタで開かれていたマーシャル・カーター&ダーク社主催オークションの保安主任を務めていました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。