SCP-3860
評価: +9+x

アイテム番号: SCP-3860

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-3860はサイト-19高セキュリティヒト型生物収容棟のタイプS対奇跡論的ヒト型異常存在収容室に収容されます。収容室は禁制品の持ち込みと収容違反の試みの両方を毎日検査します。SCP-3860の自己修復試行と精神状態悪化の可能性に対処するため、SCP-3860の生理学的・心理学的評価は毎週行われます。SCP-3860が自らに施した生理学的変化は記録され、収容に対する潜在的脅威度の評価が行われます。

SCP-3860には、貴重な情報の提供を強いる手段として、機械的・奇跡論的な構成部品を提供できます。全ての提供部品は申請前にSCP-3860の実験主任・奇跡論相談役・サイト司令部からの承認を受ける必要があります。SCP-3860の収容違反を補助する可能性がある構成部品は全て却下されます。収容を容易にするため、構成部品はSCP-3860から除去される場合があります。

説明: SCP-3860は、旧称PoI-1115(ヴィンセント・アンダーソン)、GoI-1115(アンダーソン・ロボティクス)1のCEO/創設者だった67歳の白人男性です。SCP-3860の身体は、奇跡論技術と高度補綴技術を組み合わせた様々なシステムによる多数の改造手術を受けています。これらの増強には以下が含まれますが、それだけに限られていません。

  • 両腕および両脚が、アルミニウム・PMMA・ポリカーボネート外装・白いアラミド繊維から成る義肢に置換されている2。これらの義肢は判別可能な動力源を持たず、コバルト-クロム合金ワイヤーのネットワークでSCP-3860の中枢神経系に接続されている。
  • 両目が多数の光学レンズから成る複雑な構造に置換されている。身体検査時にこれらのレンズを観察したところ、無数の奇跡論シンボルが組み込まれていることが示された。
  • 鼻が単一の刻み目状の開口部に置換されている。
  • 胴体の様々な箇所に白いアラミド繊維が移植されている。これらの繊維はSCP-3860の異常でない身体組織に織り込まれていると判明しており、SCP-3860の身体に残った瘢痕組織に移動・充填できる3
  • 肝臓および腎臓が人工的な代替物に置換されていると思われる。これらの構成部品はSCP-3860から摘出しない限り完全な研究が不可能であるため、非異常臓器との差異がどの程度かは不明である。
  • 前頭葉および頭頂葉4、並びに小脳を始めとする脳の様々な部位に増強が施されている。

後のSCP-3860へのインタビューは全ての改造手術が対象自身によって行われたことを示しており、SCP-3860は各機能を自分一人で設計し機能させたと主張しています。SCP-3860がどのようにしてこれらの侵襲的手術を自らに施し、生き残ったかは現在も調査中です。

SCP-3860はまず2018/11/15スリー・ポートランド要注意地域でのおとり捜査中に、機動部隊ガンマ-13(“アシモフ三原則の番人”)隊員によって捕縛されました5。財団職員に知られることなく、SCP-3860は2024/5/24に行われたUIU/財団共同のアンダーソン・ロボティクス本部襲撃までは完全な捕縛を逃れ続けていました6

補遺: 3860-1: インタビューログ3860-6

補遺: 3860-2: 更新 2027/2/2

一部の増強部位を機能させるのが困難になりつつあることから、SCP-3860は過去6ヶ月間に自己修復に利用する構成部品の要求数を大幅に増やしています。これらの要求部品の有意に高い割合が奇跡論的性質を有していると考えられます。同様に、SCP-3860はこれらの部品を取得する手段として財団の調査活動への協力姿勢を高めています。SCP-3860は現時点ではインタビュー中の態度の変化を否定しています。

補遺: 3860-3: インタビューログ3860-13

補遺: 3860-4: 更新 2038/3/3

SCP-3860は過去3ヶ月間に構成部品の要求数を大幅に減らしており、2038/2/15以降は追加部品の要求を申請していません。この間、SCP-3860は栄養レベルの変化や識別可能な疾病が無いにも拘らず衰弱し続けています。SCP-3860は財団の調査活動への高い協力姿勢を維持しています。以前と同様に、SCP-3860は態度の変化を否定しています。

補遺: 3860-5: インタビューログ3860-32

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。