SCP-3663
評価: +6+x

アイテム番号: SCP-3663

オブジェクトクラス: Euclid Keter

特別収容プロトコル: SCP-3663は現在、サイト-54の保守点検用トンネルだった場所に位置しています。非実体化を防止するために、職員は当該領域へのアクセスを許可されておらず、トンネルの湿度を低下させる努力が行われています。

SCP-3663が非実体化した場合は、機動部隊ニュー-4(“ボックスカッターズ”)が a)SCP-3663を発見し b)当該実体に害が及ぼされるのを防ぐことを目標として動員されます。可能であれば、SCP-3663には再収容を支援するためのGPS追跡装置を装着させます。発見されたSCP-3663は移動式の配管ネットワークに移送され、サイト-54で再び拘留されます。

説明: SCP-3663は、主に段ボール(箱やチューブの形状)・粘着テープ・麻糸で構成されているヒト型実体です。SCP-3663は未知のメカニズムによる完全な移動と発声が可能であり、質問に応答して直近の環境に反応することができる準知性体であることが証明されています。SCP-3663の体内には、全ての主要人間臓器の雑な段ボールおよび紙製の模型と、血管・神経系を表す染色された綿が収められています。SCP-3663はこれらの内容物を機能させる必要性を持っておらず、これらが実体内において果たしている役割は不明です。

SCP-3663は自身や他の物体を瞬時に長距離転送することが可能であり、その範囲に上限は見られません。これが実行される手法は現在不明ですが、実体との肉体的接触が必要とされます。物理的な場所に関係なく能力を発揮できるにも拘らず、SCP-3663は3663-適切領域(最低でも直径40cmの閉鎖されたトンネル様の空間、または空間ネットワークと定義される)を極度に優先する傾向を見せ、常に該当する領域での出現を選択します。

外部から干渉を受けていない時のSCP-3663の挙動は容易に予測可能です。当該実体は以下に記録されている単純な循環型行動パターンに従事します。

  1. SCP-3663は3663-適切領域に出現し、低い声を発しながら、威嚇の試みないし恐怖心を示唆する素振りで腕を振ります。実体は領域内を徘徊し始め、定期的に立ち止まって大きな高音のノイズを発します。
  2. SCP-3663は領域内にいる人間の下に向かおうとします。対象者が近くにいない場合、この行動は実行されず、SCP-3663は無期限に領域内に留まるだけだという点に注意してください。稀にSCP-3663は3663-適切領域の外部にいる人物を(最大で)50mまで追跡する様子が観察されています。
  3. SCP-3663に掴まれた対象者は、不安および/またはパラノイアの高まりを経験します。SCP-3663は非実体化します。
  4. SCP-3663は別な3663-適切領域に、対象者を伴って出現します。対象者は例外なく無意識ですが、それ以外の危害を加えられていません。対象者を解放してごく短い距離を移動した後、SCP-3663は再び非実体化し、3番目の領域に出現して新たなサイクルを開始します。

このサイクルの何処かの時点でSCP-3663が移動を妨げられるような損傷を受けるか、もしくは3663-適切領域から50m以上引き離された場合、SCP-3663は即座に非実体化し、修復された状態で帰還して新たなサイクルを開始します。軽微な切り傷や裂け目などの小さい損傷はこの効果を引き起こしません。

補遺.1: インタビューログ3663-1:

補遺.2: イベント3663-デルタ:

20██/██/██、SCP-3663の挙動は確立されていたパターンから短期間逸脱しました。14:20、SCP-3663はサイト-54の保守点検用トンネルに出現し、80db以上の声を発し始めました。現場スタッフから“苦しそう”と表現されたこの発声は深刻な心理的影響をもたらし、多くの職員をショック状態に陥れました1。SCP-3663は約4時間にわたって施設内を彷徨い歩き、職員を攻撃し、小規模な物損行為を行いました。SCP-3663がナイフ・パイプ・蛇口・銃器による自傷行為を繰り返し試みたことは特筆に値します。この過程でSCP-3663は複数回破壊されましたが、その都度近場のエアダクトや保守点検領域に再出現しました。

事案に続き、職員2名の遺体がサイト-54内部から回収されました。検死解剖の結果、死因は全ての主要血管・洞・耳管・消化器系および呼吸器系の大半における紙の残渣/木材パルプの蓄積と判明しました。他にも相当数の職員が同種の軽微な影響を受けていたことが明らかになりましたが、こちらは完全な快復が見込まれています。SCP-3663のオブジェクトクラスとSCP-3663-適切領域の定義は事案に応じて更新されました。

その後の情報収集により、当該事案はPOI-3663-12が79歳で自然死したのとほぼ同時に発生したことが明らかになりました。死亡する以前、問題の人物は全く注目すべき点の無い生活を送っており、異常な団体・人物・オブジェクトとの関わりを持っていませんでした。SCP-3663の創造または起源との接点を確立する試みは現在も進行中です。

補遺.3: 発見ログ:

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。