SCP-3759
評価: +9+x

アイテム番号: SCP-3759

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-3759が占拠している陸地にはGPSトラッカーを維持します。標準的な偽情報、船舶および航空機迂回、衛星画像改竄のプロトコルが適用されます。

説明: SCP-3759は、現在エクアドルの海岸から西に380km離れている不定形の陸地に生息する、数千頭の実体を持たないピンタゾウガメ(Chelonoidis abingdonii)の集団を指します。

SCP-3759個体が踏みしめたあらゆる物体表面は、最大半径5.8mまで火山岩に変化します。この岩石の地質学的分析は、ガラパゴス諸島のそれと一致する組成を示します。SCP-3759個体によって生成された岩は、個体が変化させられない唯一の既知の物質です。

SCP-3759集団が一度に変化させられる表面範囲の上限値は約1.4km2です。この時点から更なる変化を起こすと、以前に変化させた岩が同じ量だけ海水に変換されます。

淡水の池と、ガラパゴス諸島固有種の植生が、陸地の中心部付近に一定間隔で自然に出現します。

補遺: 2012/6/24の朝、最後の異常性を持たないピンタゾウガメ、通称“ロンサム・ジョージ”が死亡しました。SCP-3759個体の集団は円陣を組み、その中心に新たなSCP-3759個体が出現しました。これは新しい個体の創造が記録された唯一の例です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。