SCP-3726
rating: +2+x
codex.jpg

回収後間もないSCP-3726。

アイテム番号: SCP-3726

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-3726はサイト-26の安全収容ロッカーに保管します。SCP-3726の実験にはクリアランスレベル3以上の職員の許可が必要です。

説明: SCP-3726は全300ページの革装の写本です。法医学的検査で、SCP-3726の年代は14世紀まで遡ることが示されています。長期間にわたって砂の下に埋もれていたにも拘らず(補遺3726-A参照)、写本は比較的無傷です。

SCP-3726の異常特性は、最低1匹の擬人化された非知的生物(SCP-3726-1と指定)と、最低1人の人間(SCP-3726-2と指定)が登場する物語が書きこまれると発現します。SCP-3726を閉じてから再度開くと、手書きの筆跡はそのままに、物語が書き換えられます。改稿された物語はSCP-3726-1に対するSCP-3726-2の差別的な行為を記述する内容であり、例外なくSCP-3726-1にとって望ましくない結果が引き起こされています1。SCP-3726は同一の物語に複数回の影響を及ぼし、内容を異なる筋書きに変えることができます。しかしながら、出来事の流れが改変されることはありません。改稿後の物語に新しい登場人物は導入されません2

影響された物語に曝露した人物は、非知的生物への共感性の増大を示します。改稿後の物語がミーム特性を有するかは、現時点では分かっていません。

補遺3726-A: 回収
SCP-3726は、SCP-████の調査中、カラクム砂漠の半ばほどで2体のミイラ化した死体と共に埋まっているのが発見されました。2体の死体 — 人間と、Macaca Fascicularis(カニクイザル)に似た生物 — は共に、SCP-3726を奪い合うような体勢で握りしめていました。衣服の検査は、人間の死体がかつて商人だったことを示唆しています。

発見当時、SCP-3726には日記のエントリ形式で幾つかの物語が綴られていました。現時点では、これらがSCP-3726の影響を受けた物か否かは不明です。物語は以下に転写されています — 綴りの間違いは修正されていません。

まえ かく ない

おさる ほん よむ かく まなぶ

ごしゅじん ほん は いい

ごしゅじん おさる ほん よむ なぐる

おさる ごしゅじん ねむる ほん よむ

おさる かく できる しあわせ

おさる ろぱ はなす

ごしゅじん いい ない

ごしゅじん いつも おさる と ろぱ なぐる

おさる わかる ない

おさる は かあさん つくる

ろぱ は かあさん つくる

ごしゅじん は かあさん つくる

かあさん つくる もの しぜん

なぜ ごしゅじん おさる と ろぱ なぐる

おさる たべもの ごしゅじん あげる

おさる はやい あげる

おさる はやい ない ごしゆじん なぐる

ろぱ はやい ない ごしゅじん なぐる

おさる は いたい

ろぱ も いたい

なぜ おさる と ろぱ なぐる

ごしゅじん ねむる

おさる こわい

おさる ろぱ にげる はなす

ろぱ いたい

ろぱ にげる できる ない

おさる はやい ない

おさる は こわい

ろぱ も こわい

ごしゅじん ねむる

ごしゅじん たべもの もつ ない

ごしゅじん ろぱ ころす

ごしゅじん ろぱ ぶぶん たべる

ごしゅじん おさる あげる ない

おさる たべる ほしい

ごしゅじん おさる あげる ない

おさる は こわい

おさろ は ごしゅじん おさる も たべる こわい

なぜ ごしゅじん いい ない

ごしゅじん ねむる

おさる にげる ほしい

おさる ほん ほしい

おさる にげる

おさる は こわい

ごしゅじん ねむる ない

後ほど、Equus Asinus(ロバ)の骨格が2体の死体から約250m離れた場所の砂中から発見されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。