SCP-375-JP
評価: +38+x

アイテム番号: SCP-375-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-375-JPの発生する建物の敷地を囲むようにフェンスを設置し、敷地外に警備員を2名以上配備、カバーストーリー「地下からの有毒ガス発生による閉鎖」を適用し、民間人の立ち入りを禁止してください。敷地内および店内は監視カメラと集音マイクによる24時間態勢での監視を行います。音声が発生する機器を敷地内へ持ち込むことは禁止され、SCP-375-JPの実験を行う場合は敷地内に入る職員はDクラス職員に限定してください。なお、敷地内になんらかの異常物が発見された場合、担当者に即刻連絡してください。
現在財団が保護しているSCP-375-JP-Aは財団によって運営されている収容用居住施設に住まわせ、体内にGPS発信機を埋め込み、財団の監視下に置かなければなりません。もしSCP-375-JP-Aが帰宅を試みようとした場合は即座に確保してください。施設内にはカウンセラーが1名以上待機し、必要な場合はSCP-375-JP-Aに対してカウンセリング、投薬等が許可されます。SCP-375-JP-Aに対する実験は現在凍結中です。

説明: SCP-375-JPは██県██市に存在するショッピングモール「█████」の敷地内で不定期に発生する迷子の呼び出しアナウンスです。SCP-375-JPは敷地内に存在する、音声を発生させ得るあらゆる媒体から発生する事が確認されています。SCP-375-JPは男性のものと思われるノイズ混じりの声で、「迷子のお呼びだしを申し上げます。[住所]にお住まいの[名前]さんが迷子です」といったような簡潔な内容で放送され、この時指名された人物(以降、SCP-375-JP-Aと指定)が異常性に暴露します。

SCP-375-JP-Aは「家に帰らなければならない」という強迫性の精神影響を受け、同時に自分の家に帰宅する試みが失敗するようになります。さらに帰宅過程においてどのような事態に陥ったとしても、SCP-375-JP-Aは決して死亡に至りません。これらの異常性を取り除く方法は見つかっていません。SCP-375-JP-Aとして指名される基準は店内に存在する人間であること以外に法則性は見つかっておらず、SCP-375-JP-AがSCP-375-JPを直接聞かなかったとしても異常性に曝露します。

SCP-375-JPは2010/8/██、「あるショッピングモールで奇妙な迷子の呼び出し放送がされた」という噂に着目した財団によって調査が開始、この呼び出しに指名された人物(SCP-375-JP-A-1)の捜索によって異常性が発覚しました。SCP-375-JP-A-1は発見時、極度の疲労と栄養失調、致死的な脱水症状であったにも関わらず、SCP-375-JP-A-1の家から60km離れた██山中の道路を歩いており、財団に保護された後のインタビューでは「家に帰れない」「帰り道がわからなくなった」といった内容を述べています。現在財団が保護しているSCP-375-JP-Aは7名です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。