SCP-3630
rating: +4+x

アイテム番号: SCP-3630

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 機動部隊イオタ-20("部屋鍵")は、SCP-3630の可能性のある警察署、ニュースレポート等の公的記録の監視を行います。しかし、SCP-3630実例のほとんどはほぼ自己収容状態にあるため、監視は主にSCP-3630-1およびSCP-3630-2実例にSCP-3630の発生につながった出来事の記憶がないことを確認することにあります。殺人の被害者または加害者であると報告する者がいた場合、イオタ-20エージェントは、当該異常実体およびイベントについて話した人物に対してクラスC記憶処理を施します。

機動部隊イオタ-20に割り当てられた監督者であるジュリ・マーケル博士の指導の下、殺人の特に強い記憶を持つSCP-3630-1の実例が拘留され、ヒューム=ライル現実変位抵抗性テストが行 われる可能性があります。十分に高いスコアと適切なスキルを備えた人は、財団内での地位を提供される場合があります。

それ以外の場合、SCP-3630-1およびSCP-3630-2の実例はそれ自体は異常ではなく、基本的には一般人として生活させたままで構いません。倫理委員会からの指令により、████/4/5以降、イオタ-20は、事前に行動を計画したSCP-3630-2の実例を現地の法執行機関に報告する必要があります。

説明: SCP-3630は異常な現象または実体であり、非異常性の殺人の側面を変えて論理的な矛盾を生み出します。論理的な矛盾としては以下が挙げられます。

  • 内側または外側から殺人が発生した空間へのドアまたはその他の入り口を封鎖する。
  • 窓や鉄格子といった他の出入口を塞ぐ。
  • 殺人で使用された武器を損傷または変化させ、適切に機能しないようにする。
  • 移動したときにドアや床板が音を立てたり、その空間への目視を妨害している壁を取り除いたりするなど、殺人が他人に気付かれるように構造を変化させる。
  • 殺人者が被害者に遭遇する事を防ぐ、ほとんどの状況では存在していなかった地域の大勢の人々が出現する。

これらの矛盾は、殺人事件が発生した地点への侵入を完全に妨げることは決してありません。そして全体的には、ほとんどの人々には異常として見なされません。 SCP-3630によって生じた変化に気付いた人々の大半は、ヒューム=ライル現実変位抵抗性テストで90点以上を獲得した財団職員です。

これらの論理的な矛盾が導入された後、殺人自体は存在しなくなり、犠牲者は死亡しません。これら以前の犠牲者は、SCP-3630-1として分類されます。SCP-3630-1は通常、犯罪の記憶を失い、殺された建物または空間の他の場所から現れます。死亡またはその後の帰還を目撃した他の人も、殺人事件の記憶を持たず、異常が発生したことを認識しません。

殺人を犯した人々は、発生した出来事の記憶も持たず、SCP-3630-2として分類されます。もし殺人が発生する前に計画されていた場合、SCP-3630-2は以前の計画では予期していなかった出来事(しばしば「場所を間違った」、「タイミングが不適切だった」といった曖昧かつ一貫性のない理由を挙げます)が原因で状況が変化したと信じます。

発見経緯: SCP-3630は、以前のSCP-███での作業によりCKクラス世界再構築シナリオの影響を認識するよう訓練され、ヒューム=ライルのスコアが101だったバーガンディ・ローウェル博士が元研究助手ヴァレリー・カインドによってサイト-140のオフィスで殺害されたときに発見されました。廊下の男性用トイレから出てきたローウェルは、イベントの記憶を保持し、サイトのセキュリティに報告しました。彼のオフィスに着くと、ドアが外側から鍵をかけられていたことが発覚しましたが、研究室から退室した兆候はありませんでした。サイトの食堂で彼女が見つかった後、カインドは「部屋の外見が気に入らなかった」ため殺人の試みを延期したと主張しました。

イベントの状況により、サイト-140エージェントM.カーターは、1年前、2年前にSCP-████と遭遇したために断続的に監視していた民間人のカーラ・ベイカーが関与するイベントを思い出しました。1 ベイカー氏は最近、彼女の元夫であるライアン・ベイカーが彼女を殺害したと主張して911に電話をかけていました。

カーラ・ベイカーとオペレーター間の911コールからの抜粋、████/2/10

オペレーター: 911、緊急です。

カーラ・ベイカー: おぉ、神よ!助けてください!神よ!

オペレーター: 奥様、落ち着いてください。落ち着いー

カーラ・ベイカー: 私の夫です。夫!彼は私を殺した。彼は私を殺した!

オペレーター: 奥様、落ち着いて。あなたは怪我をしていますか?今救急車を送っています。

カーラ・ベイカー: わか…わかりません。私にはわかりません…出血はしていません。

オペレーター: なるほど。どこで怪我をしましたか?怪我をした場所を見つけることができますか?

カーラ・ベイカー: 胸。彼が撃った…私は撃たれた。私の胸。なぜ私はあなたと話せるの?

オペレーター: わかりました。今救急車が近づいています、奥様。あなたの夫がどこにいるか知っていますか?

カーラ・ベイカー: 彼は…。

[5秒間の沈黙]

オペレーター: 奥様?

カーラ・ベイカー: 彼はちょうどここにいました。あぁ、神よ。私たちは玄関の方にいて、彼は裏庭に走っていった。彼は…。

オペレーター: 通話は切らないでください、奥様ー

カーラ・ベイカー: 私は死んだ。私は確かに死んだ。どうして?何が起こってるの?私は死んだはずなのに。

現場に到着した救急隊員は、ベイカー氏の症状は最近の離婚によるストレスに起因する精神病的破壊の結果であると考えており、████████ ████病院で5年間監視されました。病院での治療が終了すると、ベイカー氏は現状が真実であると考え、異常を認めるさらなる兆候を示しませんでした。

調査の結果、ヒューム=ライルのスコアが97だったエージェントカーターは、以前は屋外だったベイカー氏の玄関が壁に囲まれていたと報告しました。キッチンからベイカー氏の殺害位置に通じるドアの両側にもデッドボルトが追加されていました。ベイカー氏の財務記録には、改修やデッドボルトに関連する購入は一切示されておらず、彼女の隣人は、彼女の住居の外は昨年大きな変化がなかったと報告しました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。