SCP-372
評価: +2+x
4672099774_43981e976c.jpg
SCP-372 (現存する限りで最も明確に写っている写真)

アイテム番号: SCP-372

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-372はプレキシガラスで補強された5m×4m×2mの独房に収容されています。独房の4枚の壁には1台ずつ赤外線モーションセンサを埋め込めてください。給餌は2週間に1回、1kgの赤身と野菜を落とし口から独房に投入します。

すべての警備員はSCP-372の独房の近くで活動するときは頭にカメラを取り付けたヘルメットを被り、近くの詰所から生き餌を持ってきてください。脱走事案が発生した場合、すべての職員は目の端のちらつきに注意し、一回でも目に入ったらすぐに報告してください。

説明: SCP-372は未知の生物で、約2mの体長に約45kgの体重です。細長い体に8対の短い足を持っています。

分析結果では[編集済]の筋組織により驚くべき速さで正確な動きを実現しています。体のあらゆる部分がとても柔軟で、足にはどんな壁にもくっつけるよう小さな繊維が覆われています。

目や耳にいるとき、[データ削除済]。この感覚器官はエコロケーションだけでなく脳内の電気信号のようなエネルギーでさえも可能です。SCP-372はそれらのパルスを読み取り、動きを予測することができます。この技術はSCP-372を探している人間の頭に隠れたり、視野暗点(死角)やサッカード(眼球運動を止める)で隠れるために使用します。

SCP-372が財団に初めて現れたのは█/██/████で█████████ ██████の下で働くエージェントが患者の1人が"幻覚"を見たと報告しています(████ ████████)。調査を通じてSCP-372は[編集済]で捕獲され、患者を苦しめていたものだと判明しました。患者の視界の外に隠れていても視界に入ってしまうことがあり、患者は他人には見えない"怪物"が幻覚を見せていると思い、たびたび混乱していました。残念ながら、患者はこの時にはストレスで精神が不安定になり、[データ削除済]。

SCP-372実験記録:

参加者: Dクラス2名
場所: 6m×5m×3mの空室
実験手順: D-1を部屋の中央、D-2を部屋の角に立っているよう指示。両者には視覚により探査を実施してもらいました。SCP-372を実験室に解放。5分後、武装した警備が部屋に入りSCP-372を収容器に移してから、D-1とD-2の報告を求めました。
結果: 5分後、D-1は何も発見できず、D-2は2,3度短いフラッシュを感じたと報告されました。

参加者: Dクラス2名
場所: 6m×5m×3mの空室
実験手順: D-1とD-2は互いに部屋の反対側の角に立っているよう指示し、一旦SCP-372を部屋に解放し視覚検査を行いました。
結果: 5分後、両者ともにSCP-372が15回(全く同じ)視界に現れました。SCP-372はDクラス両者の共通の盲点を飛び回り、時折長い時間盲点が重ならなかった場合、別の盲点に飛び移る時に姿を表してしまうと推察されます。

参加者: Dクラス4名
場所: 6m×5m×3mの空室
実験手順: D-1、D-2、D-3、D-4は部屋の四角に立ってSCP-372を見てもらいます。
結果: 約1.5秒後、SCP-372は実験室に姿を現し、D-3は悲鳴を上げてその場で倒れこみ彼の[編集済]の傷から血が吹き出しました。D-1、D-2、D-4はD-3を見捨て出口(施錠済)へと走りだしました。D-4はドアを叩き続けたが、攻撃され███の一つを失いました。D-1とD-2は同じ角に退避し、D-1は怯えて丸くなりD-2は立ち続けました。残りの5分間に目立った活動は報告されませんでした。実験終了時にはD-3は死亡し、D-4は[編集済]の外科手術が必要になり、D-1とD-2には身体的損傷は見られませんでした。生き残った被験者はSCP-372はまったく見えなかったと報告しています。
メモ: 精神病患者の場合を除きSCP-372が積極的に人を傷つけたのは今回が初めて。D-3はビビる暇さえも与えられなかった。空腹だったのか? -███████博士

付録: SCP-372を目撃したふりをして職員をからかえば厳罰を下します。 ―O5-█

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。