SCP-3620
評価: +28+x
scp-3620.jpg

発見当時撮影されたSCP-3620

アイテム番号: SCP-3620

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-3620は容積1立方メートル以上の中型動物収容ケージに収容します。CO2排出量の監視を可能とするため、ケージは気密性でなければいけません。

ケージは毎日給餌前に清掃し、生成された排泄物や卵の質量を測定します。1日に与える飼料と水の量は、誤差1.5g/日の範囲で排出された質量と等しくなければいけません。

説明: SCP-3620は、遺伝子検査において約5歳の雌の家畜ニワトリ(Gallus gallus domesticus)と確認された1生命体です。習性と鳴き声はニワトリのそれと一致しており、採取された全ての組織サンプルの外観もまた同様です。

SCP-3620は、1つの図像と曲線の羅列が表示された二次元的な白い平面として視認されます。曲線は言語と仮定されてはいるものの、既知の如何なる文字とも一致しません。平面のサイズは距離に関係なく観察者の視界から同じように見えており、また視野角に関係なく観察者の視野に対して平行に見えます。SCP-3620を見た観察者のおよそ5人に1人は軽~中度の頭痛を訴えます。

実験はSCP-3620が肉体的に不変であることを示します。通常ならば質量に影響を及ぼすファクターに関係なく、対象は体重724.33gです。SCP-3620から採取された血液・引き抜かれた羽・更には丸ごと除去された身体部位といったあらゆる組織サンプルは即座に置換されます。本体から分離した質量は非異常性のように見受けられ、通常の速度で腐敗します。年齢を示すファクターは、SCP-3620が1983/07/05から財団の保護下に置かれているにも拘らず、一貫して約5歳であるという結果を導き出します。

SCP-3620によって生成・消費される物質の量は、標準的な質量保存の法則に従っているようには思われません。長期的な地球上の質量不一致を防止するために、自然に排出された/実験過程で除去された質量は同量の餌で置き換えなければいけません。

文書3620-1: 回収後インタビュー

文書3620-2: F████████博士の遺書

文書3620-3: ダニエル・F████████博士の死後行われたシャーリーン・M████博士へのインタビュー

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。